2017/10/15

護衛艦DDH いせ を見学してきました

四日市港24号岸壁に14.15日に来港するということで10時入艦前に行ったのですがもう300人くらい並んでいました。

やっぱり大きいですね。

いせ は護衛艦といいながら機関砲2門しか搭載していません。これで護衛艦として予算を通したことが議論されていますが、そんなことはいいんです。周りの艦が守ってくれれば良いんです(12.7mm砲も7門搭載していました。出雲の話だったかもです?)

後部には、何かを発射する「管」が備えられていました。短魚雷発射管?マストには将官旗(たぶん)がはためいていたので指令乗艦なのかも?(桜2つ)

そうそう、かなりの行列でしたが、あっという間に艦内に吸い込まれました。全通甲板はホント広いです。これなら垂直???も着艦できるのでは?

ただしトラックや戦車は積み込めないですね。上部から吊り下げれば別ですが。後部にある窓は航空指令所です。なぜ分かるかといえば、特別にこの後ろにあるトイレを使わせて頂いたからなんです。普通は見ることが出来ないハッチ内(薄緑の塗装の画像)も見ることが出来ました。狭く急な階段を三階登ってトイレに着きました。トイレを流すときは中央に見えるコックを回して水を流します。この水、何かの排水を利用しているのか濁っていましたよ。

このトイレの先が航空指令所ですが撮影禁止なので写しません。

後部エレベーターは全部に比べて分厚い外観です。滑らかに上下しました。

哨戒ヘリコプターは思いの外、汚れていますね。模型を作るときに参考になりますがやり過ぎると汚いだけに見えるかも?

前部機関砲はデモンストレーションで模擬射撃を見せていました。この砲弾ですが、一発7000円もします!それを一連射するとあっという間に70万円以上消費しますがいいんです!自艦、我が国の財産を守るためです。

前から見ると、その大きさがよく分かります。戦時中の戦艦 伊勢と大きさはほとんど変わりありません。それくらい大きいんですね。

動画は後部エレベーター上昇風景と前部機関砲のデモンストレーション風景です。

そのほか、可倒式アンテナの作動デモもやっていました。アンテナと思いますが違ってたらゴメンナサイです。この可倒式アンテナは戦時中の各空母も採用していた方式で、少しでも弱い電波能力を補う為でした。

帰りに椿大社へ参拝。予想外の人出で驚きました。社殿も新しくなっていました。

その後、三重県菰野町にある、グリーンホテルの温泉に入ってきましたが露天風呂が拡張されていて気持ち良かったです。

何かの温泉ランキングで第2位獲得、相撲の親方連の投票で第3位に選ばれていました。次回、御在所に登ったら必ず立ち寄ることにします。日帰り入浴で670円でした。

親友3人で行きましたが、全ての運転を快適にしてくれた友に感謝です。ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/10

名古屋城 秋の特別公開 西北隅櫓と茶席

名古屋城 西北隅櫓はけっこう頻繁に公開されていますから何度か訪れていますが、何度観ても本物のお城はいいですね。

今日も充電池が皆切れているのでトイカメラです。これがもう暗いところが苦手で西北櫓内の撮影は全滅でした、、、姫路城で有名な漆喰の壁はここでもしっかり塗られていますね。屋根の裏側も。(残念ながら公開できる画像がなし>ブレて)

櫓の公開は10日のみですが茶席は当分公開ですから是非、訪れてはいかがでしょう。というのも昭和30年建築の茶席ですが、置かれている「石」が凄いんです!

庭へと伸びる敷石は武将の識別紋が刻まれています。まず初めに目につくのが筒状の石。京都の橋のまくら石だそうです。

白鳳時代の塔の礎石を手水に利用したりドーナツ状の石は奈良・法華寺の伽藍石だったりします。そして橘寺の伽藍石まで!これらは加藤清正が名古屋城築城のためにかき集めてきたとのこと。凄いですね。

茶席ですが、よく読むと移築した重要な建物もあり、単に昭和に建てたというものでもありませんでした。

なんども名古屋城に行っていますが、こんなお宝があることを初めて知りました。

忘れていました。織部燈籠というのがありました。隠れ十字架、との説もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/05

久し振りの明治村 トイカメラBigshotで撮影も普通でつまらないかも

真夏の猛暑を避けていたら秋になっていました。さすがに観光シーズンなのでそこそこ賑わっていましたね。トイカメラというか小学校の工作用デジカメ、Bigshotで撮影してきました。今回も順光で明暗が少なければ普通にきれいに写ってしまって面白味には欠けます。

木々はすっかり枯れ葉になっていましたが紅葉にはまだまだです。このカメラの標準はけっこう望遠気味で狙いやすい感じではあります。

もう忘れてしまったんですが、銀塩カメラのネガフィルムも明暗の差が大きいと明るい方が飛んでしまったような思い出です。このカメラも見事に飛びますね。スポット測光もシャッター半押しの露出ホールドもないのでただ押すだけ。なんだかつまらないような、いや、験されてるのかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/25

久し振りにリトルワールドへ お供はトイカメラで

やっと休みがとれたので娘と犬山にある、リトルワールドに行ってきました。散々行った所なので目新しい物は無いのかも?と今回はトイカメラ(米国の授業で使う、デジカメ作成キットらしいです)を連れて行きました。以前に撮った感じでは全然写りが良くなくて(当たり前かも?)なかなか出番が無かったのですが、今回は天気が良いせいもあり思ったよりキレイに撮れていました。

最近追加されたらしい、アイヌの家の前の蝦夷熊、かなり大きい熊ですが現在でも生息しているのかな?ペルーの豪邸前には骸骨のお出迎え。なかなか洒落ていますが夜は恐いかも、、、

あ、この時期ならではの演出ですね。

トイカメラと言っても発色は普通に出ていて、安いデジカメと同程度ですね。

次回はこのカメラで明治村に行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/13

映画ダンケルク あまりにもリアルすぎる!

ネットニュースの見出しなどで、「自分が逃げているような体験が出来る」とか書いてありリアルなのかなぁ、くらいの期待度で行きました。

のっけからビクッとさせられ、そこからは衝撃の大連続!これが戦争というものか!という感じでした。体験者の戦記は山ほど読みましたがここまでリアルな感じは初めてです。スケールの大きさも4カ国共同制作と聞けば納得。どこまでがCGなのか、あるいはすべてが現実で再現しているのか、何度も言いますがリアルすぎて。音響効果もあるとは思います。最初から最後まで爆発音とエンジン音の大音量で圧倒されました。

戦争を知らない我々は絶対観に行って、いかに戦争が悲惨かを疑似体験するといいと思うのですが、、、

とか言いながら、スピットファイアの排気管部分や風防の小窓部分など、模型作りに役立ちそうな映像に興味津々ではありました。機体は汚れや劣化がなく新品機体のようでした。きっと配備されたばかりだったのでしょう?駆逐艦が何隻も登場しましたが、当時の本物かどうか、イギリス海軍の知識がないので分かりませんでした。最後のエンドロールで「沿岸警備隊」みたいなクレジットがあったので、旧型っぽい沿岸警備艇を駆逐艦に見立てて使ったのかもしれませんね?

あ、余談ですが観客は4人でした、、、、16時15分、平日ならこんなもんでしょうか?土日は満席であってほしい作品です。

登場した兵器を持っている模型で再現しましたが、ドイツ軍の大型爆撃機のみ持っていません。けっこういろんな映画に登場する爆撃機なんですけどモデル化(食玩)されませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/06

THE BEATLES の武道館ライブがCD2枚組で出ますね。さっそく予約しましたが、、

なんか予約が入りすぎて13日発売が延期されたようです。武道館ライブは海賊版CDを買ったことがあるので、まったく初耳というわけではありません。海賊版なのでどこでどう録音されたのかも不明ですし、確かモノラルだったような覚えです。もちろん音も悪くとても鑑賞できるレベルではありませんでした。

今回、正式にCD化されるということは何かしらデジタル処理がされていると期待したいです。観客の歓声で全然聞こえないなんてことがありませんように。さらに二日間分の収録だそうで。

私は当時、めちゃめちゃ子供の頃なので当然知りませんでしたが(今でもビートルズ大ファンの端くれなんですが)5日間も公演があったとは!で、その内、2日間のみ録音していたそうです。5日間もやっていたこと自体驚きです。一日だけの公演かと思っていました。そして1公演20分くらいで終わっているはずですから。ほとんどやる気がないというか、やっつけ仕事的な短さですね。

で、予約した理由は2日間分ということと、アコースティックギターで収録されている曲をエレキギターで演奏したとか、当時、出たばかりの新曲を披露している点がポイントです。皆さん知っているので余計かもしれませんが、前座はザ・ドリフターズでした。これも驚きですけど。も一つ余計ながら我が地元放送局のCBC(中部日本放送)が招待、企画したことも驚きですね。

amazonリンク Live at Budokan 1966

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大エルミタージュ美術館展を愛知県美術館で鑑賞してきました。

午後4時前に入館しましたが、まったく混雑していませんでした。むしろ少ないくらいです。入り口の1枚のみ撮影可能でした。

ほとんどは人物画です。宗教画と庶民の生活を描いたものが多いです。私が特に関心を持ったのは風景画ですね。細密で大きな号に画かれた町の広場などは圧巻です。あとチケットに印刷されている「急に接吻されるが受け入れる」みたいな題名「盗まれた接吻」(というのが正式題名)の絵のドレスの表現がまさに写真を超えるリアルさ!スカートのシワや光の反射具合、縫い目の表現など、どうやって画いたのか不思議なくらいでした。メロンの切り口からしたたりそうな果汁や種のリアルさにも驚きです。最終日近くになると混雑するので今のうち、平日の夕方が狙い目かもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/05

F-Toysニッポンの働く車キット 空港用化学消防車 とB−777(左エンジン故障で引き返した)

本日、ハードストライクで引き返したというボーイング777ですが、そうも原因は他にありそうで。滑走路に金属部品が落ちていたそうです。2回も火を噴いていましたね。

無事、」着陸したので良かったですがそこに今回の化学消防車はいなかったような気がします。でも空港、特に自衛隊と共有している空港には必ず待機している科学消防車がモデル化されました。

組み立てる前は「意外にショボいな」という印象でした。しかし組み立ててみると細部まで再現されていて逆に好感が持てるように、、、

バックミラーやハシゴなど細かな部品もあってリアルに再現でっk邸益すね。

余談ですがB−777はジャンボ並に大きな機体ですね。なのに2基のエンジンで飛べるんです。今回の事故ではもしかして片肺飛行だったかもしれません。かなりエンジン出力があるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/08

usjに来たけどかなりの混雑、、、

10時半に到着もすでにエクスプレスパスは売切れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/05

JR名古屋駅コンコースでテスラ モデルXを見てきました

明日6日まで展示中のテスラ モデルXを見てきたのですが事前の印象より良かったですね。私は(意味が無くても)ラジエターグリルの無いデザインは好きではありません。モデルXもグリルの無いツルッとしたか顔つきなんですが、ま〜これもありかと、、、

でもガルウイングは無しですね。これはスーパーカー(この言い方は超古い?)でしか認められません。(あるいはベンツ)

特にリアのドアに採用なんて?デザイン意外にも顔をぶつけそうで危なかったです。

ホイールはかなりデカイですね。タイヤも太い。電気自動車でこんなに太いタイヤが必要なのかな?見た目はカッコイイですけど。

エンジンルームと言われた部分は荷物スペースでまったくモーターさえもありません。

車内の液晶メーターには大きな地図が表示、メーター部分には現在の温度とドアの開いている様子が出ていました。

リアのバンパーはトランクと面一です。慣れないデザインではありました。

シートは思ったより座り心地が良さそうですが、最高グレートの仕様を持ってきているのかも?

で、肝心の値段や走行距離はまったく見ていません。買う予定が無いからですけどリポートするなら見てこないとね。

日産リーフの次世代チラ見せではライト部分だけでしたが、かなりかっこよさそうなので買うならそっちかも?価格も安いし、リーフのが、多分。(買いませんけどまだ、、、)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«エフトイズ ウイングキットコレクションVSシリーズ 雷電21型