« iPod nano 発表 | トップページ | 米モトローラ iTunes対応携帯電話を発表 »

2005/09/08

iTunesが5になって

iTunesが5になってoutlookと同期可能に!
これだけでもうiPod nanoが欲しくなってきました。初代では普通にUSB接続はできませんから。PalmもPocket PCもM1000もすべてoutlookで管理していますのでiPodも同期できれば便利(かも?)

nanoさん、コメントありがとうございます。私は自宅ではMacとWinの両方を使っていますがメインはMacです。
同期にはMissingSync4(nanoさんもCLIEだからそうですね)とiSyncで同期しています。
Winはおもにビジネス用として使っています。PalmDesktopはすぐれたソフトですが会社でoutlookを使っていますので同期が楽、ということで。英語版Palm(TREO90です)は住所の並び順を変更してやる必要がありますが。
ところでネットではけっこうブラックがいい、という人が多いですね。
私は2代目iMac(フラットパネル)の「白」に惚れ込んでMacの世界に入った経緯があり、いまだに何でもかんでも「白物」ばかり選ぶくせがついていますので迷うことなくホワイトですね。

nanoさん、こんばんは。お返事が長くなりますのでコメントのほうに移動いたします。よろしくお願いします。

|

« iPod nano 発表 | トップページ | 米モトローラ iTunes対応携帯電話を発表 »

コメント

また来てしまいました。
outlookってMacでも使えるんですね。
私はCLIE使いですが、MacもWinもPalmDesktopとともに管理してます。一時期は初代iPodとも疑似的(手動でということですが)にシンクロさせてました。

投稿: nano | 2005/09/09 03:53

KAZさん、私もMacがメインです。
PalmDesktopはまだiCalがなかった頃に出会い、惰性で使い続けています。
ちょっと古くさいデザインが好みなのかもしれません。
CLIEはMissingSyncの必要がない機種をわざわざ選んでます。
Visorに惚込んで以来のPalmファンと言えば、自ずとお里が知れましょう。

新iPodはホワイトをオーダーしました。
iBook(Dual USB)からしばらく「白物愛好家」だったので、刷り込まれているのです(笑)。
当然(?)大福iMacも持ってます。
Tigar導入とともにPowerMacへとswitchされましたが、今でもデスクサイドに飾ってあります。
見てるだけで心が和みますね。

投稿: nano | 2005/09/09 12:44

こんばんはnanoさん。あのimacは「大福」というのですね。知りませんでした。そうそうMissingSyncがなくてもシンクできるCLIEありました。
Visor、私も思い入れがあります。PalmFan.comさんで記事とアメリカのブローカーのことを知って、さっそく輸入代行を頼みました。高かったなぁ。ブルーとオレンジ(踏んで液晶破損)を持っています。カメラモジュール、MP3モジュール、バックアップモジュールなど持っています。私とPalmの出会いはVxです。手帳より小さいVxを見て自力でアメリカから個人輸入しました。そしてPDA工房さんで2MBから8MBに改造してもらってずいぶん活躍しました。今でも一番のお気に入りです。
あ、「大福」は売ってしまいました。残念!今でも最高のデザインと思います。現行iMacはイマイチディスプレー部分の分厚さに納得できずiBook を買いました。(丸3年使って76000円で売れました)
あぁ、キリがありませんね。MacとPalmのことを語り出したら。

投稿: KAZ | 2005/09/09 23:48

私のVisorはシンプルで美しいブルーのEdgeでした。
まだPDAに幻想を抱いていた時期だったので(笑)、
非力なスペックながら色々と遊んだのが懐かしいです。
「里子」に出してしまったので、もう手元にはありません。
現在はCLIEのSJ30というこれまた非力でマイナーな機種をほそぼそと使っています。
でも実用というにはほど遠く、外出時のお供はパナソニックのR3です。ほんとうはMacを使いたいのですが、どのモデルも重量があるので、毎日の携帯はシンドイですね。

「大福」は売ってしまったのですか。
私も迷いましたが「OS9で起動可能だし」、と自らに言い訳して残留させました。
実はなかなか捨てられない性格だったりもして、
未だにファーストPCの「X68」(知ってますか?)を所有してます。

投稿: nano | 2005/09/11 07:49

nanoさん、こんばんは。すみません遅くなりました。(コメント通知なかったなぁ)エッジですか!一時ヤクオフで見かけて参加したのですが人気が高く、落とせませんでした。あ、もうないのですね。
R3、ノートPCですね。最近Winのノートも欲しいんです。リブレットが特に欲しい。あの小ささがそそります。(買えませんが)
SJ30の白、一時持っていました。今思うと残しておけばよかったです。新しい手書きには(OS5.2?)未だ馴染めませんので。
MacOS9ですか、最近はすっかり起動することも無くなりました。外付けHDDに移動してからは。ごみ箱にごみが残ってしまうこともなくなりましたし。
そういえばOS X 10.0から10.1になったときの起動の速さに感動しませんでしたか?あれでやっと実用の範囲になったなぁ、と記憶しています。
X68、知りませんでした。basicのマシンでしょうか?検索してもよくわかりません。私はもっと新しく??NECのトラックボールがついたノート(NEC版Windows)でした。買った直後に「普通のWindows」ではないことを知って、とても後悔した思い出があります。
iPod nanoはどうですか?本日現物を見てきました。思ったより小さくで驚きました。小さなカラー画面もいい!私はもう少し我慢します。
現物を見てきたといえば「週間戦艦大和」。とても素人が手を出せるような簡単なものではありませんでした。90巻もありますし。断念!本屋には相当数の在庫の山が!(あてが外れたのでは?)
あぁ、また長くなりました。

投稿: KAZ | 2005/09/13 02:25

おはようございます。
実はリブも持ってましたよ。
マイナーなff1050というモデルで、投げ売りされてたのを手に入れました。
これまた非力なマシンでしたが、その小ささゆえ、けっこうハードに連れ出しました。
メモリやHD交換、OS(Win98)のシェイプアップ等でなんとか延命させていたのですが、R3と交代させるため最近手放しました。

OS-Xは10.2の時代になっても"しぶとく"10.1を使い続け、一気にPantherへと移行しました。
iMacは当然として、iBook(G3 500M)でもそこそこ実用に耐える速度で動いたのには感動しましたね。
それゆえ未だにiBookは現役です(笑)。
Spotlightが重そうなので、Tigerは入れてませんが。
HD交換や液晶修理などで何度も自分でバラしており、外装・内装とも「ボロボロ」です。
でも妙に愛着があって、なかなか手放せません。

「X68」は正式には”SHARP X68000”といいます。
和製Macとも言われた、日本PC史上、黎明期のいわゆる「名機」です(褒めすぎかな)。
今は亡きマンハッタン・ツインタワー似のケースデザインが当時はマニア羨望の的でした。
WinでもMacでもない独自のOS(ビジュアル&コマンド・シェル)を持ち、画像や音楽関係にめっぽう強い、面白いPCでしたね。
アーケードゲームの移植が多かったので、一般的にはゲームマシンと思われてる様です。

新iPodはまだ届いてません(涙)。
Apple Storeでパーソナライズも頼んでしまったので、時間が掛かってるみたいです。

投稿: nano | 2005/09/13 07:20

おはようございます、nanoさん。nanoは名入れですか。最後まで付き合う覚悟ということですね(そこまでは考えていらっしゃらない)。
う~む、シャープはそんな過去があったのですね。知らなかった。
私、記憶間違いでした、最初のマシン。
会社の業務用PCに会わせてダイナブックを買ったのでした。東芝MS-DOSでした。
VZエディターでずいぶん色々できました。そのあとWZエディターになりましたが、もうマクロなんか使えなくなり(自分が)、簡易発注書的な使い道のみとなりました。
Spotlightは、はじめ全然気にもしていなかったです。世間があれだけ騒いで?いたのに。しかし過去のメールから探し出さないといけない事があり使ってみましたら、みごとヒットしたのでそれからはすぐSpotlightを使うように。
レポートなどで書かれているような、終始マシンに負荷がかかっているようなことは一度もなく、最初のデータ検索、蓄積さえまったく解りませんでした。自然に動いています。
しかしTigerにしてから、うまく動作しなくなったものが多々あります。このへんは毎度の事ですね。
あ、ご自分でiBook を改造、修理。すごいですね。私はWinマシンは自作ですが、ちょっと後悔してます。けっこう謎の不具合がでますので。相性、というやつですかね?わかりません。
今度買うときは、VAIOなどの市販のマシンにするつもりです。
ソニーがVAIOの前にだしたものはX68とは違うのでしょうか?独自OSでしたよね?(存在は知っていましたが興味がなかった)。

投稿: KAZ | 2005/09/14 07:21

新iPodようやく届きました!
板チョコのようなシルエットが気に入りました。早速いろいろと遊んでます。ケース・カバーの類がないので、既に指紋ベタベタ、裏の鏡面には傷が付き始めてます(悲)。
データ転送で若干問題(途中でフリーズ)があったりしましたが、iPod自体には特に不具合はなさそうです。実は初代は3個目なのです。購入直後にFireWire、液晶不良で二度交換されてます。まあ初物には避けられない事です。今回のトラブル、iTunesに原因があるのかと思って、いろいろと情報を集めるとPowerMacのUSBも疑わしいですね。

しかしPowerMacはなかなか安定しません。推奨されない使い方もしているのであまり強い文句を言えないのですが、フリーズ&再起動はiMac比、数倍以上。やはりiMacやiBookのようなハードとしてフール・プルーフである一体型の方が良いのでしょうか。自作Winもそうですが、いじれるところが多いとトラブルを誘発する要因も増えるのかもしれません。
とはいえ私は、保証期間を無難にやり過ごした後、殆どのマシンをバラしちゃいます。必要に迫られてという側面は無視できませんが、やはり好奇心からでしょうか。メーカーに頼らずとも、今はネット上に情報や先達の経験が溢れてますから、軽度の改造・修理はそれほど難しくはありませんよ。

SONYが以前出してたのはNEWSというワークステーションでしょう。はじめはX68シリーズや初期Macと同じMotorolaの68系、後にMIPS社のRISCシリーズがCPUに採用されてました(ちょっとマニアックですが)。コンシューマー向けというよりもJobsが昔作っていたNeXTのような、プロ向けのマシンです。そういえばNeXTって憧れましたね。当時は買えるはずもなかったですが、カタログだけはせしめた憶えがあります。

投稿: nano | 2005/09/14 23:52

nanoさん、おはようございます。iPodnano到着よかったですね。キズはハード処理してあっても絶対つきますね、しかたないですね。
ところでヘッドホンにはこだわりはあるのでしょうか?私はよほどチープなもの以外は不満はない(聞き分けられないほどではないですが)のですが、各種レポートを読んでいると欲しくなるものが多々あります。試しに中級のものを買ってみたのですが、確かに音は良くなっています。となると次は高級イヤホン?でもその前に本体の音質、という問題が...
ま、自己満足の世界でしょうかね。
PowerMacも持っていらっしゃるのですね。Powerbookも。いずれ欲しいです、両方とも。
私、ノートンでデフラグやHDDの検査、修正をかけると途端に調子が悪くなり最悪カーネルパニックから抜け出せなくなって、再インストールということに。もうノートンは使いません。

ネット情報、ほんとに凄いですね。以前初代iMacそっくりで訴えられたソーテックのパソコンのメモリを増設しようと思ったのですが、さっぱりバラシかたが解らない。あきらめていたのですが最近、再検索しましたら詳しく分解法が出ていまして、無事増設作業完了しました。

NeXT、スタードック社(だったかな?)のスキン変更ソフトにて、見た目だけ真似ていました。NeXTのスタッフとMacの開発担当者と、うまく摺り合わせができていない、とOS X登場のときコラムで読んだような記憶があります。

私もiBOOKのHDDを大容量のものに換装するのにチャレンジしてみようかな?
発熱の関係で5900回転のものしかお奨めできないとか?普通でも熱いですものね。

投稿: KAZ | 2005/09/16 08:40

新iPod、順調ですね。
日本ではすごい人気みたい。周辺機器の発表も続々。さあKAZさん、いつまで我慢できますか(笑)。いろいろな機能がありますが、私にとっては写真も扱えるのが嬉しい。ディスプレイが小さいので見映えはしませんが、そのぶんデータ量は少なく、かつシリコンディスクの応答性も相まって、表示は”激速”。パラパラめくるのが妙に楽しいですね。

音に関してはあまりiPodに期待してません。初代と同時期に入手した廉価なSONYのインイヤ型イヤフォンをまだ愛用してます。これでも昔はちょっとした「オーディオ・マニア」(死語?)でして、自室にはそれなりのセットもあるのですが、iTunesを使ってMacで音楽を聴くようになってからは、なぜか音に対するこだわりを急速に失いました。初期のMP3やAACはハンドリングが手軽な一方、その質があまり良くなかったためかもしれません。もちろんAIFFや最新の"ロスレス"で取り込めば高音質なのでしょうが、データ量も増えますしね。既に約8000曲もため込んでるので、正直やり直しはキツイです。とはいえ音が良いことに越したことはありません。高級イヤフォン(SHURE社のシリーズ等)も少しは気になってます。nano記念?に買ってみようかなぁ。

ノートン先生、懐かしいですね。Win98やOS9の頃、お世話になりました。デフラグや破損したデータの復旧などでは何度も助けてもらいました。でもしばらく前から「OS-Xでは使えない、使っちゃいけない」というのが"巷間の俗説"です。私はアンチウィルスだけをしつこく使ってます。

iBookのバラシは手ごわいですよ。初回は”半泣き”状態で作業しました。「中国のおばちゃんや、マレーシアのお姉さんだって組み立てられるのに、出来ないわけがない」と自らを奮い立たせたものです(大袈裟かな)。ネジの数とその種類の多さがハンパじゃありませんので、取り付け位置をメモしながらの作業をお勧めしますね。HDはたしかに熱くなります。G3時代は4200回転のものが推奨されてましたが、現行のはどうなんでしょう。iBookは冷却ファンの動作温度がわりと高く設定してあるせいか、外装がけっこう熱くなるようです。私は最近までファン音を聞いた憶えがなかったのですが、今夏、轟音をはじめて体験しました。

投稿: nano | 2005/09/17 03:00

nanoさん、おはようございます。
オーディオ!懐かしい響きです!最近地下に潜ってしまったかのようにマニアの話聞きません。(見てないだけ?)私もトリオFM専用チューナー、日立3ヘッドカセットレコーダー、山水のアンプ、オンキョースピーカー、など自分で納得して一つずつ揃えたオーディオ。
今でも実家で現役ですが、迫力の低音にすでに違和感が....日頃、環境からヘッドフォンばかりになっていたせいです。
そうそう初期のMP3からオーディオ再変換してCDに焼いたもの、高音ばかり目立ってとても使いもんにならん!なんて思いました。いまでも良くはありませんが...
現在の環境では音質よりサイズが優先していますので、こだわりも少ないですね。でもSHUREの中級クラスのものが欲しい、なんて思っています。
あぁ、そうなんですか!ノートン。今は私もアンチウィルスのみです。
iBookはそんなに手強いですか!いつもなにかバラすとネジが余ったりして困惑してますのでメモは必須なんですね。わかりました。ありがとうございます。
ネジが余って困惑するのは、実はオリンパスのペンシリーズをいじくっているからなんです。素人整備ですから全然良くないのですが自分しか使わないので勘弁、ってとこです。
nanoはまだ思案中です。その前にユニクロの紺ブレを本日注文(^◇^;)>

投稿: KAZ | 2005/09/17 08:17

KAZさんもオーディオ・ファンだったのでしょうか。
トリオ、懐かしいですねぇ。
私の主な機器はマランツのCDプレーヤー、サンスイのプリメイン、エレクトロボイスのスピーカー、といったところです。どれも15年以上の年を重ねてますが、今でもアンプとスピーカーはテレビの視聴に使ってます。CDプレーヤーの出番はクラシックを聴く時だけになりました。めったにその機会はありませんが。

オリンパス・ペンとは通ですなぁ。たしかハーフサイズでしたよね。実際に撮影もするのでしょうか。私はリコーのGR-1がお気に入りで、以前はコンパクトさと高性能さゆえにどこへ行くにも手放せないカメラでした。実はそのデジタル版(GR DIGITAL)が来月発売されます。GR-1が名機として評価が高かったこともあり、メーカーも手抜きが出来ない力作のようです。ちょっと高価なのがネックなのですが、油断したら(?)また買ってしまうかもしれません。

そういえば最近はフィルムを全く使わなくなりました。カメラはフィルム、デジタルともに複数台所有してますが、使うのはデジカメばかり。利便性はいうまでもなくコンピュータとの親和性という観点からも、その魅力には抗し難いものがあります。もうフィルムに戻ることは出来ないかもしれません。

投稿: nano | 2005/09/18 08:54

nanoさん、すいませんでした。遅くなりました!連休以降体調を崩しておりました。
そうです、FMレコパルを隔週かかさず買っていたオーディオファンでした。全然音の変わりが解らないのにスピーカーや接続コードを高価なものに替えてみたりして。
マランツのCDプレーヤーですか!なんかいいです!
CDが出たばっかの頃はデジタルはどれでも同じ音質を提供する、とかであまりこだわりなく買ってしまいましたが、ほどなく、というかやっぱり音質の違いはある、ということでまた高品質にこだわった商品が出てきました。最後に買ったCDプレーヤーはSONYのなんかターンテーブルよりも大きな上置き型を買いました。いまも箱に入れて実家に眠っていますがそろそろ起こしてやらないと。
オリンパスPENは登山とかに持っていきます。手軽ですがハーフサイズはフィルムスキャナーがサポートしていないのか、うまく拾ってくれません。のでプリントしたものをフラットスキャナで取り込んでいます。
リコーGR-1ですか、薄型の名器ですよね。でも持っていません。欲しいですが。デジタルになっても性能にこだわる、いいですね。
私はパンフレットにすっかり惚れ込みミノルタのTC-1を買いました。当時ではコンパクトではめずらしいガラス屈折レンズがついていて、絞りも自分で決定できる理想のカメラでした、が。出番少ないです(^◇^;)
今一番欲しいのはキャノンnewイオスキッスです。コンパクト、低価格、高性能。
でもこれ買ったら私も二度と銀塩に戻れないような気がします。幸い?資金がないので購入までには至りませんが...

投稿: KAZ | 2005/09/24 08:44

おひさしぶりです。先週は休日が多かったこともあり、ちょっと出歩きすぎて疲れました。
体調はもう回復したのでしょうか。秋めいて過ごしやすくなってきましたが、気温の変化も急ですのでどうぞ御自愛のほどを。

さて、やはりKAZさんもオーディオ好きでしたか。私がオーディオ趣味に手を染めたのはクラシックが聴きたかったからです。当時はカラヤンやバーンスタインがお気に入りで、さまざまな曲のCDを買い集めたものです。また、それだけでは飽き足らず実際にコンサート会場に足を運び、今は亡きシノーポリやアシュケナージなどを、そのありがたみをロクに理解もせずに、聴いてました。
そんな訳で(?)、良い音を出そうと試行錯誤した時期は確かにあります。しかし鳴らす「部屋」も重要だ、ということに気付いてからは自然と熱が冷めていきました。私の狭い部屋はいろいろなモノで溢れていたし、近所の迷惑を考えたら、あまり大音量で聴くことは憚られたからです。一時はヘッドフォンに凝ろうかとSTAXのイヤースピーカーも試したのですが、音場感の再現には中途半端に思われ、断念しました。このアタリが「転落」の始まりだったのでしょう(笑)。今や音に対するこだわりはすっかり失われています。

登山はよく行かれるのでしょうか。私の唯一の経験は富士山です。数年前に知人に誘われて何の準備も思い込みもなく、登りました。半分ヤケで山頂まで強行軍を敢行しましたが、あれは登山というより何かの訓練のようでしたね(実際、知人にとっては訓練だったのですが・・)。ちなみに、その時のお供はGR-1でした。剣ヶ峰の石碑の横でちゃっかり記念写真を撮ってもらいました。

私は3年ほど前に一眼レフタイプのデジカメ(ニコン)を購入しました。それからはフィルムカメラの出番はほとんどありません。銀塩に関してはモノクロ、カラーともに現像からプリントまで一通りの経験があり、その良さも十分熟知していますが、もはや特殊な用途を除いては必要ないのでは、とさえ思い始めています(廃液処理などの環境問題もありますから)。私にとってデジカメの一番の利点はフィルムや現像処理を気にせずに撮影できることでしょうか。昨年夏の旅行では短期間に2000枚以上も撮ってしまいました。また撮影後の管理も極めて楽です。プリントする手間もいらず(プリンタメーカーの謀略に乗せられてはいけません)、閲覧もPC上ですませてます。MacならiPhotoという優れたソフトが使えますしね。

投稿: nano | 2005/09/26 00:17

nanoさん、ありがとうございます。肉体的には回復しましたが精神的にはまだまだです。
クラシック、私も一時よく聞きました。といってもメジャーな作曲家の有名な作品だけ、という偏ったものでしたが。コンサートに行かれたのですか!全然違うのですよね、一度は行きたいと思いながらまだ行けません。実際のコンサートで生音に触れられては家での臨場感に不満が出てくるのでしょうね。ロックのコンサートに行って重低音にしびれて、自宅での臨場感に限界を感じるのと似ているのかな。当時はやった重低音が出る椅子(ソニックとか言ったような>)の購入を真剣に考えたものです。
密閉型ヘッドフォンで樫木をくり抜いて作った、というものを購入しましたがもう音質を忘れてしまいました。一度引っ張り出して聞いてみます。3WAY(今はもう死語?)スピーカー内蔵でした。
そういえば高音質CD、消えてしまったのかな?CDもプレーヤーも。

登山とMTBを交互に月一回ほどのペースで友人と3人で行きます。登山は当然登山道しか登れないのですが、MTBはもう進入禁止の林道とか、通行止めの県道(崖崩れ多し)に侵入しての撃破、と言いたいところですが、登りはほぼ「押して」行きます。猿の群れやイノシシに出会うことも少なくありません。一度は小熊に遭遇。危険度が増してきました。対策を施してからでないと危ないです。

一通りの現像は経験されたのですか、ディープです。私も学校で白黒、カラー両方やりましたが家ではとてもとても。今はパソコンで自由に焼き具合を加工できますものね。プロもデジカメの時代。もはやレトロ趣味となったのでしょう。2000枚も?ということはCFHDDを使用されているのでか?それにしてもすごい撮影枚数です。iPhotoはほんと簡単便利。Windowsでデジカメを接続、閲覧するにはどうしたらいいのか迷ってしまうくらい。慣れは怖いです。
う~ん、まだデジタル一眼が欲しくなってきました。
あ、ニコンのファインダーの暗さは気になりませんか?機種にもよりますね。店頭で覗いてそう思ったのですが、一部の機種しか覗いていませんので生意気なことを言いました。すいません。

投稿: KAZ | 2005/09/27 07:34

クラシックのコンサートはロックやポップスのそれとは違い、アンプやスピーカーを通した大音量や重低音はありませんが、繊細な楽器の生音を会場ホールの反響とともに聴くことができます。最近はホールの造りも立派で、凝ったデザインが施されたところも少なくないですから(バブルの名残?)、その装飾空間の中、演奏者の優雅な動きを見る、というビジュアルな面白さもあります。聴衆はカジュアルな服装の人もいますが、それなりにドレスアップした人も多く、休憩時間にはロビーで独特な華やいだ雰囲気を楽しめます。

好きな映画のベスト10にK・ベーコン主演の「クイックシルバー」を挙げられるくらいですから自転車は結構好きです。MTBに凝ろうとした時期もあり、数年前にマングースのアルミ・フレームでフロント・サス付きのモデルを手に入れました。しばらく通勤や遊びで使いましたが、現在は車庫の奥に眠ってます。訳はいろいろありますが、スピード感に馴染めなかった、というのが大きな理由でしょうか。実は私はオートバイ乗りなのです。昔はKAZさんと同じように林道を攻めたりもしていました。あの加速とスピードを知ってしまうと、精神的にも肉体的にも”自走”はキツイですね。

デジカメの記録には4GのMDをメインに用い、ストレージとしてノートPCを持参します。JPEGなら千枚以上が楽に撮影できます。
ニコンの一部のデジ一眼は、電池がないと(電源スイッチのoffではありません)、ファインダーが暗くなるのは仕様です。しかし倍率の低さのためかピントのヤマがつかみ難いのは確かです。私はアイピースに工夫をしてしのいでますが、広角はAFに頼りきりです。
イオス・シリーズはちょっと欲しくなりますね。大枚をはたけるなら迷わず新製品の5Dですが、Kiss Dでも十分でしょう。銀塩一眼はキヤノンを愛用してましたし、コンパクト・デジカメも持ってますが、メーカーのサービス対応がイマイチなので買うならネット通販ではなく、実店舗での購入をお勧めします。初期トラブルがあった時などは店に間に入ってもらえますから。

投稿: nano | 2005/09/28 01:37

こんばんはnanoさん。いや、まったくそうでした。おっしゃるとおり音の出方がまったく違う!ちょっと目から鱗です!再現性からするとクラシックのほうが断然むずかしいですね。コンサートへ行くにはまだまだ敷居が高そうです。
私はまだMTBが出たばっかりのころ、パナソニックに乗っていました。さすがにそのころは珍しさから注目を浴び意識したことを覚えています。それから20年?たって友達と湖一周のツーリングに出かけたのですが、もうヘロヘロ。それは自転車が古いせいだ!なんてまったくの見当違い、その勢いでKLINEを買い求めましたが結果は散々でした。オートバイも二十歳すぎてからどうしても乗りたくなって週刊プレイボーイのインプレに載っていたHONDA VT250を買いました。その後もう一台HONDAの4気筒250に乗ってからはもうのってません。
あぁ、そうでしたか!電池がないと暗いんですね。あとは起動時間ですが最近は随分、というか一瞬ですね。銀塩は当初ニコンオンリーでしたが、キャノンEOS-1のAFを使ってからはもうAFの虜に。その後ミノルタのα7?金属ボディのにしましたが、私にはフォーカスが後ピンになるように感じましたし、合焦速度がイオスより遅いのが気になりました。で、今はというとメインはオリンパスOM-1なんです。実は発売当初からあこがれていた機種でして、いまごろやっと買い求めたという訳です。コンパクトデジカメは色々使いましたがキャノンが一番好きです。でも一番使うのが携帯カメラだったりして(^_^;)>
そうそうマングース、とってもいい自転車なんですね、友人が言ってました。名前だけは知っていましたが実車を見たことがないです。なんかすべての趣味がディープで敬服いたします。私はご覧の通り薄いのでイカンです。分かってはいるのですが...

投稿: KAZ | 2005/09/30 01:07

クラシックのコンサートはそんなに敷居が高くないですよ。有名どころを外せばチケット代は廉価ですし、会場の雰囲気も堅苦しくありません。私は気持ち良すぎて、演奏中によく寝てました(笑)。

オートバイはKAZさん同様、二十歳過ぎてから乗り出した、”遅れて来たライダー”です。はじめは旅の道具にすぎませんでしたが、次第にモノ自体やそれにまつわる諸々が好きになり、とうとう大型まで所有するようになりました。身の程を知ってますのでレースに入れ揚げたりはしてません。基本的には今も旅の”相棒”です。

キヤノンはFD時代にA、F、Tシリーズを歴代愛用しました。EOSに変わってからはニコンへ鞍替えし、デジタルに移行しても使い続けてます。最近D2を導入したので、しばらくこのままでしょうね。OM-1、懐かしいなぁ。当時は天体やマクロ撮影に強いシステムが魅力でした。過去にOMシリーズを欲しくなったことは何度かあるのですが、未だに縁がありません。古いペンタックスには数年前に手を出しています。オークションで程度の良いMXを落札し、レンズも数本揃えてみました。昔買えなかった敵(かたき)を取ったようなものでして、実用することは稀でした。

マングースを選んだのはアルミフレームの造形が美しかったからです。たしかBMXで有名なメーカーだったはず。80年代半ばの登場間もない頃からMTBは気になる存在でした。でも購入時はモデルやスペックには疎く、ロゴやデザインが気に入った、ぐらいの軽いノリで手に入れました。その後、自転車雑誌やWebでいろいろと情報を集めたりもしましたが、興味は長続きしませんでしたね。これは私の趣味の大概のものに当てはまる、良くない傾向です。熱しやすく冷めやすい、結構いい加減なところが少なくありません。

嗚呼、タイガース優勝。ジャイアンツ贔屓の私は最終回に完封を免れたのがせめてもの救いでした。来年の原監督に期待します(涙)。

投稿: nano | 2005/09/30 07:22

nanoさん、遅くなりました。御嶽山に登山に行っていました。悪天候で八合目までで引き返すことになりましたが。
そうですか、一度コンサートに行ってみます。いろいろ解ることがありそうで楽しみです。
大型取得ですか。これまた突き詰めています。自分の弱点がはっきりしてきました。今見るバイクはもう未来のバイクのようで少々気恥ずかしさがありますね。でもかっこいい!基本的に少し乗らないとすぐご機嫌斜めなのは変わっていないのでしょうね。
熱しやすく冷めやすい、まさに私の為にあるような言葉です。nanoさんの奥深さには敬服いたします。かろうじて今は友人に誘われて登山や自転車を、PDAは仕事に使っていて無くてはならない存在ですので続いているのでしょう。
そういえば改造したジムニー(旧車)で川原などを走り回ったのも2年でやめてしまった。
明日は原監督の復帰デビューでしょうか。

投稿: KAZ | 2005/10/04 09:46

登山、お疲れさまです。そろそろ紅葉が美しい盛りでしょうなぁ。しかし御嶽山といえば相当な高峰。山行もそれなりに厳しいものだったのでしょうか。私なぞ普段エンジン付き乗り物でしか移動せず、かつ運動不足なので、もうハードな山歩きは辛いです。週末の遠出も、大概オートバイになってしまいます。

バイクはデザインがアバンギャルドで変わったものが好みです。SRやZ2、ハーレーなどのオーソドックスでスタンダードなルックスのモデルは苦手です。今所有してるのもヘンテコな外観なので、興味がない人には、格好悪くさえ見えるでしょう。けっして高性能でもないのですが、”あばたもえくぼ”と言いますか、独特なエンジンの味わい等を含めて気に入ってます。自動車と同様、最近はインジェクション仕様が多く、マシンの出来も昔に比べて優れていますので、しばらく乗らなくても始動性や扱いに難はありません。でもそのコンパクトさゆえバッテリはすぐに上がってしまいます。

”熱しやすく冷めやすい”ほうがいろんなものを楽しめて、好都合かもしれません。究めるのも奥深くて面白いでしょうが、私の場合は現実主義的思考(お金の問題ですね)からは抜け出せなく、途中で我に返って目が覚めることも多いです(笑)。趣味なんですから、深刻にならずにお互い独自のスタイルで好きなようにやりましょう。

第2次原ジャイアンツ始動ですね。私は古い(しつこいとも言えますが)ファンなので、堀内監督も嫌いじゃありません。現役時は名選手でしたし。しかし今季は負けすぎ。楽天の田尾監督もそうでしたが、辞任、解任は避けられません。最後にドラフトで良い仕事(抽選)をしたのが、少しは罪滅ぼしになったでしょうか。

そういえば、動画対応の新iPod登場の噂が。早まったか(嗚呼)。

投稿: nano | 2005/10/05 23:30

おはようございます。普段何も運動していないので心臓があぶってしまって苦しかったです。
あぁ、今はバイクも電子制御なのですね。でもバッテリー上がりですと結果的に同じですね。当時小さいのにたっかいバッテリーを何度もつぶしました。
>途中で我に返って目が覚めることも多いです
まったくその通りです!なんでこんなのに大金費やしたのか?とあとからあきれる始末ですが、そのときは熱中して楽しんだのだから仕方ない。
>趣味なんですから、深刻にならずにお互い独自のスタイルで好きなようにやりましょう。
ありがとうございます!同感です!最近悩んで自分を追い込むことがありますが気分が晴れる言葉を頂くとそれだけで活力が湧いてきます。広く浅くをモットーとしていたのが間違いではなかったか?と思うこともありましたが、勇気付けられました。感謝です!
私は地元がドラゴンズということもあって、なんとなくファンですが以前から原監督は好きでした。来年はジャイアンツファンになりますが、いざドラゴンズ戦となるとどうなるか?
しかしまた就任一年目で日本一になることを夢見ています。

あぁ、そうです!新iPodが来週にも発表?ランドスケープ画面は馴染めませんが....あれなら欲しくないです。でも周辺機器、特にドッキングスピーカーが欲しいのでそろそろ新型を買おうかとは思うのです。

投稿: KAZ | 2005/10/06 08:00

バッテリ上がりと交換、何度か経験してます。結構バイク用って高価なんですよね。実はもう一台250ccのオフ車を持っているのですが、そちらは乗る機会が稀なのでバッテリを外しキックでエンジンを掛けるように改造してしまいました。

”広く浅く”というのは私も得意なほうです(笑)。意図せずとも、様々な理由から興味が長続きしないので結果的にそうなってしまいます。最近は突如”機械式時計”にはまってるのですが、これもそろそろ飽きてきました。しょせん精度ではクォーツに敵わないし、高額なものはそれなりに造りは良いのでしょうが、もはや宝石などの貴金属の類になるように思います。いわゆる時計好きコミュニティもあまり好きになれない。実際、今や腕時計は装身具に近い存在です。時間を知るのにはそれほど必要なものじゃありません。携帯電話やPC画面の表示等で十分間にあっちゃうんですよね。

さて、新しく出るのは果たしてiPodなのか。PowerMacやPowerBookの噂もあり、いつものように情報が錯綜してます。いずれにせよ来週が楽しみです。

投稿: nano | 2005/10/07 02:49

機械式時計、やっぱりですか!私も時々押し寄せる波のように急に欲しくなることがあるのです。バブルのころはPOPEYEなどの雑誌に踊らされて高価な機械式腕時計を買ったものですが、今はお気に入りを一つ残してすべて処分しました。まったく「装身具」というのに同感です。最近では金属の時計はやたら重く感じて仕事では時計はしていません。山などに行くときのみ保身?のためにはめているのが現状です。(ヤフーではなく)楽天のオークションで輸入機械時計が5000円くらいで買えますよね。一度手を出しましたがやっぱり値段が安いと大きくて重いのでしょうか?とても一日中はめる気にはなれません。写真ではすばらしく良い時計に見えるのですが(^_^;)
一方、Gショックも映画MI2を見てから一時はまりました。トムクルーズがはめているモデル(実在しないのはあとから知った)が欲しくて、似たようなモデルをアメリカの通販サイトから直輸入したことも...
今はまったく興味がなくなりました。

オフロードバイク、一度50ccのを譲ってもらって乗っていましたが弟に譲りました。来るべき大地震のときは活躍しそうですが。

さて楽しみですね来週が。

投稿: KAZ | 2005/10/07 08:00

機械式時計に興味を持つようになったのは、スイス中堅どころの某社製ダイバーズを手に入れたことからでした。以前は電池が切れる毎に新しいモノを購入してたので”屍累々”状態になっていた反省もありますが、なかなか趣味として奥深そうな雰囲気があり、ついのめり込みました。しかし短い熱中はそろそろ終わりそうです。時計ってバイクやカメラ等とは違い自ら手を加えたり、それを使って何事かを為す面白さが少ないんですよね。たしかに伝統あるメーカーの歴史に思いを馳せ、ケースの装飾やムーブの精密さを愛でるという楽しみはあります。でも現実的にみると、その主な役割は”時を知らせる”ことですから私には一本あれば十分だったのです。一人で何本も所有する”時計好き”は日替わりやTPOで使い分けてるようですが、数が増えると日頃のメンテやオーバーホールの頻度も高くなるので管理するのはいろいろな意味で大変そう。それらを煩わしいと考えないのがマニアなのでしょう。短期間のうちに関連書籍を買い漁るなど、時計本体も合わせると高い”授業料”を支払いましたが今回もその領域には踏み込めないようです(涙)。

ちなみに最近のトレンドは”デカ厚”(大きく分厚い)だそうです。私はダイビングをしていた関係でクオーツ時計も防水性が高い”ゴツイ”ものを選んでましたが、それでも今のは大きく感じます。自己顕示の道具として使いたい人には相応しいのかもしれません。

BOOMTUNE mini購入おめでとうございます(そろそろ別スレ?に移るべきでしょうか)。shuffleも持ってたんですね。なかなかバランスの良いデザインに見えます。「ハンモックに横たわって読書」しながら聴くのは何なのでしょう。私は発売されたばかりの『KILLER STREET』が目下のお気に入りです。

投稿: nano | 2005/10/07 23:30

同じです!よく理解できます。短期間に関連書籍などを買い揃えるという、なんでしょう買わないと不安になる?いや自分が所有している物の奥まで知りたいという好奇心でしょうね。こういった書籍がたくさんあります。でもその時点では最大限に楽しんだのですから良いとしますか。
そうなんですか、今のトレンドはデカくて分厚い。私もダイバー物好きでしたが手放してしまいました。今思うと残念でしかたありません。丈夫さと対防水性が優れているものは他に見あたりません。あっ!見落としていました。ダンビングをなさるのですか!趣味としては自分、最高の位置にあるのですが。やったことないですが、なにか別の世界らしいですね。うらやましいです。1回くらいはやってみたかった(もう過去形です)。そうそうダイバー時計といえば「イギリス海軍の将校に支給された」なんて説明があるだけで無性に欲しくなってしまいます。ミリタリー物にめっぽう弱いですから。最近では米特殊部隊仕様のルミブライトクオーツなんてのを衝動買いしました。いまでもたまに山にはめて行きますが。
サザンはまだ聞いていません。一度は聞かないといけませんね。
あの年齢を感じさせない力強さ、見習いたいです。かっこいい大人を意識せずに表すには内面から、ですね。まだまだいつのことやら...
ほんと別スレ立てないと。ちょっと考えます。どうしたらいいか(あまり知らないんです)。

投稿: KAZ | 2005/10/12 07:40

ダイビングはしばらくやってません。以前は熱心に世界各地の海へ出掛けて行ったりしてましたが、重機材を付けて深海に潜るのには様々なルールや制約もあり、タンクを背負わないシュノーケリングのほうが次第に気楽に思えてきたのです。透明度が高く魚影が濃いサンゴ礁ではそれでも十分に楽しめるので、近年は沖縄の海で波間に浮かんでるだけで満足してます。でもダイビングは機会があれば挑戦してみたほうが良いですよ。”百聞は一見に如かず”ですし、色々な意味で”目から鱗”になります。

サザンの曲はまさに偉大なる日本の”歌謡曲”でしょう。本当はロックやポップスの部類なのかもしれませんが、かなり意図的にベタな曲作りを目指しているように感じます。私は熱心なファンではありませんが、新アルバムがリリースされるたび、つい購入してしまいます。そして今回のはいままででいちばん気に入りました。渾身の30曲はその曲順もよく練られていて、iTunesやiPodでランダムにアルバムを聴く時代へのアンチテーゼでもあるかのようです。

新iPod出ましたね。連休中はApple銀座でnanoに群がる人たちを目の当たりにしてきました。これも売れるのでしょうか。私は当分パスするつもりでいますが、現物を見たらどうなるか自信がありません(笑)。しかしiMacまで新型になったのには驚きました。こんなに高性能になってしまうとPowerMacの立場がなくなります。

投稿: nano | 2005/10/13 07:03

いやーPalmの新製品のが先でしたね。これがまた小さい物を出してきました。業務用で使用しているので小さいと助かります。早くJ-OSでないかな?
で、肝心のMacは2日遅れで発表。もう両方とも欲しくて欲しくて早朝に目が覚めてiBOOKの下取り価格を調べる始末です。
で、今朝の情報ではiPodのビデオ視聴時のバッテリーは3時間、実質1時間かも?と言うことでした。実用的ではないです。(ビデオを観るのがそもそも実用的ではない?)急激に購買意欲がなくなりました。まだまだ初代でいけるかな。
iMacはたぶん使わないのに内蔵カメラが気になります。薄く(みえる)ディスプレー部にも惹かれます。前回は分厚くて格好悪いので見送った経緯がありますので。でも問題なのは来年末に予定されているインテル製CPUに移行する、ということでしょうか。急激には移行されないと思いますが、なんかこれと時期を合わせて「あっ!」というiMacが出そうで...
逆にPowerPC搭載機種が希少価値高くなるのかな?
迷っています。ノートのキーボードにはイマイチ馴染めないのです。

”目から鱗”ですか!とっても気になります。それにしても世界の海を潜ったのですね!すごい!体験する機会があれば是非やりたいと思い出しました。

サザンも聞かねば、です。

投稿: KAZ | 2005/10/15 07:12

Palmを含むPDAの需要って、日本ではまだそれなりにあるのでしょうか。SONYも撤退したようだし、私の周りでは実用している人をほとんど見かけなくなりました。そういえばザウルスにPHSを組み合わせてモバイルしてる知人は何人かいたような・・・。

今回の新iMac、かなり良さそう。Jobsが楽しそうにプレゼンしていたPhoto BoothやFront Row、面白そうですね。amazonなどでは安価に買えるみたいですから、KAZさん思いきって”ポチ”してみたらどうでしょう。確かに来年のインテルMacは気になりますが、どうせ最初のうちは(いつものごとく)安定しないだろうし、”枯れた”アーキテクチャであるPowerPC系の方がしばらくはトラブルが少なく、安心して使えるんじゃないでしょうか。私は俄然欲しくなってきてます。やっぱり”大福”を”里子”に出そうかな(笑)。でも今週はまたもや新製品の発表があるらしく、ついにプロ向けMacが登場するとか。Apple大攻勢ですねぇ。くたびれてきたiBook(最近ACアダプタが昇天しました)のかわりも考えてるので新PowerBookの発表には興味があります。

投稿: nano | 2005/10/17 01:53

私はザウルスから始まってかなりの年月、業務用万能機として仕事で使ってきました。しかし一度たりとも業務、いや趣味でも使っている人を見たことがありません。外国の映画などでは随分活躍しているのに。
Z22が国内でも手にはいるようになりました。個人輸入とそう大差ない価格での販売は魅力があります。これも迷っている最中ですが、新手書きの書き順がどうしても馴染めません。ですので今の主力はTreo90とTG-50のキーボード付きPalmです。ささっと得意先の注文を書く為に誤認識は許されませんし。
しかし売れている数からすると見かけてもいいよいうに思いますが。不思議です。得意先で決まって興味を示すのは若い女性ですね。逆に全然知らないからなのでしょうか?
まだ迷っていますiMac。問い合わせたところiBOOKのメモリーとはまったく別物なので使い回しができない、とのこと。まだ購入して半年ほどなので難しいところです。一方下取り価格はどんどん低下しますしね。
プロ向けMacは欲しいですが対価格となると、私の利用環境では割高感がいなめません。今回も雑誌で拝見するに留まるでしょう。

投稿: KAZ | 2005/10/19 07:26

新プロ系Mac、とうとう出ました。PowerMacはインテル本格導入まで、最強の”つなぎ”になるでしょう。Dual-coreはもちろん、ビデオまわりが強力なのもウラヤマシイ。もっとも楽しみにしていたPowerBookはスペックが微妙です。iMacが性能のわりに廉価なので悩みます。ノート型を狙っているので液晶の品質しだいでは購入するかもしれませんが、しばらく様子見でしょうか。しかし写真ソフト"Aperture”には驚きました。こういうのが前から欲しかったんですよ。Mac用のこの手の現行ソフトは貧弱なものばかりでしたから、米国サイトにある”前触れ”通りなら絶対に”買い”です。メモリを増設し、ビデオボードをアップグレードして待ちたいです。うーん、値下がりしたシネマももう一枚増やそうかなぁ。毎度のことながら、これじゃまったくAppleの思うつぼですね(笑)。

投稿: nano | 2005/10/20 05:07

今回、PowerMacは全然勉強不足、というよりか自分には関係薄いのでどうもピンときません。でもなんかソフト面でよさそうなんですね。ハードは画面の広さ以外はそんなに興味湧きません、今回も(BOOK)。もうノートのG5は出ないのでしょうか?そのままインテルに移行?
今回、急に思い立って九州に一泊で行くことに決めました。様々な事のリフレッシュです。駆け足でたった二箇所しか廻れませんが温泉には力を入れたつもりです。アップできる何かがあればブログに掲載したいなぁ。

投稿: KAZ | 2005/10/21 08:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/5843858

この記事へのトラックバック一覧です: iTunesが5になって:

» 5代目iTunes:) [Blog!NOBON]
『iTunes』も進化し、『iTunes 5』となった:) 全体的に余計な部分がそぎ取られコンパクトになったような感じです。 Mailっぽい感じになりましたね。 これからのiアプリはこんなインターフェイスになっていくのでしょうか........ [続きを読む]

受信: 2005/09/08 20:03

« iPod nano 発表 | トップページ | 米モトローラ iTunes対応携帯電話を発表 »