« iPodみたいな電卓があった | トップページ | ダイヤテックから[es]にも使える折り畳みキーボードがでる »

2006/11/27

Shell32Ext(シェル拡張)でW-ZERO3メールを送信メールに指定してみて

Shell32Ext(シェル拡張) ホーミンさん作 を私も使ってみました。送信メールをW-ZERO3メールでしたかったから。 OUTLOOKではすぐに送信できないのでどうも馴染めない。しかしスキルがないのでその先が、、、

まずW-ZERO3メールは開くのですが送信メール画面は開きません。これではちっとも便利ではないのであきらめました。 しかし本日のホーミンさんのブログでnPOPでの対処法がアップされていましたのでW-ZERO3メールでも適用できるかも?と思い、 Target Fileの前に mailto:?attach=と入力してOKで閉じたところW-ZEROメールでも送信メール画面までは開きました。 しかし添付ファイル欄はカラですので自分でファイル指定する必要があります。このへんは当方勉強不足(というかさっぱりです、、、 )なのでコマンドなりパラメータなりを指定すると可能なのでしょう。

尚、上記コマンドでは複数メールアドレスがある場合、最後に使用したアドレスが送信アドレスになりますので注意(自分に)が必要です。
W-ZERO3 ツール MEMOのsoliptさんのご紹介記事をみて使ってみました。

そうそうW-ZERO3メールは「\Windows\STMail.exe」です。自分憶え。

|

« iPodみたいな電卓があった | トップページ | ダイヤテックから[es]にも使える折り畳みキーボードがでる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Shell32Ext(シェル拡張)でW-ZERO3メールを送信メールに指定してみて:

« iPodみたいな電卓があった | トップページ | ダイヤテックから[es]にも使える折り畳みキーボードがでる »