« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/31

2007年総括

総括というには簡単ですが年初NOKIA N73(705NK)に始まって夏までつっぱしり秋にアドエスに歓喜し年末にSO905iにはまってしまいました。
考えてみればケータイばかりですね。仕事に使っていたPalmもすっかり放電していて引き出しの中、、、コンパック、MioなどのMW5群も放電放置状態。かろうじてZaurusSL3000は辞書代わりとして使っている状態。CLIEはPalm機ながらかろうじて寝落ち用の読書機として使ってはいますが、それもアドエスに代わりつつあります。
スケジュール管理、ブログ用カメラ、メモ等すべて「ケータイ」になってしまいました。デジカメはN社に別れを告げ、ライカレンズ搭載のルミックスFX-100に乗り換えたんでした。
来年はまたNOKIAやAppleに動きがありそうで、このままではすみそうにありませんね。

いい加減な情報や思いつきで成り立っている?当ブログに励ましのコメントや詳しい情報を寄せていただいた皆様、そしてこんなブログをたくさんの方々に閲覧していただきました。とても感謝の気持ちでいっぱいです。今年一年、ありがとうございました!
2008年もよろしくお願いいたします。
あっ!新年用のタイトル画像を創るのをすっかり忘れていました!

実家でまだ現役のe-oneスケルトン(iMac似)の今年最後のメンテナンスを実行中。今年最後の発信はe-oneからかぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅白 のっけから悪ふざけ、、、

それは白組トップバッターの美川憲一が歌い間奏の最中に起こりました。IKKOが出たのです。出るのはいいですよ、話題の人だし。ふざけすぎなのは、その出で立ち。あぁ、思い出すだけで悪寒が、、、あれは放送コードOKなんでようかね?
とにかく今年最後に気分が悪くなりました。白組で出たのがせめてもの、、、(本人は桃組と言っていましたがね) どんだけぇ~を連発してましたが、こっちが言いたい!どんだけぇ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5分割 零式艦上戦闘機 細部にこだわったディティール

とりあえずプレビュー?です。見えない部分にまでこだわった造り。まず4枚アップします。エンジンの後ろって初めて見た。油圧ブレーキホースも再現されていますね。

コクピット内は前後あますとこなくできています。潤滑油タンクです。

座席は浮いている状態で後ろの支柱に四本のアームで繋がっている構造ですね。

もうひとつ以前からの疑問なんですが、私が習った?塗装色は機内は「青竹色」なんですがこのモデルでは主脚の内側は明灰白色になっています。省略しているのか、あるいはそれが52型の様式なのか調べてみる必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再びGT-Rをみてきました

名古屋 栄にある日産ギャラリーに前回と違うレッドのGT-Rが展示してありました。ガンメタよりスカイラインらしい感じがしました。(スカイラインじゃないけどね)

ドアは写真のようにノブを押し出して開けるスマートなギミックです。

ブレンボはゴールドですが個人的にはレッドが好きです。エンブレムはもっとアップで写せばよかったと後悔しています。ギャラリーはお姉さんがたえずマイクでアナウンスをしていて活気がありましたが見るのに専念して、何を話しているかは記憶にありません。以前に紹介したリヤスピーカーにはカバーが新たに付いていました。そりゃそうかな?むき出しでは触って凹んでしまうから。

撮影はすべてSO905iです。今回も手ぶれ補正効いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/29

705NK やっぱりカメラはきれいに写る

最近ごぶさたの705NKですが裏方として、しっかり活躍はしています。最近のSO905i関係の画像はすべて705NKで撮影したものばかりです。しかしクローズアップのときなど、ただ撮影しただけではツァイスレンズの性能を発揮できません。やっぱりきちんと固定して撮影してあげないとツァイスはへそを曲げます、、、そんな時のために購入したアイテムがあります。見た目で一目惚れの一品(実は二品) ポケットミニ折りたたみ三脚です。携帯フォルダも取り付けた様子はさながらトナカイのよう。

ところでおもしろい705NK用のテーマがありました。壁紙はWindowsなんですがアイコンはiPodタッチのようなデザイン。みるのが楽しくなります。説明とアイコンがマッチしてないのはご愛敬ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NUDE EX MDR-EX85SL 意外といいかも?

まだ数時間しか使っていませんが当初の印象より良くなってきました。低音がややしまってきたのと、今まで知らなかった音が聞こえたので。それはAnthology'3 Disk2の「Because」を聞いたときでした。アカペラ版ということですがアビーロード収録版から演奏を消しただけの編集版。よくきくと2カ所、ギターがうっすらと聞こえるところを発見しました。そんなわけでちょっと評価が上がりました。

レビューで多くみられるのが「意外と音漏れが大きい」という事ですが、それもそのはず。写真でみるようにオープンエアーになっています。そこから音がもれるのでしょう。

あ、SO905iのサラウンドはやっぱり使えません。原音(作者が意図する音)よりかなり音質が違っていて私は劣化した印象を受けます。もう使うのはあきらめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/28

SO905i あのヘッドフォンを買ってしまった、、、

DoCoMoサイトのSO905iのページに実に本体とマッチしたインナーイヤー型ヘッドフォンが載っていますよね。最初、付属品かと思ったくらいです。(別売りと分かってガッカリしました)MDR-EX85SLが欲しい!でも私の本体はSベージュ。白がいいのかなとショップに出向くと断然レッドがいいんですよ。なんというか高級感があって。(ほんとはカタログページのレッドの印象が強くて抜けないだけ、、、) で、買ってしまいました。家には蜘蛛の巣が張っているかと思うくらいにヘッドフォンがひしめきあっているのに、、、あぁぁ、またやってしまった。

肝心の音ですが。まだエイジングが済んでいないので「もっさり」した音、ということにしておきます。低音がしまっていない。高音が弱い(シャリシャリがいいというのではないです)。定位が定まらないとでも言った方がいいのかな?とにかくエイジングに期待します。しかしレビューを検索してみるとけっこう評価は高いです。低音が好きな人にはいい音してるということなんでしょうか?比べてはいけないのですがUltimate Ears Super.fi 3 Studioと聞き比べると違いは歴然。しかし音ほど個人差があるものはありません。実際にお店に行って聞き比べるのが一番です。(聞き比べればよかった、、、) (言ってるし、、、)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/27

SO905i 予定の書き出しでMacには反映するが、その逆はできない

SO905iの予定表で「一件microSDに書き出す」でmicroSDに保存。(PIM00001.VCSというファイル名で保存されます) そしてDoCoMoUSBケーブルで接続、FinderでSD_PIMの中のPIM00001.VCS(名前は件数によって変化)をダブルクリックするとiCalが起動して予定に組み込まれます。逆にiCalの予定を書き出すとホーム.icsのような名前で保存されるのですがこのままではもちろん、拡張子を.VCSに書き換えてもSO905iではまったく読み込む気はないようです。テキストで開いてみると最初の一行は同じBEGIN:VCALENDAR なんですけどね。さらに内容をみてみると用件は記号化されて容易には判断できません。iCalから書き出すと用件は日本語で書いてあるのですけど。

SO905iのフォーマットをまねして書き出せばいいのかもしれませんが、そこまで手間をかけてやってもね、、、

ここでiCalに反映された予定表を705NKにiSyncで同期させると当然ですが反映されます。が、ここで注意することがあります。SO905iで予定を記入する際に「スケジュール内容入力」ではなく「スケジュール要約入力」のほうに用件を書かないとiCalにも705NKにも用件は表示されません。まぁ使い方としては705NKを持っていないときにSO905iに予定を書き込んでそのあとすべてに反映させる、というような感じですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/26

昭和18年 B17のアグレッサー機があった

捕獲したB17に日の丸を塗って高度9000mで本土進入の模擬爆撃に使用されていたのです。驚きました!今までこの手の本はけっこう読んでいたのですが、、、そして迎撃部隊編成に抜擢されたのが陸軍では「屠竜」。(海軍は月光) 戦車用の37mm砲を機首、あるいは下方に取り付けて一撃で撃墜する戦法です。

最初36機で昼間訓練にて高高度に慣れる訓練から始まり練度が増したところで夜間訓練に移る。電熱服なしで零下17度になることもありかなりの苦労をされたそうです。もちろん気密室などなく酸素マスクもない状態です。九州重工業地帯に爆撃にやってきたB29が初陣と思います。山口県子月に基地があった第四戦隊です。しかし捕獲したB17を参考にした爆撃機はあったのでしょうか?確かに計画では気密室を完備した重爆撃機はあるようですが実戦ではどうでしょう?(B17に気密室があったかは知らないですが)

初の迎撃ではよく健闘して撃墜もしましたが残念ながら小倉、八幡の各工業地帯は火炎に包まれました。

撮影:SO905i 1/60 F2.8 ISO160 手ブレ補正がよく効いている感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/25

SO905iCS ここが気になる

まずはなんといってもレンズ。プリズムで屈折させてズーム時でも出っ張らない仕様。それはいいのですがプリズムを使ってどの程度、湾曲が抑えられるのか。N社のデジカメでいやというほど湾曲に失望させられましたからつい神経質に、、、めずらしくソニエリのサイトでレンズの構造が公開されていました。フラッシュ画像ですけど。

デザインはCyber-shotに似せるため多少無理をしていてゴツさを感じます。ゴツさをカバーするためかソニエリのマークが3Dで貼り付けてあります。ここはかっこいい。シャッターボタンは使いやすそうです。しかしオープンスタイルはFを連想させてどうも、、、

SO905iを買ってしまったのでなんとか「あんまり変わらない」と思い込むことにしたのは

GPS位置情報を自動で埋め込める機能>手動なら出来るからいいさ、、、(しかし専用のソフトが付属するのは悔しい気も。でもどうせMacでは使えないし)

ブログ投稿メニュー>手動で簡単にできるし、、、(リサイズ出来ないので事前にブログサイズに設定しないといけないけど、、、)

しかしなんとも対抗しがたいのがLEDの高照度発光。こればかりはどうしようもない。というかなぜSO905iに高照度発光機能がないのかが理解できない。SCとの差別化としてなのか、TVやWalkmanへのバッテリー確保の為に大電力を必要とする高照度LEDを見送ったのか。盗撮防止?で光りっぱなしにしてるくらいなら、それくらいしてもよさそうですが、、、>補正して明るく撮るさ、、、

あっ!今一番利用していいる機能がWalkmanスタイル。それはCSには無いよね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/24

SO905i 高速赤外線通信が×???

今日はCanonの写真専用プリンターに赤外線送信でプリントしようとしたのにまったく反応無し。SO903iでは問題なく送信できてプリントできていました。ならばSDカードソケットに差し込んでみたところ今度は「対応していないJPEG」でプリントできない。ならば赤外線でSO905i>SO903iに送信、、、できない。DoCoMo同士はlrSSとの互換性があると思ったのに?ちなみにlrSSは相手が受信できていなくても確認を待たずに終了する仕様だそうです。

けっこう接写も良い感じです。 1/7 F2.8 ISO250

懐かしのオート三輪とカローラ。一番売れていた時のモデルだったような?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/23

SO905i レンズ部のでっぱりに懸念


弟のSO903iのレンズはかなりでっぱっている。そして無惨にもレンズ周りはかなり剥げている。ということはステンレスではなくプラスティックにメッキがしてあるだけなんだ。そういう目でSO905iのレンズ周りをよくみるとメッキのようにも、、、SO905i レンズ部のでっぱりに懸念とすると2年も使っていると、この写真のように剥げてしまうのかも、、、カメラはメニューも含めてほぼSO903iを踏襲しているのでした。なんか寂しい。でもチューニング等で進化していると思いたいです。もう一ヵ月待てばよかったかも、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/22

SO905i カメラのここが残念

705NKに慣れた身には残念に思うことが3つ。

LEDライトはオートモードがない。勝手に光ってオーバーになるのもなんですが、光ってくれないのも寂しい。(これもタッチビューで簡単に点灯はできましたがオートではない) それに撮影する瞬間に最大照度にならないようですね。

メールに画像を添付する時にリサイズしてくれない。自分宛ならいいがブログや友人に送るときには最初にメールサイズにカメラ設定を変更しなくてはいけない。

そして前にも書いた、フォーカス設定がリセットされないこと。簡単にタッチビューで変更できるのでまだ救われますが。

そういえば液晶をひっくり返したときの操作が限られるのも寂しいです。

しかしこれらはすべて「うっかりもの」&「めんどくさがり」の私だからですね。でも大口径レンズ(一般的な携帯カメラのレンズに比べて)は見た目でいかにも良い写りが期待できそうです。手ブレ機能は確かに効果があるように感じます。N社のデジカメのように効果も感じなかったとか合焦までに時間がかかりすぎることもないです。レンズカバーがないので指紋が保護レンズに付きまくりで意図しないソフトフォーカスになるのはご愛嬌ですかね、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/21

SO905i GPSデータを写真に埋め込むとMacの「プレビュー」から簡単にGoogleMapsに飛べる

せっかくGPS位置情報がSO905iで撮影した画像に埋め込めるのだから、地図ソフトで簡単に表示できないものか考えていました。昨日はSONYがややこしい(無料であって無料でない)GPSと連携した地図ソフトを公開していましたが、すぐアンインストールしました。使えない、小難しい、直感的に使えない、などマニュアルを読まない私には敷き居が高かったです。

で、Macでどうにか簡単に表示できないものか考えました。右の写真にGPS位置情報を埋め込みメール送信。添付されていた位置情報テキストはDoCoMoの携帯でしか表示されない暗号みたいなもので使い物にはならない。ならば「プレビュー」で表示してツール>インスペクタで情報を見るとなんと!

GPSというタブがでているではないですか!そこには位置情報とともに「場所を確認」というボタンがある。さっそくクリックするとアメリカのGoogleMapsにリンクされてズバリ地図が出てくるのでした。寸分たがわずに。これはすごくお手軽で簡単確実な表示方法です。旅行のときにはもうSO905iは離せません。でもそうすると705NKの立場が、、、以外とよく写るし。ねずみデータ 1/25 F2.8

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/12/20

SO905i Macでミュージック管理

管理というほどのものではないですが簡単にファイルを転送できます。画像と同じ設定でUSB接続すればFinderでSO905iのmicroSDを操作できるので所定のフォルダにアルバムごと(フォルダごと)コピーすればSO905iでもアルバムとして認識され曲順も変わりません。iTunesにアルバム画像があればそれも引き継がれます。ウイッシュリストも作成できるのでオリジナルのアルバムも作成できます。

操作は閉じたままでも、ほとんどすべての操作ができます。ロックも出来るので誤操作はありません。メイン画面ではジャケット表示などすべての情報が表示されて、さながらiTunesのビジュアライザのような雰囲気もあります。

イコライザは各種ありますが私はノーマルが不自然さを感じなくてちょうど良い感じです。クリアバスはヘッドフォンにもよりますが+1でもかなり耳につきます。サラウンドは曲によって楽しめそうですが、これまたOFFが一番自然(あたりまえか)で聞きやすいです。スタジオモードは変化が少ないですが原音に近い感じでサラウンドを楽しむにはいいです。やはりイコライザーがOnだとシルクが一枚掛かった感じでどうも良くないですね。OFFにしました。Beatlesでは気にならなかったのですがGuns'nRosesだと特に気になりました。

あしもさんにコメントでL704iがタッチパネル操作時に振動がある、ということを教えていただきました。SO905iもやってみたら振動があるのですね。タッチパネルといいL704iに似ていますね。もちろんL704iのが早く発表してる、、、

Finderで音楽をコピーする場合

ミュージック>iTunes>iTunes Music>Artists(無い場合はアルバム名のフォルダ)の中にアーティスト別のフォルダがありますのでそこからアルバムタイトルのフォルダごとSO905iのmicroSDのRRIVATE>DOCOMO>MMFILE>MUSICにコピーすればOKです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/12/19

SO905i iPhotoと普通に繋がった

デジカメとして認識。SDカードをつなぐとiPhotoが起動するのと同じです。こんな簡単にMacと繋がるなんて思っていませんでした。ただしmicroSD内の画像のみ(たぶん動画も)。しかしデフォルトのままでは認識しないはず。SO905i側で「設定」>「管理」>「USBモード設定」>「microSDモード」にしないといけないと思います。それでFOMA UBS接続ケーブルにて接続すればOK。いちいちmicroSDカードを抜き差ししなくて済みます。

以外と落ち着いた発色と思います。

1/60 F2.8 ISO125 カメラ部のスペックは詳しく書いてありませんね。開放はF2.8ですね。35mm換算で35mmくらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DoCoMoのDATALinkってなんの為にあるのか

私は過大な期待を持ってDoCoMoのDATALinkをダウンロード、インストール、そして意味の分からないオンライン通信でVistaとSO905iをリンクさせました。もともと何もデータが入っていないので何も起こりません。設定を探してみましたがOutlookと同期なんて一言も載っていない、、、ただのバックアップソフトなのかな、、、
そんなことは市販の同期ソフトでやれ、ということでしょうか?
またしばらく遊べる(苦悩する)と思えば楽しいかな、、、
そう思うとNOKIAのPCSuiteはすばらしいなぁ、、、

う~む、ソースネクストの携快電話ZEROもDoCoMoのDATALinkと似たり寄ったりですね。OutlookはWMを重視してライセンス的なものを簡単に出さないようにしているのかな?それともOutlookとの同期を重視している私がスマートフォンかぶれになっているのか、、、もともとケータイで予定を管理している人はわざわざPCと同期する必要もない。まして複数台の端末を持っていて、すべてを同期させようというのが少数派なのかも。

ケータイのボタン割り当ての変更ができない、と思ってしまうあたりすでに、、、です。

そうそう、何のためにDoCoMoを維持しているか思い出しました。すべては「おさいふケータイ」用に持っていたいから、でした。プレミアム会員の規定も来年から変わって長期保有者優遇制度になるし、、、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone 争奪戦の様相

ドコモの中村社長がジョブズに会っていたとの報道が出ていますね。ソフトバンクも交渉中。両者とも譲らないとなると最後は資金力のあるドコモに軍配が上がるのか?多少無理をしてでも現在の劣勢を挽回するには起爆剤が必要。
しかしくれぐれも旧製品を掴まされていい気にならないよう祈ります。

「第3世代(3G)”通信網に対応する新機種になる見込み」だそうです。日本はAppleにとっても重要なマーケットで生半可な投入姿勢では生き残れないかもしれないとも。それにしてもDoCoMoとはかなり踏み込んだ話をしているようです。ソフバン、ピンチ!?(という言い方は死語になってる?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/18

中途半端な接写比較 SO905i vs 705NK

上が705NK下2枚がSO905iです。デジタルズームですが良い雰囲気出してるような?サイズの縮小以外は未加工です。705NKのが被写界深度があるように見えます。角度が若干違うので厳密には比較できませんが705NKの方がシャープに見えます、がライトにピンが合ってませんでした、、、SO905iはライトにピンがきてます。しかし全体的な雰囲気は705NKの方がいいように見えます。ひいき目かな?

1/30 F2.8 ISO200

接写モードはホールドされるのですが測光モードはホールドされません。逆にして欲しかった。ですがスポット測光があるのはありがたい気がします。それとGPS情報を画像に埋め込めるのは旅行などで便利な機能かな。来年発売になるCyber-shot携帯(SO905ics)にもGPS情報を埋め込む機能があるのですが、もっと簡単に埋め込めるのかも?買うのを早まった感は若干あります。ワンセグよりカメラ重視ですから、、、

元画像100%切り抜きです。上がSO905i 下が705NKです。ベゼルのヘアリーヘアライン(まったく違う意味になってた、、、)仕上げの感じや蛍光塗料の盛り上がりなど甲乙つけがたいです。わずかに705Kのほうがコントラストがあるのかな?という感じです。(705NK側の歪みは撮影する角度がズレただけでレンズの歪みではありません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SO905iに機種変しました

いやDoCoMoは2回線持っていたのですが一人割(でしたっけ?)にして905iにすればバリュープラン適用で現行より安くなるので、、、メインは705NKですので通話などには使わないですが8年使っていますので、なにかと有利なことがあるのかな?と、いやらしい考えで、、、(プレミアムクラブなどでは来年から差別化するそうです)

第一印象がいっぱいあるのですがワンセグ機能のせいか液晶部分の方が重い感じでバランスが悪いです。ジョグは小さいので使い難いようですが以外と押し間違いがない。ワンセグはコンクリートの部屋では受信しない(W-ZERO3でも同じでした)。窓際で受信してもカクカクで見れたものではないです、がワンセグはおまけと思っていますので特に失望はありませんでした。SO905iDATE:1/20 F2.8 ISO250

未設定で撮影したら横長サイズで記録していました。珍しい、、、待ち受け画面用だったのです。接写ボタンというのは無く設定メニューから変更しなければいけない。面倒ですが接写で風景を写してしまう失敗はありませんね。肝心の画像ですが今日のところは未確認ということで、、、あまり期待してませんが。※接写設定はホールドされますね、注意しないといけないです私は。

液晶画面はとてもきれいで不満はないです。メールの「Webメール」を選択すると「この機能は使えません」というメッセージが、、、何かに加入しないといけない?

ひとまず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「こんごう」が対ミサイル迎撃に成功

イージス艦「こんごう」がミサイル迎撃試験に成功したそうです。海上配備型迎撃ミサイルSM-3だそうですが日米共同開発(日本はノーズコーン担当)のSM-3ブロック2のことでしょうか?世界で2番目に対ミサイル迎撃に成功したのはうれしいニュースです。

そんな凄い艦を他国の親善寄港の際に公開しようとすれば米国から抗議が出ても当然です。ちなみに金剛(現行こんごう)は旧海軍では最も古い「戦艦」(英ビッカース社製)の名前でした。いずれスーパーイージス艦には「大和」や「長門」の名前を冠することになるのかな?空母は「赤城」そしていずれ「翔鶴」とかになる時代が来るのかも?

ニュース映像ではまるで映画のワンシーンのようにスローで弾道迎撃弾が打ち上がる瞬間を見せていました。とても我が自衛隊の装備とは思えない凄みを感じました。SM-3一発20億円、試験発射料(ダミーミサイル込み)40億だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/17

905iの地震情報お知らせ機能が気になる

新しいDoCoMoのCMは訴えることが明確で分かりやすい。特に気になったのが緊急速報でした。これだけで欲しくなりましたね。今までDoCoMo905iはノーチェックでしたが、昨夜から色々チェックしだしました。ワンセグは正直、無くてもいい。見たい時間には家にいますからね。(あっても邪魔にはならないですが) とすれば次はカメラ機能ですね、やっぱり。(一番は上記サービスです)Cyber-shot携帯なんておもしろいですね。さすがにZeissレンズは搭載していませんがフェイス認識、手ブレ防止などは搭載、おもしろいのはプリズムを使った光学三倍ズームの屈折レンズです。そこまでCyber-shotか!みたいな感じです。あと驚いたのはmicroSD仕様だったことです。あのSONYがmicroSDですか。私には信じられません。このへんは相当、DoCoMo担当者とのやりとりがあったのでしょうね。苦渋の決断でしょうか?(903iもmicroSDだったんですね、、、)

それとやっぱりBRAVIA携帯も気になり出しました。実家のテレビがBRAVIAになったことも関係してたりして。(鮮やかさを増してきれいに見えるようにしてるマジック、ビクターあたりは逆で一見地味にみえるのですが本物の色に忠実だったりします)

カメラ機能も4枚連写機能やソニー製カメラモジュールなど気になりだしました。もう一度触りに行かないと、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/16

本日のケータイ売り場模様

イオン銀行オープンでジャスコ名古屋ドーム店の入り口は勧誘の店員でいっぱい。5分で済むというが口座のみ開いても意味がないので、、、ケータイ売り場ではDoCoMoのみ混雑していました。904iが0円というのが目に付きましたが905iじゃないと格安料金にはならないのでスルー。auのインフォバーは各種割引条件を満たせば新規21000円。買っても良いかな?と思いましたが今回はパス。グリグリ見ていたのは私一人だけ。だれもauコーナーにはいない。ソフトバンクも同じ。店員さんが暇そうにしていました。デモ機を持ってきますよ、という問い掛けには答えられませんでした。触れば欲しくなる、、、二度、ケータイ売り場を覗きましたが同じ状況でした。(店内は混雑していましたが私は至って暇でしたので、、、)905iコーナーはそれでも一人もいない状況でしたね。バリュー料金より本体価格が0円の方が魅力的なのかな。みな904iに興味があるようでした。正直904iは全然知らないし興味がなかったので何一つ見てませんでした。

905iで一番魅かれたのはP905iでした。事前の好みはSO905iだったのですがジョグ以外はポイント低かったです。(ジョグの質感は高いと思いました)カメラ側のチープな造りにもがっかり。ボタンは(メーカーが)言うほど押しやすくはないですね。P905iの両開き液晶が以外と良かったです。5Mピクセルカメラも期待できそう。N905iの手ブレ補正カメラというのも魅かれますが、ボタン周りのデザインが古い感じがしました。NECはデザイン重視で新モデルを出して行く方針でしたよね。う〜ん、私の好みではなかったのでした。

追記:NとPは同じ手ブレ補正機能なのかな?兄弟だし。デジタル手ブレ補正だとかなり画素が奪われるのでは?(11年前の知識です) どうも画像を保存するときに処理するようですね。Nは顔認識を入れてきました。

そういえばDoCoMoは出戻りさん大歓迎、みたいな企画があるのですね。転出して戻ってきたとき以前のポイントや年数履歴を引き継げるとかいうのでした。心が広いのか苦肉の策なのか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/12/15

護衛艦しらね のCICから出火

う〜む、第1護衛隊群の旗艦で観閲艦(護衛隊群直轄艦)まで勤める「しらね型」の一番艦。 これは軍内部では「事件」と称される出来事ですね。CICからの出火となるとただの火事ではすまされないですね。金剛型(しらねは原案では金剛と命名するはずであった)ができるまでは最大の護衛艦、老朽化には早すぎる?いや28年も現役ならそろそろなのか?(画像はニ番艦くらま)

この画像をみると旧海軍の大型駆逐艦というよりは巡洋艦ですね。排水量も駆逐艦の1700t前後に比較して5200tもある!艦橋も鳥海なみにでかいですね。(鳥海は9850t) ワシントン軍縮条約(ロンドン軍縮会議)でいえば巡洋艦にあたります。この際、最新鋭のレーダーディスプレー設備に更新して欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/14

タカラトミーからキラーモデルが出る!

この年末年始に作れということでしょうか、すごいのが出る!零戦52型の5分割モデルです。骨組みまで再現!もちろんコクピットも精密に再現されているはず。自転車を押す女学生まで、、、525円×5×最低2セット=5000円超しますね、、、1セットでいいか、、、

12月17日はコンビニへ急がないと!?002_2  001_2
004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/13

FMV-BIBLO LOOX UはIBM PC110の再来か?

ぼんやりとFMV-BIBLO LOOX Uのページをみていたら、なんか見たことある持ち方をしている写真があった。これはっ!あのウルトラマンPCと呼ばれていたIBM PC110パームトップPCではないか!といささか大げさではありますが、そう思ったのです。もうすっかり記憶から消え去っていた憧れの名機。なんど店頭で触って見たことでしょう。最終処分でたしか35000円くらいになった記憶です。それでも買(え)わなかった。HDDのPCカード(この名称も懐かしい)が高価だったので購入に踏み切れなかった。標準ではWindowsはインストールできなかったから。(4MB RAM) あの手に収まる小ささでWindows3.1(だったかな)が動いているのが凄かった。windowsがなくても独自ソフト(DOS上で動いていたような?)で簡単な手帳かわりにすぐ使えた記憶です。なんか欲しくなってきました。あ、PC110のほうですが。ザウルスSL-C3000にも似ていますね。最近、まったく触っていませんがHDD内蔵のLinuxマシン、活用しないとね。たまに充電して辞書代わりとして利用するだけではもったいない。以前は映画もよくザウルスで観ていましたが、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/12

2008年はPS3が弾けるかも?

スーパーコンピューター並の演算処理能力をもつ(らしい)PS3でネットワークを構築、さまざまなサービスを提供する計画だそうです。ソフトも200本出す予定。(しかしPS1のときにも問題になりましたが、粗製乱造にはなってほしくない)

米クリスマス商戦でたしかな手応えもあったようです。ネットワーク構築は前会長の井出さんがやりたかったサービスでしたが先見すぎてできなかったことで現会長が再度チャレンジするそうです。期待します、が、その前にPS3を買わないと、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/09

銀塩の呪縛!?

財部さんのデジタル一眼をテストする番組をみていて気がつきました。どうしても銀塩フィルムの撮影枚数、コストを考えて一発必撮の心構えで臨んでいた撮影方法がデジタルになっても抜けない。FX-100を購入して「秒/8コマ」の連写があっても、オートブラケットで3段階違った撮影を一度にできても(昔、Contaxが搭載していたのが印象的でしたが)それを利用できない。高画質にしても300枚以上撮影可能、しかも気に入らなければいつでも削除可能にもかかわらず出来ない。今わかりました。脳が硬化していて以前の感覚が抜けないのです。

これはもう積極的に利用するしかないかも。連写は利用するシーンが少ない?いや、走っている電車を写すときなどに有効です。オートブラケットこそ積極的に利用すべきかも。パソコンでかなりの補正が効きますが、なにも見たままの色がいいというわけでもないでしょう。ポジフィルムのような発色のいい画像に感動するように、なにかしら出合い頭の発色というのもアリかと。

ちなみに財部さんは各社フラッグシップ機からNikonD300を選びました。五感に訴える造りの良さを強調していました。リサマイヤーさんはLUMIX L10。ローアングルにも対応したフレキシブルディスプレーを評価していました。

かつてのオリンパスのような横走りゴムびき布幕フォーカルプレーンシャッター搭載のカメラが懐かしい、、、以前にプリズムの腐食部分をアルミシールで修理したのですが、いつのまにか馴染んで銀蒸着とアルミの境界線が解らなくなっていました。あの絞りとシャッタースピードを選んで針を真ん中にもっていく感覚を再現した一眼レフ、出ないかな。(写真はOM-1のファインダーを705NKで写したもの。以外と写るんだ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/08

熱田神宮 これを見逃すな3

毎回、熱田神宮を参拝すると新しい発見がある。今回は4つありました。

本殿に参拝しての帰り道、左に折れてすぐ右側に「ならずの梅」という梅の木がありました。いままで一度も実を付けたことがない奇木だそうです。

次は眼鏡の像。あの宇宙人ではないかと騒がれた埴輪を銅像にしたものか?

そして名古屋で最古ではないかと言われている石橋。尾張名所図会にも載っているし西行法師もここで休んだと伝えられているそうです。

最後に西門のすぐ脇にあった又兵衛という合掌造りの原形になったといわれる古民家が茶室として移築されているのでした。

おまけです。社内にある宮きしめんで食事をしていると、ずっとそばにいた鶏です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/07

ハニービーというミニ赤外線コンヘリ

一昨日テレビでラジコンヘリを生きているかのように操縦している人を紹介していまた。ラジコンヘリを欲しいと思った瞬間です。そして今日またまたヘリQという10cmたらずの小さな赤外線操縦のミニヘリをテレビで紹介していたのでもう爆発しました、物欲が。さっそく検索してみるとヘリQはすべて売り切れ。4倍の価格で売り出している猛者も、、、そこで見つけたのがハニービーという似たような赤外線操縦のヘリ。本体は15cmでちょっと大きいしボディも発泡スチロールで精密さはありませんがコントローラーは2chで操縦のしがいがありそう。(ヘリQはワンボタンでマニアックではなさそう)さらにアパッチモデルはバランスがいいらしく現実味のある機種なので気がついたらボタンを押していました。価格も3500円とおもちゃとしてはまずまずの価格。届くのが楽しみです。レビューでヘリQは壊れやすいと書いてありました。墜落して壊れるのかな?見た目はヘリQのがいいですね。アマゾンが最安のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンクが7ヵ月連続1位

もはや常勝のソフトバンクといった感じで驚きはありませんが、相変わらずその差はハッキリしています。
ソフトバンク: 19万1000件の純増
KDDI: 6万5400件の純増
DoCoMo: 4万8200件の純増
こうしてみるとauはかなり減ったような気がします。新料金が解りにくいことに加えて新機種の出遅れが響いたそうです。それにしても一桁とは、、、DoCoMoも新料金制度になってからも相変わらずの鈍い伸び。905iからの新規低料金制度の反映は来月からですね、どの程度増えるのかな。DoCoMoのブースは今、どこよりも人集りがしていますので期待は持てるかな。

私はauのみ今まで使ったことがないのですがインフォバー2が欲しいのでパンフレットなどを眺めていても正直、料金が解りにくくて、、、安すそうではあるのですが。DoCoMoの料金制度も二重価格で解りにくいですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/04

705NK Macの管理者画像もシンクする

705NKの電話帳をめくっていたら自分の名前のところに「見たことのあるヒマワリが」 これはMacの管理者画像でデフォルトに設定されているヒマワリではないかな?さっそく見てみたらやっぱりそうでした。iSyncはおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

705NK カメラのミニ知識(というか無知だっただけ)

+D Mobileさんの705NKレビュー記事をみていたらカメラの詳しい設定状態が書いてありました。勉強になったのは2点。

風景モードにするとホワイトバランスは太陽光に固定される

夜景モードはISO640に増感される

そして普段、隠れていて見えないメニュー(最下部)で「感度設定」ができたこと(100 200 400 640)

いつも気になる赤かぶりや青かぶりはオートホワイトバランスがうまくヒットしない場合が多いため、ということがわかりました。しかし風景モードで太陽光にすれば色合いは良くなりますが、たしかピントも枠が出なくなり合焦してるのか心配になるのですが。あ、その場合はホワイトバランスのみ太陽光にすればいいのか。う〜む、手間を惜しまないのがきれいに撮る秘訣なのですね。しかしISOが選択できるのをすっかり忘れてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/03

LUMIX FX100への要望

初めて使って気がついた事を二つ。まず露出補正はスイッチOFFにしてもホールドしていること。スイッチOFFで0復帰して欲しいです。これはうっかり者の私には手痛い欠点です。撮影枚数66枚のうち半数が+1補正したままでした。(結果はかえって良かったのですが、、、モニタみていても気がつかなかった)もう一つはまったくもってコンデジに要求することではないのですがAEロック機能があればなぁ、という場面に出くわしましたので。セミの抜け殻を写したのですが木の幹に露出を合わせたので焦点まで木の幹に合っている。ま、承知でしたがやっぱりあれば便利だなぁ、と感じました。(デジイチ買えばいいんでは、、、というか付いてますよねAEロック?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LUMIX FX100 vs NOKIA 705NK

ちょっとおおげさなですがもっとおおげさに言えばLEICA vs ZEISS、、、結果は両方とも満足の行く結果でした。FX100で撮影するのは初めてでしたが気持ちよく合焦するし露出補正もモニタで簡単に確認できて使いやすいと思いました。705NKは青空以外は変な癖も出ず満足できる絵が撮れたと思います。

上からFX100 +1補正ISO80 F4.1 1/80

FX100 補正無しISO80 F2.8 1/1000

705NK 補正無しISO100 F2.8 1/250

705NK F2.8 1/500

補正無しですと両方とも近い発色になりました。

銀杏はまさにまっ黄でしたが補正によって空が真っ白になってしまいました。

7095NKで青空を撮影したのですがモニター通りの紫かかった発色でせっかくのクロスした航跡も、、、

(紫ということは赤味が強いということか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NOKIA PC Suite 新インターフェースで登場

NOKIA PC Suiteがまったく新しい顔で登場しましたね。携帯へのデータ移行が簡単になりました。左の携帯にドラッグするだけで音楽などが簡単にインストールできるようです。あらかじめ設定にて変換方式やレートを設定しておけば簡単に音楽を変換入力できます。音楽関連の強化が表れてきました。音楽のインストール場所なども細かく設定できます。

携帯の受信メールがトップ画面で表示されるようになったのも新し試みですが必要ないかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »