« 熱田神宮 これを見逃すな3 | トップページ | 2008年はPS3が弾けるかも? »

2007/12/09

銀塩の呪縛!?

財部さんのデジタル一眼をテストする番組をみていて気がつきました。どうしても銀塩フィルムの撮影枚数、コストを考えて一発必撮の心構えで臨んでいた撮影方法がデジタルになっても抜けない。FX-100を購入して「秒/8コマ」の連写があっても、オートブラケットで3段階違った撮影を一度にできても(昔、Contaxが搭載していたのが印象的でしたが)それを利用できない。高画質にしても300枚以上撮影可能、しかも気に入らなければいつでも削除可能にもかかわらず出来ない。今わかりました。脳が硬化していて以前の感覚が抜けないのです。

これはもう積極的に利用するしかないかも。連写は利用するシーンが少ない?いや、走っている電車を写すときなどに有効です。オートブラケットこそ積極的に利用すべきかも。パソコンでかなりの補正が効きますが、なにも見たままの色がいいというわけでもないでしょう。ポジフィルムのような発色のいい画像に感動するように、なにかしら出合い頭の発色というのもアリかと。

ちなみに財部さんは各社フラッグシップ機からNikonD300を選びました。五感に訴える造りの良さを強調していました。リサマイヤーさんはLUMIX L10。ローアングルにも対応したフレキシブルディスプレーを評価していました。

かつてのオリンパスのような横走りゴムびき布幕フォーカルプレーンシャッター搭載のカメラが懐かしい、、、以前にプリズムの腐食部分をアルミシールで修理したのですが、いつのまにか馴染んで銀蒸着とアルミの境界線が解らなくなっていました。あの絞りとシャッタースピードを選んで針を真ん中にもっていく感覚を再現した一眼レフ、出ないかな。(写真はOM-1のファインダーを705NKで写したもの。以外と写るんだ)

|

« 熱田神宮 これを見逃すな3 | トップページ | 2008年はPS3が弾けるかも? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/17316457

この記事へのトラックバック一覧です: 銀塩の呪縛!?:

« 熱田神宮 これを見逃すな3 | トップページ | 2008年はPS3が弾けるかも? »