« アドエス 乾電池式充電器で充電できるか? | トップページ | 大豊神社 新薬師寺 元興寺の場所と写真追加 »

2008/01/26

705NK 大豊神社のおねずみさんを写してきた

今年の干支、子年にちなんで有名なんだそうです。京都の平安神宮の裏手にある神社です。おきつねさんのかわりにおねずみさん、というわけです。

今回は705NKしか持って行かなかったのですが後悔しています。SO905iなら位置情報がすぐ分かるのに、、、しかもいまサービスエリアではエディが使えるから。そのうえ705NKはご機嫌斜め、ピントが全然合いません。ポートレートにしてもなんにしても。仕方ないので「赤枠」で写したものがかなりあります。

その後、奈良の新薬師寺と元興寺に行きました。新薬師寺は数十年前と同じく訪れる人はまばら。ま、そのほうがいいのですが。しかし以前は真っ暗だった堂内は蛍光灯やステンドグラス(なんで、、、)のせいで、かなり明るくなっていました。かつて土門先生が薄暗い中、婆娑羅大将を長時間露光で激写?したことを思うと、なんか、、、

元興寺こそ驚きました。なんと世界遺産になってる!!私の奈良での密かな楽しみが一大観光地に変わっていたのです。世界遺産になる前は新薬師寺と同じく、いやそれ以上に閑散としたお寺でした。まず観光ガイドにも載らないくらいのふつうのお寺でした。とにかく寺内もかなり世界遺産ナイズされていて以前の「貧乏寺」の雰囲気はまったく無くなっていました。なんか残念です。

写真は撮れなかったのですけど京都から奈良市内に抜ける道を初めて通ったのです。なんとそこに創建当時からただ一つ残っている「門」があったのです。普段は訪れることがない東大寺の裏手にその門はあります。次回、奈良に行く機会があれば行きたい所です。右の写真。ローアングルで撮ったのですが全然ローアングルに見えない、、、おもいっきり地面に近づけないと駄目ですね。

ついでといっては失礼ですが旧志賀直哉邸もみてきました。あの辺一帯は大正時代(おそらく)春日大社に仕えている神官さんが集まっている集落のようです。邸内の古地図に書いてありました。

|

« アドエス 乾電池式充電器で充電できるか? | トップページ | 大豊神社 新薬師寺 元興寺の場所と写真追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/17853734

この記事へのトラックバック一覧です: 705NK 大豊神社のおねずみさんを写してきた:

« アドエス 乾電池式充電器で充電できるか? | トップページ | 大豊神社 新薬師寺 元興寺の場所と写真追加 »