« 東芝 HD DVDから撤退検討とか、、、 | トップページ | SO905iCS 高照度LEDフラッシュとGPS自動埋め込み »

2008/02/17

大内宿 かなり山深いところにあったのでした

テレビの旅番組などで時々みかけて行ってみたいと思っていましたが実際、大内宿に着いてもそこがあの有名な大内宿とは知りませんでした。雪のせいでイメージとはかなり違っていましたがお店をみて気がつきました。会津からは明治に整備されてから変わっていないという渓谷ぎりぎりを走る国道を通ってきたのですが浅草から出ている会津鉄道に乗ってくる方法もあるそうです。大内宿駅は萱葺き屋根の駅舎でいろりがあるそうですね。3時間に一本しか運行していない単線の旅ならかなり雰囲気が出そうです。駅からバスは出ていないそうでタクシーに乗るしか交通機関はないとか。歩いてはとてもじゃないですが行けない距離と上り坂です。

大内宿
Latitude : 37.330147
Longitude : 139.860341

その国道を上ると湯西川という道の駅に着きました。この辺はまったく電波が届きません(道の駅はOK)。DoCoMoもウィルコムもまったく、、、この辺はまた別の鉄道が走っているようです。(写真の路線は会津鉄道線でした) わたらせ渓谷鉄道というそうですがかっこいいポスターですね。乗ってみたいです。その湯西川の道の駅から鉄橋を走ってきた列車を写しましたが小さくてわかりませんね。

ここからさらに上ると川治温泉郷、そのなかで有名なのが鬼怒川温泉ですが明治までお坊さんしか入ることはできなかった温泉だそうです。いまではかなり観光客が減ってしまったそうですが。

湯西川
Latitude : 36.963858
Longitude : 139.593663

|

« 東芝 HD DVDから撤退検討とか、、、 | トップページ | SO905iCS 高照度LEDフラッシュとGPS自動埋め込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/40163200

この記事へのトラックバック一覧です: 大内宿 かなり山深いところにあったのでした:

« 東芝 HD DVDから撤退検討とか、、、 | トップページ | SO905iCS 高照度LEDフラッシュとGPS自動埋め込み »