« 春を感じた一日でした | トップページ | アドエスにピンク追加 追加機能もDLできる »

2008/03/10

Googleマップ APIが携帯にも対応したそうですので使ってみました

Webサイトに埋め込むGoogleマップは便利でいいと思っていたら携帯にも対応したとのこと。相手に場所を知らせる手段としては一番確実な方法と思うので一度使ってみることに。埋め込みタグには緯度経度やズーム、サイズ情報を埋め込まなくてはいけないのですが緯度経度とかの取得はおっくうです。もちろんその他の情報も、、、で簡単に地図を表示できるようにするGoogle製ツールがありますのでそれを利用しました。Static Maps Wizardというツールです。

まず(1)で表示したい所を日本語でいいので入力

(2)で表示サイズを自由に設定します。

(3)で自分のサイトのURLを入力して同意ボタンにチェックを入れて「Generate Key」ボタンをクリックすると下段にタグが埋め込まれたURLが生成されます。これをコピーして携帯メールに送信すれば地図が表示されます。この地図は「動き」ません。閲覧のみですが、これで十分でしょう。(自分のWebサイトを持っていらっしゃらない場合でも適当に存在するURLを入力すれば生成できるはずですが確認はしていません。)

受信メールのURLをクリックすれば右の画像のように表示されます。

これは便利なツールですね。活用したいと思います。表示サイズが間違っているのでちょっと表示がなんですが、、、

正式名称はGoogle Static Maps APIと言うそうでStaticの意味は「静的」というのでやっぱり動かないGoogle Mapsなんですね。本来は携帯サイトで表示させるためのimgタグだそうですがStatic Maps Wizardを使えば個人的に利用できて便利ですね。

|

« 春を感じた一日でした | トップページ | アドエスにピンク追加 追加機能もDLできる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/40458101

この記事へのトラックバック一覧です: Googleマップ APIが携帯にも対応したそうですので使ってみました:

« 春を感じた一日でした | トップページ | アドエスにピンク追加 追加機能もDLできる »