« VQ1005 2006版と2008年復刻版 | トップページ | 工人舎 SA5SX04Aをゼロスピンドルにする妄想 »

2008/05/21

VQ1005 撮影データを見てみると

VQ1005 撮影データをなにげなく見てみるとISOは60固定のようです。もっとも標準画質での話ですが。F値は2.8固定、これはコンデジでお馴染みですね。シャッタースピードは1/5が加減のようです。上限はいまのところ1/2906が最高です。

こんなに速くてもシャッターを切る瞬間に動かせばもうブレブレになりますね。実際1/5のスピードでぶらさずに写すなんてプロでも難しいですから、なにかデータ処理的にこのような数値になっているのかな?

ISO 60というのも単純な私は「おぉ、リバーサルフィルムみたい」と変に喜んだりします。ほんとは全然別次元なんでしょうね、、、ともあれ撮影データをみるのもおもしろいです。

そういえば昔はかならずコンパクトカメラにはあった「受光素子窓」がないですね!ダイレクト測光!?(ではないですね、写す前のデータを記憶してシャッターを切るのですから)

あ、じゃぁTTL測光!!?

|

« VQ1005 2006版と2008年復刻版 | トップページ | 工人舎 SA5SX04Aをゼロスピンドルにする妄想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/41280958

この記事へのトラックバック一覧です: VQ1005 撮影データを見てみると:

« VQ1005 2006版と2008年復刻版 | トップページ | 工人舎 SA5SX04Aをゼロスピンドルにする妄想 »