« au Cyber-Shotケータイ S001 ときたか | トップページ | Cyber-shot S001は35mm単焦点 »

2009/01/30

なかなか銀塩に戻れない

壁紙にPENシリーズをとっかえひっかえ使っているせいもあって、最近はちょくちょく銀塩カメラを引っ張り出しては眺めています。今日はPEN FTを出してきました。このFTはリターンミラーが割れてたしファインダー内にカビが発生していたり、かなり程度の悪い機でした。そのころPENは分解慣れしていたのでFTも勢いで分解しようと思ったのですが、かなり苦戦しましたね。ミラーはベリベリと剥がして新しいミラーを貼り付けました。本来かなり精密度が要求される部分で、接着剤の厚みさえも影響すると聞いた覚えです。でも自分で使うんですからいいんです。

測光用の素子がある部分はハーフミラーが使ってあるのですが、ここもひどいカビだったので思い切って取り外し拭きました。ハーフミラーの取り外しにかなり手間取りましたがOM-1のペンタ部修理よりは簡単だったかな。本来ここも非常にデリケートな部分で拭くなんて以ての外。でもいいんです、当時は交換部品も売っていなかったし。ですべてきれいにしてファインダーが明るくなったかといえば、、、あまり代わり映えしなかった覚えです。しかし満足感は最高潮でしたね。

W61Sで撮影(上はモノクロモード)

F(FT)用パーツなどはトミーのリペイントさんで販売しています。ハーフミラーは6000円ですね。ちょっと考えてしまいますね。あ、リターンミラーも3500円であるんですね。これも当時はありませんでしたからハンズで汎用ミラーを買ってきて烏口で切って貼り付けました。工具はネットで専用工具を買い求めました。う〜ん、名前が出てきません。

|

« au Cyber-Shotケータイ S001 ときたか | トップページ | Cyber-shot S001は35mm単焦点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/43898041

この記事へのトラックバック一覧です: なかなか銀塩に戻れない:

« au Cyber-Shotケータイ S001 ときたか | トップページ | Cyber-shot S001は35mm単焦点 »