« VQ1015ENTRY リチウム単四電池という選択 | トップページ | VQ1015ENTRY 最後の桜を記録 »

2009/04/11

VQ1005(2008)とVQ1015ENTRY あまりにも違いすぎる絵作り

初めてVQ1005(2008)新VQ1015 ENTRY、2台を連れて試験撮影。現像してビックリしました。これだけ違うとは、、、VQ1005(2008)でもけっこう良い発色しているのでは?と思っていましたが、普通にいいですね。いやレビューで知ってはいましたが、ここまで普通にきれいに写るとは。

並べて見ると差は歴然。ENTRYはわざわざレンズの先方に円形マスクを追加していますから、いかにも周辺光量が不足している「感じ」を出しているのです。にしても濃い感じは好き嫌いが分かれますね。

昨日アップした別の画像にしてもかなり違いがありますね。

どちらが良い悪い、と判断出来ません。しかしトイカメラは安いからトイカメラであってVQ1015Classicのように8000円以上するともうトイカメラとは言えないような気がするのです。事実まだ売り切れていないようですし。これだけ個性的な新VQ1015 ENTRY、4200円なら納得です。

ところでリチウム単四電池、当然ながらまだ満タンです。

|

« VQ1015ENTRY リチウム単四電池という選択 | トップページ | VQ1015ENTRY 最後の桜を記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/44637911

この記事へのトラックバック一覧です: VQ1005(2008)とVQ1015ENTRY あまりにも違いすぎる絵作り:

« VQ1015ENTRY リチウム単四電池という選択 | トップページ | VQ1015ENTRY 最後の桜を記録 »