« 海外女性誌の広告にSAMSUNGのQWERTYキーボード端末が広告を出していました | トップページ | docomoとオリンパス共同開発ケータイは木製品加工技術だった »

2009/10/05

日立ライティング 40W電球型LDEランプは6.8W

11月に発売される日立のLED電球は調光器対応ということで5000円台の販売価格になりそうです。これはシャープと同じ価格帯であり同機能でさほど新鮮ではありません。それにしても40Wタイプで6.8Wというのがどうも納得できません。東芝もシャープも40Wタイプなら4.1Wなんですから。デザインは各社並み?でよさそうではありますね。

ただし問題は販売網でしょうか?現在でも大型量販店でさえ東芝とシャープの製品しか販売していません。NECや三菱オスラムなんて影さえもない、、、ジャスコなどの大型スーパーなんてはじめっから置く気無し?ってくらい全面は蛍光灯型電球オンリーです。

ところで1ヶ月以上LED電球を使った感想は「いい!」です。最初はちょっと暗いかな、と思っていましたが慣れたら全然気にならなくなりました。瞬時に最大光量になるし発熱は少ないし、なんといっても4Wはありがたいです。ただし色温度はなんとかならないものかと思いますね。LEDの弱点なんでしょうか?白が白く見えません。泥がかった白になってしまう。もうすぐ発売になるパナソニックのLED電球に期待です。

|

« 海外女性誌の広告にSAMSUNGのQWERTYキーボード端末が広告を出していました | トップページ | docomoとオリンパス共同開発ケータイは木製品加工技術だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/46403744

この記事へのトラックバック一覧です: 日立ライティング 40W電球型LDEランプは6.8W:

« 海外女性誌の広告にSAMSUNGのQWERTYキーボード端末が広告を出していました | トップページ | docomoとオリンパス共同開発ケータイは木製品加工技術だった »