« HYBRID W-ZERO3 ソフトキーをレジストリで変更 | トップページ | HYBRID W-ZERO3 FingerKeyBoardを入れてみました »

2010/03/05

E-420 京都 哲学の道を散策

法然院の落ち椿の道を期待したのですがまったく咲いてない、、、半月早かった。

そのあと定番の銀閣寺に何十年ぶりかに訪れました。こんな庭園が広かったかな?いい感じでした。さて哲学の道の端から端へ移動します。南禅寺の名勝庭園を拝観。これは初めてかも知れません。かなり良かったです。龍安寺と同じくらい庭園に哲学が織り込まれている、そんな感じでした。

最後に金戒光明寺に行きました。ここは幕末のころ、會津藩の本陣として松平容保公が長らくおわした場所。ぜひ一度観てみたかったのです。京都市内が一望できる高台にあるお寺、なんだかいまでも藩士が往来してるような小道もありなかなかよかったです。

そうそう、今日のカメラマンはOLYMPUS E-420でした。やっぱりファインダーを覗いてフレーミングするのが一番楽しいし集中できます。が、、、オートに任せっきりなのはなんとも情けない、、、唯一フラッシュ禁止だけはやっておきました。なんとも不自然に感じるフラッシュの光、そんなこと思うのは私だけでしょうか?おそらくですが??OMシリーズのようにフラッシュの光さえ取り込んで適正露光にしてしまうTTL機構ではないと思うのですが?(違うかな?)どうもフラッシュ発光するとオーバー気味に写ってしまうから。

それでも曇天の青みは除かれていたのは感心です。SH-01Bで撮影したモノは青かった。(二つ目の銀閣寺)

E-420は銀塩に近い感じの発色と現像してみて思いました。

最後に立ち寄った大津のSAから見た琵琶湖。ここはどのあたりか?SH-01Bで位置情報を埋め込みました。

この辺に居るのでした↓
View Larger Map

|

« HYBRID W-ZERO3 ソフトキーをレジストリで変更 | トップページ | HYBRID W-ZERO3 FingerKeyBoardを入れてみました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/47731415

この記事へのトラックバック一覧です: E-420 京都 哲学の道を散策:

« HYBRID W-ZERO3 ソフトキーをレジストリで変更 | トップページ | HYBRID W-ZERO3 FingerKeyBoardを入れてみました »