« LUMIX Phoneのレンズって広角ですよね? | トップページ | HDR Pro 岐阜城公園付近 »

2010/10/06

岐阜 金華山に軽登山

事前に登山道は調べていてロープウェイができるまで利用されていた七曲がり登山道から登る計画でした。しかし入り口からいきなり険しいガレ場。こんな険しいところをよく昔はみんな登ったものだと不思議に思っていました。約30分で山頂に着き案内図をみてみたら、その道は七曲がり登山道ではなく急ぎの時に利用した「百曲り登山道」だったのでした。道理で険しいはずです、、、ま、知らずに登ったので苦しい割には早く到着しましたが。

岐阜城までの途中に当時の軍用井戸があるというので見にいきましたが網が張ってあって雰囲気はなにもないただの水たまりにしかみえません。

山頂からは今日も絶景を望むことが出来ました。ところで金華山には登山(というのか?)をされる人がかなりいらっしゃるようで山頂付近には人が大勢休憩していました。(あきらかに登山の服装の人たちで)

帰りは水手道という登山道から降りることにしました。ここもいきなり険しいガレ場が待っていますがじきにゆるい下りになります。

もうすぐ到着という場所に伊奈波神社跡がありました。烏帽子岩というのを長良川から引き上げてここに据えたという伝説があります。

最後は大正期に建立された三重の塔を観てきましたが中には入れません。

長良川河畔で昼食(おにぎり)をとりゆったりと空を眺めると一つだけ高い空にうっすらと浮かんでいたので1枚。

10月とは思えない暑い一日でした。

今回のメインカメラはSH-10Bです。

最後の画像は御手洗池といって伊奈波神社に参拝する人が手を清めたという池ですが岐阜城落城のおり女中が身を投げたと言われています。

今回も軌跡はハイブリのNaviComputerを使って記録しました。このアプリは何回か使用していますが一度も「落ちる」ことなく最後まで記録し続けます。やったことはないのですがバックグラウンドで動いていますから、おそらく他のアプリを同時に使うこともできるはずです。

標高も一気に登っているのが分かります。


より大きな地図で 金華山 百曲り登山道・水手道登山道 を表示

|

« LUMIX Phoneのレンズって広角ですよね? | トップページ | HDR Pro 岐阜城公園付近 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/49668220

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜 金華山に軽登山:

« LUMIX Phoneのレンズって広角ですよね? | トップページ | HDR Pro 岐阜城公園付近 »