« SHOT NOTE は両面使える | トップページ | 愛知県 半田市 蔵の街を散策しました »

2011/02/14

海上の森〜物見山〜赤猿〜猿投山 プチ縦走しました (圏外でもハイブリなら軌跡を記録)

今回、いつもの猿投山に変化をつけるため、初めてのコースに挑戦することにしました。

愛知 海上の森は愛知万博で一躍有名になった里山です。そこの駐車場に車を置いて10時前に出発。途中で物見山近道という標識につられて行ってみることに。しばらくは林道で登山気分はありません。物見山は武田信玄が物見をしたとか?で、この名前が付いたようです。たしかに見晴らしは良く、その名前に納得です。この山頂をちょっと下ると「聖徳太子の墓」なる大きな石があります。(ちなみに猿投山方面とは逆に下ります)

この物見山山頂に至る途中に猿投山までの縦走ルートがあるのですが、最初見落として通過してしまいました。看板などはなく、先人のマジック書きのみが頼り、、、

その路はしばらくはずっと山の尾根を歩くという、なんとも不思議な?風景。山の両側は切り立って稜線にそって歩くという、こんな里山で体験できるとは。

途中、高圧電線塔がある付近になると独特なうなり音が聞こえてきます。GPSが途切れるのはもしかしてこの辺の影響があるのかも?

そうそう、今回のロガーはハイブリですから電波が届かなくても、しっかり記録してくれます。3Gケータイではこうはいきません。GPSとはいっても基地局と絶えず通信しながら位置情報を記録する方式なので、電波が届かない場所(まさにこのあたり)ではまったく使い物になりません。この点、ハイブリのGPSは基地局との通信はしませんから安心??です。ただしGPS衛星を10基捕捉しないと機嫌良く動いてくれない感じはあります。6基あたりだともう不安定になってきます。

ところでちょっと前に降った雪があるかも?と簡易アイゼンを用意していったのですが、これが大正解。500Mを超す辺りから急に雪が現れてきました。アイゼン無しで登っている方も見受けましたが、とても滑りやすかったので履いてよかったです。

山頂はいつもは人でいっぱいなのですが、今日は誰もいません。風が強くてとても5分もいられない、それでも-1度くらいでしたから暖かい方だったのかも?

海上の森から猿投山まで3時間かかりました。けっこうな「山登り」になって楽しかったです。

GPSの軌跡は行きと帰りの両方を載せました。所々、欠損しているので双方を補えるようにと。


より大きな地図で 海上の森〜物見山〜赤猿〜猿投山(上り) を表示
より大きな地図で 猿投山〜赤猿〜物見山〜海上の森(下り) を表示

|

« SHOT NOTE は両面使える | トップページ | 愛知県 半田市 蔵の街を散策しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/50872501

この記事へのトラックバック一覧です: 海上の森〜物見山〜赤猿〜猿投山 プチ縦走しました (圏外でもハイブリなら軌跡を記録):

« SHOT NOTE は両面使える | トップページ | 愛知県 半田市 蔵の街を散策しました »