« 犬山遊園のモノレールが湯ノ華アイランドにあった | トップページ | ガラケーからスマホに 具体的にはXperia Acroがいいかと »

2011/04/19

コンデジを分解してイメージセンサを見てみたら かなり小さかった

壊れたコンデジを分解してCMOS(なのかCCDなのか)を取り出してみました。

実は銀塩カメラのPEN-EEにコンデジの部品を組み込めたら?と以前から思っていたのです。しかし分解してみて思い知りました。考えてみたらコンデジの素子なんてこんなものですよね。レンズも前玉だけが大きくて、あとは小径レンズで小さく絞り込む感じでした。(稼働レンズも繰り出し式ではなく後玉だけ移動するタイプ)

画像で見るように、こんなにも小さいものだったんです。ハーフサイズカメラでも、この6〜9倍の面積が必要です。組み込むためには一眼デジカメクラスの素子でないとダメですね。割に合わないです。(というか組み込む腕がまったくないし、、、)

余談ですが、コンデジといえども電子回路がぎっしり詰まっていて、あれが1万前後で売られているのは、メーカーがかわいそうと思えてしまうくらい手が掛かっていました。

|

« 犬山遊園のモノレールが湯ノ華アイランドにあった | トップページ | ガラケーからスマホに 具体的にはXperia Acroがいいかと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/51438061

この記事へのトラックバック一覧です: コンデジを分解してイメージセンサを見てみたら かなり小さかった:

« 犬山遊園のモノレールが湯ノ華アイランドにあった | トップページ | ガラケーからスマホに 具体的にはXperia Acroがいいかと »