« IS01 anDosBoxでDOSを動かしてみる | トップページ | MacBookのキーが外れてしまった時の修復作業 »

2011/08/22

IS01 anDosBox やっぱりゲームは起動しますね

HP200LXの中に入っていたDOSゲームを起動してみたら、あっさり動いてくれました。懐かしのビープ音までしっかり出てます。

よくよく考えてみればエミュレータのDOSはもう起動状態。config.sysやautoexec.batの記述ではダメなんです。そして日本語IEMの利用なんて私には、、、

とにかく遊べる小道具が手に入ったんですから、ぼちぼち触っていきます。この仮想DOSにはIS01がピッタリです。キーボード操作は欠かせないから。XPERIAでも動かしてみましたが、結局入力時にコマンドラインが見えないので、打ち間違いが分かりません。あと、これはIS01でも同じですが「:」が打てない。

この「:」はコマンドラインには欠かせない記号なんですが、今のところ出し方が分かりません。なんか設定でできるみたいなんですが、、、

XPERIAではソフトキーボードで記号自体が出てくれません。横画面固定になるので余計見えないし。

ただし、IS01のデフォルトでは仮想DOS画面は小さくて見にくいです。これも設定でズームできそうなんですが、そこまでまだできていません。

余談ですがこのブログはMacBookAirで打っています。11インチのキーボードサイズが私にはピッタリ。快適にキーが打てます。

|

« IS01 anDosBoxでDOSを動かしてみる | トップページ | MacBookのキーが外れてしまった時の修復作業 »

コメント

通りすがりの者ですが、IS01上でのAnDosBoxでVz Editorやら、コネパクなどを走らせてみました。
 私も、「:」がだせません。というか、ALTと組み合わせて表示する文字がだめなような。
 VZは、Dos/vの起動ディスクをイメージ化して、その中にVZのファイルも入れて、そこからブートさせてとりあえず立ち上げてみました。もっとスマートな方法があると思うのですが。

AnDosBoxでコネパク
http://anxiety.seesaa.net/article/223517629.html

投稿: kumaho | 2011/09/02 22:14

連続ですみません。
Menu-InputMode-Map Left-Alt Keyのチェックをはずしたら、コロンなど入力できるようになりました。

投稿: kumaho | 2011/09/02 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/52542912

この記事へのトラックバック一覧です: IS01 anDosBox やっぱりゲームは起動しますね:

« IS01 anDosBoxでDOSを動かしてみる | トップページ | MacBookのキーが外れてしまった時の修復作業 »