« RICHO GX200 VF KITが段々値上がってきた | トップページ | RICHO GX200 VF KIT 届いたのでちょっとレビュー »

2012/03/04

OSX HDRtistという後加工HDRを試す

なんでもモノクロ写真は銀塩と違って、デジタルはラチチュードが狭いので暗部が潰れたりするそうで。(知らなかった) それでプロは後加工HDRソフトを使うらしい。そのソフトは失念しましたがフランス製?アプリで5800円。あまり使わないかもしれないアプリに5800円は抵抗があります。

そこでAppStoreで探したら無料のアプリは2個ありました。今回、ダウンロードしたのはHDRtistです。コチラを選んだのは、ファイルの選択が簡単だから。iPhotoから画像をドロップさえすれば加工できます。

左下のスライダーを左右に移動させ、自然な色合いになる位置で保存すれば終了。至極簡単です。しかし、PhotoShopなどで自動補正するのと、どこが違うのか判りません。試しにPhotoShopで自動補正した画像も並べて見ます。(一番下) まぁ、HDRtistが一番自然な感じには見えますが、、、

一番上が元画像、中央がHDRtistです。

この結果で言えるのは、

HDRtistを使うのが一番簡単できれい(目で見た感じ)に加工できるということです。

|

« RICHO GX200 VF KITが段々値上がってきた | トップページ | RICHO GX200 VF KIT 届いたのでちょっとレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/54142984

この記事へのトラックバック一覧です: OSX HDRtistという後加工HDRを試す:

« RICHO GX200 VF KITが段々値上がってきた | トップページ | RICHO GX200 VF KIT 届いたのでちょっとレビュー »