« OSX HDRtistという後加工HDRを試す | トップページ | 名古屋城の梅はまだ咲いていなかった »

2012/03/05

RICHO GX200 VF KIT 届いたのでちょっとレビュー

RICHO GX200 VF KITが届いたのでさっそく開封。その前に。RICHOのパッケージはなんとも素っ気ないただの段ボールでした。今まで買ったデジカメで初めてです。ま、性能に関係無いので良しとします。

夜ですから、取り敢えず僅か3センチの模型をスーパー接写で写しました。ただ接写で写すだけではピントが極端過ぎるので、絞り優先モードで絞りを一番絞り込んで撮影。(F8.0)これでなんとか全体にピントが合いました。レンズとの距離1cm以内!補助光無しでは暗すぎるのでLEDライトをティッシュで繰るんで撮影。ホワイトバランスはオートなので、青みが強いですね。

かなり便利で使える機能が「MY設定」モード。設定ダイヤルをMY1(事前にセッティング必要)に合わせるだけで、スポット測光+スポットフォーカス+ISO64 とかの好みの組み合わせが瞬時に出来る。普段はマルチスポット測光+マルチフォーカス+AUTO ISOで撮影して、ここぞというポイントではMYセッティングで、みたいな使い方が簡単にできるのがいいです。

首からぶら下げようとするには、別売りネックストラップが必要です。銀塩時代のネックストラップは使えません。なぜなら、ストラップを通す穴が、ケータイのソレになっているので、専用の細いストラップ紐でないと通らないのです。ガックリ、、、

まずは気がついたことをザッと書いてみました。

追記:GX200のアクセサリーページを見ていて驚きました!液晶ビューファインダーだけで23100円の定価!高いのですね、、、

|

« OSX HDRtistという後加工HDRを試す | トップページ | 名古屋城の梅はまだ咲いていなかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/54150750

この記事へのトラックバック一覧です: RICHO GX200 VF KIT 届いたのでちょっとレビュー:

« OSX HDRtistという後加工HDRを試す | トップページ | 名古屋城の梅はまだ咲いていなかった »