« XPERIA acro SPモードメールの送信が度々固まる | トップページ | docomo CommuniCaseという中途半端なアプリに困惑 »

2012/04/19

サントリーBOSS 景品の歴代ボンドカー

サントリーBOSS ボンドコレクション という名で歴代のボンドカーが景品になっていますね。私が気がついたときにはギリギリ2車種が残っているだけでした。

でも一番欲しかった初代ボンドカーの「アストンマーチンDB5」と最新ボンドカーの「アストンマーチンDBS」だったので良かったです。あと一台、ロータスのスーパーカーがどうしても欲しいですね。

出来としては「中」程度ですが、シリーズ性としての価値は大きいです。いつも思うのですが、プルバックにする理由があるのか?ということです。BOSSシリーズは主に大人の男性が購入するコーヒー飲料。それよりもディティールを正確にしたモデルを望みます。

写真の景品は2本パックのものですですからちょっと大きいです。

画像追加です。アストンマーチンV8 サイドからスキーの板が出てくる仕組みです。フロントはマシンガンが2丁出ています。

追加です。トヨタ2000GTとBMW Z8です。2000GTは意外によいです。これで自動車としての容としては全てです。コンプリート。ロータスは潜水形状なのが残念です。最後の画像はIS12Tで撮影したのですがモデルが大きいせいもありますが、接写が効いています。

|

« XPERIA acro SPモードメールの送信が度々固まる | トップページ | docomo CommuniCaseという中途半端なアプリに困惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/54512324

この記事へのトラックバック一覧です: サントリーBOSS 景品の歴代ボンドカー:

« XPERIA acro SPモードメールの送信が度々固まる | トップページ | docomo CommuniCaseという中途半端なアプリに困惑 »