« XPERIA acro アップデートは改悪 再起動でプリインアプリが復活 | トップページ | ソニーのCMOSセンサー 40%小型化で10月出荷 »

2012/08/19

タグ・ホイヤー WK2116-1 資料がないのでちょっとだけ調べました

タグ・ホイヤーの2000シリーズは1982年に発表されたようです。

200M防水、ねじ式リューズ、逆回転防止ベゼル、サファイヤクリスタルガラス、蛍光塗料指針、2重安全止め金具、をすべて備えたスポーツウォッチを2000シリーズというのだそうです。現在はアクアレーサーと名を変えて継承されています。

モータースポーツと共に歩んできたホイヤー社のマリン版とでも言うのでしょうか?

その中で私の持っているWK2116-1はベーシックモデルとでも言うのでしょうか、2000シリーズの条件を全て備えてかつ「自動巻」のモデルです。

オークションや中古販売で良品は日差2秒なんてのもありますが、だいたい15秒前後が中級品のようです。ちなみに私のは日差20秒くらい。オーバーホールが必要ですが、正規では35000円ほどかかるらしいです。専門店で28000円くらい。

で、詳しく調べたかったのですが、もう廃番なのでWebでもなかなか詳しいことが分かりません。中古の販売資料をみて気がついたのですがタグ・ホイヤーのロゴが少なくとも3種類あることに気がつきました。

TAGのAがグラフィック調のものと、はっきりしたAのもの、そして浮き彫りになったものの3種類です。(ちなみに1982年の最初のモデルはHEUERのみです)

200M防水なので常時つけっぱなし。この常時つけっぱなしなのが肝心。写真のようにSEIKOのブラックモンスターやOMEGA シーマスターでは大きすぎて重いんです。シーマスターはピンホールが重さで広がって修理に出したほど。(かなりの出費でした)その点このWK2116-1は程よい大きさ、ボーイズサイズかと思うくらいです。ちょっと重いですが気になるほどではない。

それと蛍光塗料ですが、海外のサイトではルミブライトと書かれていました。

あとメタルバンドの他に本革の黒ベルトモデルも存在します。

2000シリーズは中古でしか買うことが出来ませんが、価格が安い物はほとんど「クオーツ」です。機械式自動巻が理想ですね。

|

« XPERIA acro アップデートは改悪 再起動でプリインアプリが復活 | トップページ | ソニーのCMOSセンサー 40%小型化で10月出荷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/55461313

この記事へのトラックバック一覧です: タグ・ホイヤー WK2116-1 資料がないのでちょっとだけ調べました:

« XPERIA acro アップデートは改悪 再起動でプリインアプリが復活 | トップページ | ソニーのCMOSセンサー 40%小型化で10月出荷 »