« TOMYTEC GOLF2 GTI をリリース | トップページ | CASIO メモプリが6004円まで下がってきました »

2012/10/06

SEIKO ブラックモンスターを久しぶりに塡めてみた

タグホイヤーWK2116-1が最近のお気に入りですが、ブラックモンスターもたまには塡めてやらないとね、機械物ですから。

それで気がついたマイナスなことを2点ほど。(今更ですが、、、)

・リューズを引いても秒針が止まらない。

これはけっこう重要かも?タグホイヤーWK2116-1は毎日時刻を修正しています。これはコンディションの確認にもなっています。ブラックモンスターはこれができないので日差の確認が曖昧です。私の個体は進みがちで2日に一回、1分ほど遅らせるというやりかた。そういえばスペック表には日差35秒〜45秒になっていますね。WK2116-1はへたってきて日差-20秒程です。これは価格の差がありますから仕方ないかな。

・ガラスに傷が付く

これまた価格差のあるWK2116-1と比較してはブラックモンスターがかわいそうですが、WK2116-1はクリスタル。傷一つ付きません。

以上のマイナス面はありますが、視認性は抜群です。夜中でも一発で時間を認識できるのはありがたいです。WK2116-1を休ませる意味もあってしばらくはブラックモンスターを塡めることにしました。

|

« TOMYTEC GOLF2 GTI をリリース | トップページ | CASIO メモプリが6004円まで下がってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/55831611

この記事へのトラックバック一覧です: SEIKO ブラックモンスターを久しぶりに塡めてみた:

« TOMYTEC GOLF2 GTI をリリース | トップページ | CASIO メモプリが6004円まで下がってきました »