« My 3D Fish まるで水槽があるようなリアルさ | トップページ | IGZO SONYに供給!最強になる? »

2012/12/20

腕時計の電池交換に挑戦

Gショックなどは裏蓋のビスを外せば電池は簡単に交換出来ます。しかし普通の腕時計はきっちりステンレスの蓋が閉まっており簡単には外せない構造ですね。

今までは街の時計店などで交換してもらって1000円ほどを支払ってきました。技術料はもちろん必要で正当な代金とは思いますが、電池そのものの値段は100円もしません。裏蓋オープナーを499円で購入したので自分でやってみることにしました。価格の安い時計の裏蓋を開けるのは、このオープナーで簡単にできます。

しかし、ちょっと高めの時計になるほど開けるのも簡単にはいきません。というか「固い」のです。スカーゲンの裏蓋を開けるのもかなり苦労しました。それでも開け口(ひっかかり)がどんな時計でもあるので、そこにナイフのようなオープナーを引っかけてテコの原理で力一杯押し上げれば開けることはできるはず。

スカーゲンもやっとのことで開けることが出来ました。あとは簡単。電池の番号を控えて、単品売りの電池ショップで注文。入れ替えれば動き出します。これが気持ちいい!

たとえば 、スカーゲンの電池ならこんな感じで購入できます。

|

« My 3D Fish まるで水槽があるようなリアルさ | トップページ | IGZO SONYに供給!最強になる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/56359357

この記事へのトラックバック一覧です: 腕時計の電池交換に挑戦:

« My 3D Fish まるで水槽があるようなリアルさ | トップページ | IGZO SONYに供給!最強になる? »