« 確かに旨くなった 吉野家の牛丼 | トップページ | emachines E732Z USB無線LAN子機でやっと快適WiFi生活 »

2013/04/20

11年前のXPノートを復活させるべく奮闘中

VAIOの256MBメモリ・30GBHDDという今では低スペックなノートPCを譲り受けました。起動は遅くHDDのカラカラ音がいつまでも鳴っています。

何を立ち上げるにしても超待たされる、、、

まずは不要ファイル(アプリ)の削除と常駐アプリの削除、そしてデフラグ。これだけでかなり速くなった気がします。少なくとも立ち上がりはかなり速くなりました。

さて以前から興味があったのがHDDをSSDに換装する、ということ。MacBook AirはSSDなのですが、立ち上がりに関しては超速いし、その他の動作も不満はありません。だからVAIOにもかなり期待を持っていました。ところがSSDの購入者レビューを見ると、確かに立ち上がりは速くなるが、Webの閲覧やアプリはかえって遅くなってしまう、という結果が多いようで、、、もちろん価格にもよりますが、こんな低スペックなPCに高価な部品は必要ありません。そこそこ、いや、かなり安い商品にたいしてのレビューですけど、、、だいたいもうIDE接続のSSD自体が少ないそうで選択肢も多くありません。

そこで思いついたのが「メモリ」の増設です。以前にもiMacやemachinesのメモリを増やして格段に速くなった経験があります。SONYの公式スペックではあと256MBしか増設できません。期待はできませんが楽天で中古部品が480円+送料160円で売っているので試しに買ってみることにしました。さて結果はどうなることやら???

それにしてもこのGRノート。今では考えられないくらい超重いです!スペック表では3kgと書いてあります。

|

« 確かに旨くなった 吉野家の牛丼 | トップページ | emachines E732Z USB無線LAN子機でやっと快適WiFi生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/57213866

この記事へのトラックバック一覧です: 11年前のXPノートを復活させるべく奮闘中:

« 確かに旨くなった 吉野家の牛丼 | トップページ | emachines E732Z USB無線LAN子機でやっと快適WiFi生活 »