« 鶴舞公園 バラ園と菖蒲園は見頃です | トップページ | 名古屋駅コンコースのPanasonicブースで充電池セットをGET »

2014/06/01

滋賀県 霊仙山に登ってきました(1時間半ロス&ヒル出現)

霊仙山は米原ICで降りて15分ほどで登山口(醒ヶ井養鱒場経由)に着きます。この登山道の最初は、かつて集落があった所を通過するんですが独特の雰囲気が心を引き締めます。

ほどなく二合目で分岐、正規ルートは左、現在、崩落で通行止めになっている周回ルート(名前は知りません)の2方向があります。周回ルートの途中には「廃村」、しかもまだ新しい廃村を通過するそうで、なかなかの冒険ができるとか?

で、崩落で通行止めになっているルートに行くのですが、急激に降っていき(足場は緩く危ないです)谷底に。大小の岩が散乱。ここまできて完全にルートを見失いました。先人の赤テープは発見できましたがその先がサッパリ??

ここで1時間半、右往左往、道がありそうな場所を探し求めましたがとうとう断念、、、(MAPの左下付近の迷走跡)

汗拭き峠まで戻って正規ルートで登頂です。が、この迷走でひどく疲れてしまって東海自然歩道並みに歩きやすいのにヘトヘト、、、、見晴台付近の木陰で休憩。ここで頭に巻いていたタオルを外すと鮮血か!!もしやガレ場で転けたときに頭を強打した?自覚はないのだが?

汗まみれになったシャツを着替えてみたら、なんと「ヒル」が付いているではありませんか!6月からヒルが出没すると書いてありましたが、、、このヒルは非常に厄介で、食いついた場所に血液が固まらない液体を注入するので、いつまで経っても出血が治まりません。

余談が長くなりましたが、ここからユルユルと山頂に向かって登っていきます。坂を登り切ると広い平原みたいな所に出ますが、まだまだ8合目。なだらかな平原を山頂目指して進んで行きます。

8:30から登り初めて12:00に到着ですから、実質2時間かかったことになります。

山頂は1084m、風が吹けば真夏でもちょっと肌寒く感じるかもしれません。名も知らぬ蝶が多くいました。本来なら見晴らしが良いはずですが、今年初めての黄砂の影響か、靄がかかったようで、あまりよく景色が見えませんでした。

ここからもう一つの山頂、最高点へ移動して下山しました。

それにしても何故、この霊仙山だけが「はげ山」なのか知識のない私には不思議でした。

|

« 鶴舞公園 バラ園と菖蒲園は見頃です | トップページ | 名古屋駅コンコースのPanasonicブースで充電池セットをGET »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/59741001

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県 霊仙山に登ってきました(1時間半ロス&ヒル出現):

« 鶴舞公園 バラ園と菖蒲園は見頃です | トップページ | 名古屋駅コンコースのPanasonicブースで充電池セットをGET »