« MacOS X YosemiteでもLazyMouseが使えた | トップページ | Lumia520 Windows 10  Mobile Preview やっとなんとか動く程度にはなってきた »

2015/07/08

MacOSX Safari8.0.7 調整しても次回起動時に画面一杯に広がってしまうのを防ぐ設定があった

いつの間にかSafariのウインドがいっぱいに広がってしまって使いにくくなっていました。Yosemiteのアップグレート時?ではなくたぶんSafariのアップデート時です。何度小さく調整しても次回起動時にはまた一杯広がってしまって、、、、以前は好みの大きさを覚えてくれていたはずが、、、

そこでもしやとSafariの環境設定を開いてみると一番最初にありました。

一般タブ>Safari の起動時:という選択ウインドが「最後のセッションの全ウインドウ」 になっていました。これを「新規ウインドウ」にしたところ、自分の好みの大きさを保持して開いてくれました。

これでまた小さな悩みから解放されることとなりました。

|

« MacOS X YosemiteでもLazyMouseが使えた | トップページ | Lumia520 Windows 10  Mobile Preview やっとなんとか動く程度にはなってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/61860076

この記事へのトラックバック一覧です: MacOSX Safari8.0.7 調整しても次回起動時に画面一杯に広がってしまうのを防ぐ設定があった:

« MacOS X YosemiteでもLazyMouseが使えた | トップページ | Lumia520 Windows 10  Mobile Preview やっとなんとか動く程度にはなってきた »