« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015/08/23

明治村ライトアップに行ってきました

明治村のライトアップに行ける今年最後のチャンスなので重い腰を上げ行ってきました。平日は閑散としている駐車場は満車。臨時駐車場まで一杯のようでした。浴衣で来場すると500円になるせいか、男女とも浴衣姿の若者が多かったです。う〜ん、日本人ですが一度も浴衣を着たことが無い。子供の頃は別としてちょっと考えさせられました。そういえば洋服姿はおっさんばかりだったかも、、、、、

今回はPENTAX Q10を持っていたのに速攻バッテリー切れ!!!!!!アホな!!!仕方なしに8.1に戻したばかりのLumia520で撮影しました。今回ばかりは気に入った写りの写真がありません。来年こそは、、、

そういえば、今年もマッピング上映会を行っていましたがイマイチ現代風なテーマで面白味がありませんでした。

夜間限定ガイドが2棟で行われていましたが、けっこうな人で移動が大変そう、今回は諦めました。その一つが写真館。モノクロで写すとホラーハウスのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

可児市 鳩吹山に登りました

鳩吹山に登るのは3回目です。340m前後の山を3つ周遊するコースができていますから低山ですが起伏が激しく決してハイキング感覚では行けません。(自分的には)

ただし、かなり軽装で登っていらっしゃる方も多いですけど、、、、

それでも過去二回の登山では最初の登り初めがきつく感じるだけで、あとはそんなにキツかった覚えがないのですが、今回はもう最初の段階で異変が、、、、

ズボンの膝が汗で濡れ始めました。こんなことは初めてです。天候は曇り。もしかして湿度が非常に高かったのかも?

鳩部基山山頂に着く頃には非常口まで汗で濡れてきました。この部分が濡れていると非常に恥ずかしいんです。なにかお漏らししてしまったようで、、、、、

西山へ毎回、北回りで行っているので今回は反対から(ほとんどの方がこちら)登ろうと思ったのですが、直ぐ前方に女性2人組がいらっしゃったのでまたまた北回りへ、、、

しかし最初から体調が不良?の体では北回りはキツかったです。途中、何度も休みながらやっと西山山頂に着きました。本当はここから3つめの山に登った食事をするはずでしたが、もう力が残っていません。おかしいですね、、、、

帰りも今まで経験したことがないくらい登りがキツく感じられて辛かったです。駐車場に着いてほんとうに安堵しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lumia520 Windows10previewで超不調になりまた8.1に戻す塡めに

WindowsPhone10preview10512 にして当初は不具合も解消され楽しく使っていました。ところが最近はホーム画面の表示ができないことが多々あるし、たとえできたとしても操作が緩慢だったり固まっていたりとストレス溜まりまくりです。

これでは実用に耐えません。昨日の登山にも携行なし。GPSを受け持って欲しかったのですが信頼度0ですからね、、、

その前にダメ元で「初期化」して日本語キーボードがダウンロードできるか試してみました。結果はNO!10512でも改善されていませんでした。(初期化とは10512の素の状態に戻すことです)

はぁ〜、次のバージョンまでお預けかぁ、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DMMmobileからNifMoへ乗り換え

格安sim9社比較という記事を読んでDMMが総合最下位になっていたのに失望。東京でのテストなのでここ名古屋では違うかも知れませんが、、、、

評価が総合1位になったのがNifMoでした。1Gプランで640円というのは業界最安。しかしこのプランでは3000円キャッシュバックが受けられません。

そこで3Gプラン月900円というのに申し込みました。3Gも使わないのですがもともと@Niftyユーザーなので毎月200円が割り引かれます。なので3G月700円。1Gプラントに違いは60円ですのでここは3Gプランを選択ですね。

3000円キャッシュバックキャンペーンはNifty公式ページから申し込み、且つ8月31日までに申し込んだ人のみ適用ということですから急いで申し込みました。これで登録手数料相当が浮くことになります。

DMMはsimのみなので解約手数料等はかかりませんし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/20

F-toys 航空ファンセレクト 五式戦

5式戦は飛燕の胴体をどうにか使えないかと信頼有るエンジンに積み替えた機体ですが、部隊の評判はよかったようです。

飛燕のV12気筒エンジン(凄いな)部品であるクランクが日本では作れなかったそうで、潜水艦でドイツから輸入していたほどでした。その為、首なしの機体が沢山ある状態。そこで改造されたのが五式戦でした。

こうやって飛燕と並べて観ると私は五式戦の方が格好いいと思えるのですが。何故かこのモデルには増装が付いていません。今までほとんど増装は付いていたのにね?あと最近よくあるのですが、防風の塗装が薄くてリアルさが減っています。ここは自分で書き足すしかないのかなぁ、、、

今回はLumia520の調子が悪く、XPERIA Z1fで撮影しました。よっと寄りが悪くて迫力が足りないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lumia520 Windows10(10512)でスタート画面が出なくなる症状

Windows10(10512)にアップデートして暫くは快適に使っていたLumia520ですが、突然まったくスタート画面が表示されなくて「再開中」のアナウンスが延々と、、、再起動しても全く同じ症状。ただし上から引き下げる設定子ニュー等は使えるのでそこから設定に入り色々やってみましたが効果無し。

何度目かにスタート画面がかろうじて表示されるも、まったく反応しません。

それでもアプリメニューには行けるので、そこから「SuperCleaner」というアプリで必要ないメモリを削除したらやっと動くようになりました。やはりメモリ関連のトラブルだったのでしょうか?非力なLumia520ならではの症状でしょうかね?

これからは時々、メモリークリーンしなければ、、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/08/19

親父のスマホをイオンモバイルに変更

今まで親父のケータイはdocomoのらくらくスマートフォンでした。しかしほとんど使用しないのに毎月4000円超の課金は高すぎる!

そこで今回はイオンのイオンモバイルを契約することにしました。店頭ですぐに開通できることが条件だったので、、、

端末は一番安い3G回線専用機のgeaneeというものにしました。一括で購入価格は15120円です。ごく少量の通話しかしないであろう親父にはこれでちょうどいいかと。それでも天気予報やニュース、株価も見ただろうと1Gプランで契約しました。動画を見なければ(私の経験上)これで十分過ぎます。もちろん音声通話もできるので(1分20円)問題ありません。1ヶ月の料金は1350円(税抜き)です。これは2年間適用で、その後は1600円だそうです。その時はDMMなどもっと安いSIMに切り替えれば良いんですから。

スタート画面はらくらくスマートフォン的にシンプルにまとめました。

あとは電話に出るときやロック解除を覚えてもらえば問題ないはず、、、、、、、、です。

追記:5インチですが大きすぎる感じはしません。Android4.4.2(アップデートにて)のクワッドコア1.3になんの不満もありません。サクサク動く印象です。

カメラ機能は意外に充実していてHDRは勿論のこと、クイック起動や各種設定があります。メインスイッチの「再起動」メニューは嬉しいですね。XPERIA Z1fには無い機能です。

あ、心配なことがありました。ストラップホールがないので落としてしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/18

Lumia520 Windows 10 preview for phone(10512) やっとまともに動くように

WebでWindows 10 preview for phone(10512)がアップされたと知って、Lumia520に入れてみました。

結論から先に言えば「やっと普通に使えるようになった」という感じです。前バージョンの10166ではスタート画面は表示されるようになって一見、使えるようになったと思ったのすが、

1:カメラが起動しない。(ブラック画面から先に進まない)

2:フォトがクラッシュして表示出来ない。(その為にスタート画面の画像選択ができない)

この2つのアプリが利用できないことがかなりの欠点と、もっと重要な事は8.1からのアップグレードなら日本語キーボードもそのまま引き継がれるのに、クリーンインストール(というか、初期化)すると日本語キーボードはどうやってもインストールできないということ。

で、今回も(というかこの方法しかないのですが)WindowsInsiderというアプリからアップグレードを予約して8.1から10にアップグレードしました。

しかしながらアップグレードしてみるとカメラもフォトも使えません。バージョンを確かめてみると10512ではなく10166でした。あれ?

ここから何度目かの更新をかけてみると画像のように10512が利用できると、、、

長いことかけてやっと10512に更新できました。(設定やIDはすべて引き継がれました)で、肝心のカメラとフォトは?

バッチリ起動します。これなら大方、日常的に使うことは出来ますね。

設定からスタート画面の画像を選ぶと「画面全体」を選んでも横幅が足りないとか、それでもしつこくやり直しているとスタート画面が開かなくなるとかの細かなバグは残っています。outlookメールで送信すると送信終了画面がでなくて、ずっと送信している画面のままとか。(ただし送信自体はできています)

そうそう、PC版と同じように最新バージョンでは起動画面でpreviewの赤い文字が消えています。完成間近なのですかね。

バッテリーの保ちはまだ2日目なのではっきり分かりませんが、ちょっと8.1より減りが早いかもです。

とにかくこれで5回くらい繰り返した「8.1に戻す」作業はしなくて澄みそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/14

XPERIA Z1f 今日の夕焼けはダイナミックでした

ふと外を見ると久しぶりに壮大な自然を感じさせる夕焼けが目に入ってきました。一刻も早く写さないと、すぐに日は沈んでいきます。

XPERIA Z1fで撮影しましたが、どもうこのカメラは素直でなく頭で描いた色が出ません。こんな時にLumia520があればどういった風に写っていたでしょう?HDRならもっとダイナミックに写っていたかも?

それでも数枚写した1枚がそこそこの感じで写っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/12

F-toys 航空ファンセレクト2 4式戦 疾風

今回も買うつもりはなかったのですがビックカメラ名古屋駅前店に「残り4個」という後輩からの情報を得て4個まとめて買いました。

買うつもりはなかった、というのは「航空ファン」セレクトといっても所詮、以前に出した機体の寄せ集め。新たな金型なら話は分かりますがデカールのみ新カットだそうで、、、当然ながら全機種もってるはずですし、、、第一、セレクトするなら「隼」は欠かせない存在なのに(多分)まだモデル化されていないから入っていないのでは?零戦が3機種も入っているのも大雑把で嫌いです。(ただしシリーズの2というからには1も有ったのですね。そこに雷電とか隼が入っていたのなら御免なさいです)

それは置いといて買ってしまった理由の一つに「疾風」の存在がありました。たぶん持っているんですが手元にないので。このモデルは造りと言い塗りと言い素晴らしい出来です。一つだけ難点をあげるとすれば防風ガラスと機体の合わせ面が甘い、ということぐらいです。細かなところまで再現されていて。例えばフェールクーラーなんて2mmほどの小さな部品まで再現されていました。(機体の下部にあり)

そうそう、もう一つだけありました。デカールがやっつけ仕事のように大雑把です。余白部分が大きくずれていて修正無しでは貼れません。

ま、文句ばっかりかも知れませんがここまで精密に再現してくれたF-toysさんには感謝しています。次回は隼の1型、2型とかを出して欲しいところですが、かなり違いがあるので同じ金型というわけにはいきません。地味すぎて両方は無理ですね。

余談ですがLumia520で撮影しました。なるべく実機ならカメラマン目線はどれくらいかを考えて写すときれいな感じに撮れると思います。(最後の画像や後からの画像がそんな感じでしょうか。実際はもうちょっと低いくらいがいいんですが、、、)

追記:ほんとうに腹立たしいのは搭載の20mm機関砲です。零戦に搭載されていた信頼有る20mm機関砲とは別物!陸軍独自開発の20mm機関砲は故障が多かったそうです。ここまで陸海が別々な仕様とは、、、、、、(さすがにエンジンは同じ物を使ったみたいですが名称は別々。あくまで独自仕様と思いたかった?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガチャ 日本の動物コレクション 日本アルプス編 雷鳥(夏羽)

今まで出ているのは知っていましたが飼うのを買うのを躊躇っていた日本の動物コレクション 日本アルプス編にチャレンジしました。その前になぜ躊躇っていたのか?やはり7種類の内にダイヤモンドテントウとかヤマネとかいう小動物や昆虫が出ると悲しいからでした、、、

本当はツキノワグマ狙いでしたが、雷鳥(夏羽)でも当たりの方ですね。

この雷鳥、氷河期の生き残りだそうで、地球の温暖化により生息場所が高山に追い詰められた、ということです。その氷河期を思わせる毛の生えた太い足こそが雷鳥の特徴です。オスはまぶたが赤い肉なのです。興奮すると大きくなるとか。知ってるつもりの雷鳥にはこんなドラマがあったのです。

こうなると「イヌワシ」も欲しくなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/11

ウイングキットコレクションVS2 フォッケウルフ Ta-152H

やっと出た、ドイツの最終傑作機 フォッケウルフ。名前は知っていましたが詳細はまったく知りませんでした。解説を読んでびっくり。150機程度しか製造されなかった最新鋭機。スーパーチャージャーを搭載して12000mの高空でも750km/h出したとか。P-51さえ振り切ったらしいです。アンテナは下部に集中しているのも初めて知りました。薄く横に伸びた翼はグライダーのようです。これも超高空に対応するためだとか。とにかく私の知っているフォッケウルフとは違って超高性能な機体でした。

追記:私の知っているフォッケウルフが我が家にありました。並べて観ると全くの別物。翼面積もエンジンカウルの大きさも違いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍しい太陽の周りにリング状の虹が

本日、11時頃にスタンドで自動車を磨き上げていたらボンネットに丸い虹が映っていました。お〜、コーティングが効いているなぁ、と思っていました。しかし念のため空を見上げるとコーティングのせいではなく生まれて初めて見た、太陽の周りに虹がまん丸に出ていたのでした。

薄い雲に反射したのか、それとも天変地異の前触れか?とにかく珍しい風景に出会いました。(上がボンネットに映った珍現象、下が実際に空を見上げて写した風景です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/04

徳川美術館に没後400年 家康の遺産 を見にいってきました

8月から特別展が始まったので徳川美術館に行ってきました。目当ては日本刀なんですが、その他にも家康着用の鎧数点や着物など一級品がずらりと展示してありました。今まで軽く通り過ぎていた最初の展示物、それにも大変な価値があるのを知りました。馬印はなんと関ヶ原の戦いで実際に使われた物だそうで、凄い!!

常設展の日本刀も凄かった。国宝 村正は妖刀と言われていますが実際にはそんなことはなく家康も所持していたそうです。それよりもっと迫力というよりシンプルなのに凄かったのが信長愛用の刀です。なんといっても漆黒の「鞘」がしぶい!!その隣にあった儀礼用のキンキラ装飾の家康の刀よりよっぽど存在感があります。

蓬左文庫も80周年だそうで、こちらでも特別展をやっていました。あの有名な家康が三方原で敗れた直後に書かせた戒めの自画像を見られたのは幸運だったです。

日本刀ですが、最近はなんでもスマホゲームが女子に人気だとか?実際、それ目当て(日本刀)の高校生風の女子が沢山、刀や太刀に見入っていました。蓬左文庫に展示してある国宝の太刀ですが、真ん中辺りがちょっと欠けていたのが印象的でした。実際に使った?

なんでも江戸時代になると刀の名品は美術品としての価値が高くなり実戦向きではないとか?実戦用は(流派にもよりますが)出刃包丁みたいに分厚く、刃紋なんて皆無、切っ先も多面ではなくごつい代物だとか。徳川美術館にも珍しく一度も磨いたことがない本当の刀があるそうですが、今回は展示されていませんでした。

画像は旧本館入り口付近です。現在は表から立ち入ることはできませんが、中からは入ることが出来ます。切符売場らしき構造が見てとれますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外に読みやすかったバックライトなし電子ブック KOBO Touch

普段は寝落ち用に電気を消しても読めるバックライト付きKOBO Aureを使っています。休みの日に洋服を大整理、後輩がどうせ捨てるなら売りに行けば?というアドバイスで要らなくなった洋服をセカンドストリート(という名前だったかな?)に売りに行ったついでにショーケースでみたKOBO Touchが2900円で売っていたのでつい買ってしまいました。(ちなみに当然ですが洋服の買い取り価格はただ同然でした、、、それでも1500円はあったので捨てるよりはマシですね。)

期待し帰って開封してガッカリ!バックライトなしの初回はPCに繋げないと起動すらしない初期のものでした。それでも気をとりなおして購入してある本をインストール。

そこで意外なことに気がつきました。意外に読みやすいんです。何が良いって文字がクッキリ、ハッキリなんです。暗闇では勿論読めませんが、ちょっとした灯りがあれば読むことはできます。昼間はバックライトありより読みやすいくらいですし。

というわけで本来要らなくてもよい2台持ちの電子ブックですが、暫くはKOBO Touchでの読書が多くなりそうです。

画像の右がバックライトなしのTouch、左がバックライトを点けた状態のAureです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイングキットコレクション VS2 テンペスト Mk.V

今回のウイングキットコレクションVS2に日本機が入っていないので、あまり乗る機ではありませんでしたが取り敢えず買ってみたところいきなりダブりました、、、、3機買って3機ともテンペストでした。しかも2機が同じカラー、、、

テンペスト、昔はホーカーテンペストと呼んでいましたが、あ。トリセツにもホーカー・テンペストと書いてありました。

私的には、あまり馴染みのない機種のテンペスト。スピットファイア-やハリケーンより一回り大きな機体で800km/hも出たそうです。あのV1ロケットを3ヶ月で600機以上撃墜したとか。ジェットのMe262さえ撃墜されました。20mm機関砲4門は重装備ですね。

キットで難しい箇所は1つ。主脚の補助棒の取り付けが細かくて難しいくらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »