« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017/05/26

BMW F20 知らぬ間に4つの窓が全開に!

一週間も車庫に入りっぱなしで車はほこりで白くなっている!ちょうど突然の大雨となったので急いで「自然のシャワー」を浴びることに。門扉を開いて車のドアを開けると何かおかしい?あまりにも窓が透明すぎる!手を入れてみるとなんと全開です。車に乗り込んでみて周りを見渡すと4枚の窓、全てが全開になっていました。これはおかしい!?パワーウィンドウのスイッチは人間心理を利用してボタンを下げると窓が下がり、上げると窓も上がるように作ってあるので脳が間違えようにないんです。(たぶん) となると誰かがイタズラしたのか?

ネットで調べるとF10で同じような全開状態の経験をされた方や3シリーズで経験された方もいるようですね。

思い当たる節は、リモコンキーを高いところから落とした事くらい。ショックで誤作動した?あるいはポケットに入れたまま運転していて知らぬ間にリモコンを長押ししていたとか?(いや、音で分かるでしょ)

3年目にして初めての経験で少々気持ちが悪いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/24

国立科学博物館 零戦21型画像データ集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国立科学博物館に大英事前史博物館展を観てきました

ビックサイトでの仕事も終わったので一度行ってみたかった国立科学博物館へと上野に。ところで自分が知らなかっただけとは思いますが、「東京上野ライン」というJRの路線が?なんかこれが一番速く上野に行けそうなので乗りましたが通勤列車風なのにグリーン車が繋がっているなんて!この列車、帰りに乗った名鉄の通勤車両と内装はまったく同じ事に気がつきました。でもJR謹製だったような?

と言うわけであっという間に上野に着きました。今は修学旅行シーズンなので大勢の学生団体がいました。

博物館の入り口にD51が置いてあったのが予想外の驚きでした。中学の頃の憧れの機関車があるなんて!そうそう、国立科学博物館は入場無料というのにも驚きましたね。ただし大英自然史博物館展は1600円でした。

とくに目的はなかったのですが「始祖鳥」を拝めたことが一番の収穫かも?

撮影可能とのことなので撮影しました。それより常設館のほうが良かったかも。大きな隕石や零戦21型の本物にも感動です。ここで新たな発見!零戦の尾部はライトが点くように透明部品になっていたことです。今まで知らなかった!恐竜の骨格も迫力満点でした。(本物かどうかは不明です)

そして日本展示館自体がもう博物館級(あ、博物館だし)の建物でした。

画像はありませんが日本人の蝋人形?は本物と見分けが付かないくらいリアルすぎて恐かったです。パントマイムで毎日勤務しているのかも?

剥製や標本もそれこそ日本で一番の「品揃え」です。行って良かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/23

東京ビックサイトに環境展を見てきました。

1495515519767.jpg
仕事で来たのですが、初日の午前中だからか人は少ない感じです。
場外は海風で寒いくらいですが、会場内は暑かったです。午後からは、ユリカモメに乗って上野まで、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/17

鳩吹山 西山下山で道を間違える

低山なのに山頂まではけっこう急斜面で、とても初心者向けとは、、、というのも今回、とっても苦しくてもう引き返そうかと思うくらいでした。なぜこんなに辛かったのか?山頂に着いた頃には元気を取り戻したのでしたが。

そういえば後に間違えて行き着いた神禅寺登山口に張ってあった張り紙の「警察への通報ワースト7」というのも頷ける険しさ?です。

それはそれとして、北回りで西山見晴台付近で休憩後、鳩吹山へ向かう途中、二股の道が。今までの経験ではすぐに合流するはずでしたが見たこともない風景、具体的には巨大な墓地がすっと見下ろせる。こんな風景は初めてです。絶対おかしいと思いながらどんどん下山していくと西山登山口という空間に出てしまいました。う〜む、でも鳩吹山は見えているので半舗装の林道を下っていくとさきほど見えていた墓地に出ました。ここが神禅寺登山口だなと。(この登山口が分かりにくいんですがトイレがいかにも登山道入り口っぽいので分かりました)

そこから鳩吹山までは直上コース!きつかったです。登り着いた先は例の電波送信施設手前でした。ここに出るのかぁ〜。そこからすぐさま駐車場に下山しました。

何回も登った山でも道を間違えることがあることを知りました。

そうそう、西山口ルートからだと名古屋駅付近の高層ビルもかすかに見えるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/09

Q10 名古屋城をモノクロ撮影で遊ぶ

久し振りの休みを1日半もグダグダ。ここは近場の名古屋城に行ってQ10のモノクロ撮影で遊ぼうかと。Q10ならフィルター機能があるのでモノクロでオレンジ(肌色があれば最高なんですが)フィルターを使って曇天でもクッキリ写せると、、、、

しかしながらまたもや、どこにフィルターがあるのかメニューからたどり着けませんでした、情けない。ホワイトバランスを曇りに設定してお茶を濁しました。

Q10には50mm固定焦点を載せているので意外に良く写ります。

外堀には藤棚が釣ってあるんですが、まだ咲いている所もあったのでカラーに切り替えて写しました。

外堀には鯉が放たれているみたいですが以前からあったかな?よく知りませんが鵜も来ていたような?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/08

川浦渓谷凄すぎ!とにかく深い!

なんか友の話では訪れるのは2回目だそう。でも自分的には初めて見る凄い渓谷!川浦(かおれ)渓谷はとにかくなぜこんなに削れたのかいうほど深いんです。

ここも板取温泉をさらに奥へ進んで左に折れた行き止まりまで行く道にあります。こんなに迫力があるのは3つの川が強引に1つになってなっているからかな?

メインでいった蕪山より画像が多いことが物語っているかも、、、とにかく驚きました。その割には奥深い土地なので訪れる人は少ないです。GWなのに少なすぎるくらい人はいません。板取やモネの池に行ったらここも絶対見て欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜、板取の蕪山は1000mそこそこなのに、かなりキツかった!

前日(4/29)に有名なうだつの街近く、美濃橋下でキャンプをすることに。ここは何度かテントを貼っているので勝手は知っています。親友3人で早速キャンプの用意です。夕暮れはゆっくりと漆黒の川辺に。

そうなると「ガソリン」を注入していてもかなり寒くなってきます。5月になろうとしていても寒い!フリースにダウンジャケットでも寒かったです。2人はバーボンまでからにしてガソリンを焚いていましたが私は早々にテントの寝袋へ、、、(その前にたき火を写しましたが、なにやら炎に写っていたりして、、、、)

さて明けて30日。例のモネの池を通過して板取小学校付近に蕪山はあるのですが、その麓が凄いことになっていました。木の株(700年前くらい)が太古の地球のようになっているのでした。友から話は聞いていましたが見るまでまったく想像できませんでした。これは凄い!

これだけで観光に来る人が大勢います。

写真ではスケールの奥深さが表現できません。動画もイマイチ伝わっていないですね。

この株を通り過ぎると本格的に登山道になります。標高は1069mですが麓から登ることになるのでかなり距離があるように感じました。時間にして2時間20分と、とりわけ長いわけではありませんですが、とにかく最初は「直上」コース的に登っていきました。またアップダウンも激しく、少ない体力が消耗していきます。

あれ?そのせいか山の写真は1枚?おかしいですね。

下りは2時間3分'1時間半という友の指摘で修正します)で下山しましたが、久し振りということを差し引いてもかなりきつい登山行程でした。それでも山頂には様々な年齢の人が大勢休憩していたので自分がダメなだけだったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW中の「モネの池」の混雑は凄かった(4/30)

岐阜の板取付近、蕪山に登るため、前日キャンプで早朝に出発。蕪山には例の「モネの池」前を通過するので寄ってみることにしました。まだ8時前なのにもう第1駐車場は満車状態です!池の周りにはもう人だかりでした。

自分的にはあまり感動はしませんでしたが、確かに鯉が寄ってくると綺麗ではあります。

帰りにも前を通りましたが第2、第3駐車場まで一杯でしたね。あれだけで板取の山深く皆さんが押し寄せることが一番驚きだったりしてw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Xperia X Performance SIMカードを電源ON中に引き抜いたら面倒なことになった

microSDカードに音楽を追加するためにSIMカードスロットを引き抜いたら電源を再起動モードにされました。音楽を入れて元に戻したら再起動。

それからが大変というか面倒になってきました。

まず、Googleから電話番号の確認を国際番号から求められ、、、え〜と81ではダメでその頭に+を付けないと「日本」にはならないんです。やっと承認と思いきや6桁の番号を送ったので承認なんとか、、、でもなんとか自動でOK。

つぎにdocomoからもすっかり忘れてしまっているパスワードを求められ、、、4桁ではない方のPW。いやー以前はここまで求められなかったんですけどね、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »