« 23日のUSJ 行きは台風の通過で波乱ずくめ | トップページ | 心斎橋のデニム&サプライ はやっぱりPOLO に変わっていた »

2017/10/25

阪堺電軌上町線はタイムスリップゾーンだった

あべのハルカスから住吉大社へ行くのに変わった名前の鉄道を見つけたので乗ることにしました。あべのから、てっきり地下には行って地下鉄みたいな電車に乗るのかと思っていたら、いわゆる「チンチン電車」だったのには驚きました。道路上を走るのも珍しかったのですが所々で電車専用軌道(ふつうの電車が走っている所)に入る区間も点在していて、「もしかして昔から幼稚取得が困難だったから?」とか想像したりしながら乗っていました。そしてもっと驚いたのが一般的に言う「裏道」道路に電車も入っているということ。大通りでの路面電車は当たり前ですが、ほんと生活道路に走っている所が凄い!そしてまだあります。その町並みが昭和、それも昭和30年代という感じがそのまま残っていることです。(画像は言っているところの生活道路ではありません。この画像よりもっと狭いです。けど自動車も走れる。)

住吉大社に到着しましたが、なんか思い出しました。ここは漁業の神様だったような思いです。今はすっかり内陸部になってしまった各地にある住吉神社はかつて、海や河川のすぐ脇に鎮守していたはずです。

だれでも知っている住吉大社ですが、平日に訪れる人はほとんどいません。

他の有名な神社と比べてもかなり古い構築物が残っているのに、、、

とにかく電車マニアで無くても一度は乗ってみる価値がある鉄道でした。電車と言うより風景が懐かしすぎます!

画像にはありませんが、電車道と道路との分かれ目がスパッと変わってます。自動車が突っ込まないのかな?

|

« 23日のUSJ 行きは台風の通過で波乱ずくめ | トップページ | 心斎橋のデニム&サプライ はやっぱりPOLO に変わっていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50801/65963182

この記事へのトラックバック一覧です: 阪堺電軌上町線はタイムスリップゾーンだった:

« 23日のUSJ 行きは台風の通過で波乱ずくめ | トップページ | 心斎橋のデニム&サプライ はやっぱりPOLO に変わっていた »