« ベランダの屋外灯をLEDセンサーライトにして夜には自動で点灯するようにしました | トップページ | 小牧空港(航空自衛隊小牧基地)へブルーインパルスを観に行ってきました »

2019/02/28

夏目漱石 虞美人草 半分過ぎからやっと分かるようになってきた

以前に、虞美人草は哲学と戯曲が入り交じった難解な文学、と書きました。さっぱり話の筋が分からない。登場人物が分からない。

しかし、ガマン強く読み進んでいくうちに段々と分かるようになってきました。

登場人物の識別が出来なかったのが、独り一人に焦点を当てた章があったり、「謎の女」が誰か分かったり、やっと夏目漱石らしい内容になってきました。相関関係が分かってきたから、というより意図的に分かるように書き出したから?

そもそも、男性陣は同級生だったり先輩だったり、女性陣はその男性陣の妹たちであったり恩師の娘であったりで、まるで小学校の頃にイギリスの推理小説を読んでいてちっとも登場人物が覚えられなかった時のようでしたから。登場人物が多いし場面が変わりすぎて、、、

でも、半分過ぎたらもう面白くて先に先に読み進にたくなり、、、

小説家専業になった初めての作品だそうですが、これ以後の漱石の作品の基礎になる大事な作品だと思うようになりました。

|

« ベランダの屋外灯をLEDセンサーライトにして夜には自動で点灯するようにしました | トップページ | 小牧空港(航空自衛隊小牧基地)へブルーインパルスを観に行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏目漱石 虞美人草 半分過ぎからやっと分かるようになってきた:

« ベランダの屋外灯をLEDセンサーライトにして夜には自動で点灯するようにしました | トップページ | 小牧空港(航空自衛隊小牧基地)へブルーインパルスを観に行ってきました »