« 早朝に鶴舞公園、那古野神社、名城公園をハシゴして桜をちょっとだけ愛でてきました | トップページ | ガチャ ジムニーJB64W 300円にしてはよく出来ている »

2019/04/01

夏目漱石 「彼岸過迄」も読み始めから面白い

難関の虞美人草を読み上げ、夢十夜 文鳥で一息ついたので「彼岸過迄」に取り掛かりました。なんでも題名に意味は無く彼岸までには書き終えるから単純に付けたとか巻頭で書いてありました。暫く体調を崩して休んでいたので、是非とも今回は面白い小説を書かねば、とも自分で書いていますね。

で、いきなり面白い!下宿先の住人と仲良くなった話からちょっと色々あり、第二章で、友人の家に行ったら「例によって」見知らぬ謎の女性が友人の家に入っていった、という前にも漱石の小説にあった情景が広がります。

彼岸過迄も三部作だそうで続く「行人」から「こころ」に至るそうです。こころは先に読んでしまったのでもう一度読み直さないと、、、、

彼岸過迄は虞美人草と違って大変読みやすいというか、いつもの漱石調です。当時としては大変珍しいと勝手に思うんですが主人公や友人は必ずと言っていいほど大学を卒業、そして下女が2人はいるような環境になっていますね。

それでも下町の路地裏の住人達のちょっとしたエピソードも書き込まれていて読んでて飽きません。明治から大正も現代もけっこう似た生活を送っていたんだと。

|

« 早朝に鶴舞公園、那古野神社、名城公園をハシゴして桜をちょっとだけ愛でてきました | トップページ | ガチャ ジムニーJB64W 300円にしてはよく出来ている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早朝に鶴舞公園、那古野神社、名城公園をハシゴして桜をちょっとだけ愛でてきました | トップページ | ガチャ ジムニーJB64W 300円にしてはよく出来ている »