« 奈良まで近鉄で行きますが連絡が悪くて大和西大寺で一服 | トップページ | 奈良興福寺の再建された中金堂も観てきました »

2019/05/15

奈良国立博物館特別展 「国宝の殿堂 藤田美術館展」で国宝 曜変天目茶碗を行列して観てきました

ガチャガチャで国宝を揃えたときに、「オモチャなのになんて綺麗なんだろう!」と思った茶器があったんです。

曜変天目茶碗というのだそうで、なんと世界で3個しかないんだそうです!中国の宋の時代に出来た名器?でその3個はすべて日本にあるのだそうです。

で、今回の奈良国立博物館特別展で曜変天目茶碗が展示されると知って是非とも行かねば!と近鉄特急で奈良に行ったのでした。

まず、数年前と様変わり!ほぼ行き交う人々は外国人です。でなければ修学旅行生。日本人を探す方が難しいです。それも日曜日並みに混雑してました。あぁ、奈良までも、、、、、

しかしながら奈良国立博物館特別展は日本人が99%でした。知らないしね、、、(中国の方は知っているらしいですね)

でも、平日だから少ないでしょう?みたいな考えは甘かった、、、特別展示室をグルリと2重に並んでいました。正倉院展でもそこまでは並んでいなかったような?

じっくり観てきましたが、あまりにも暗いのでポスターのような銀河の大宇宙的なきれいな感じはしませんでした。それでも超珍しい茶器には違いないので良しとします。

ちなみに画像のガチャガチャは別の曜変天目茶碗です。もうちょっとざっくりというか宇宙的というか、違った美しさはありますよ。

その他で印象に残った展示物は?う〜ん、あの小学校(中学校かな?)の頃の美術の本でみた、口から南無阿弥陀仏を具現化した仏像が出ているお坊さんの像(名前失念です、、、)がありました。

|

« 奈良まで近鉄で行きますが連絡が悪くて大和西大寺で一服 | トップページ | 奈良興福寺の再建された中金堂も観てきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奈良まで近鉄で行きますが連絡が悪くて大和西大寺で一服 | トップページ | 奈良興福寺の再建された中金堂も観てきました »