« F-toys フルアクションシリーズ フォッケウルフ vs スピットファイア | トップページ | 名古屋市美術館の岸田劉生展に行ってきました »

2020/02/11

F-toys フルアクションシリーズ 彗星艦上爆撃機

たしか第二弾だったような気がしますが、やっと組み立てることが出来ました。どうもフルアクションにこだわるが故に組み立て難い箇所があったり立て付けが悪かったりと問題はありますがそこまでやってくれた努力には感謝します。

エンジン周りや操縦席内部など、かなり精密に再現されていますが組み立てるとまったく見えなくなってしまうのは残念です。

たしか彗星の本も読んだ記憶ですが、ほとんど記憶に残っていません。あまり活躍できなかったのでは?積んでいるエンジンが水冷エンジン。日本では精密加工が難しく故障ばかりしていたと。

デカールの件ですが、やはりフラットクリアを塗ってからデカールを貼り付けても艶消しにはなりませんでした。貼ってから塗るのが正解なようです。

このモデルもエンジンカバーが外せるのですが、あまりにもカッチリ成形されていてハズそうとすると壊れそうで。せっかくの水冷直列エンジンがお見せできません。あ、パーツにはターボのようなものも。実用化していたんですね、一応。

|

« F-toys フルアクションシリーズ フォッケウルフ vs スピットファイア | トップページ | 名古屋市美術館の岸田劉生展に行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F-toys フルアクションシリーズ フォッケウルフ vs スピットファイア | トップページ | 名古屋市美術館の岸田劉生展に行ってきました »