« FUJIFILM X-T2 試し撮り from名城公園フラワーガーデン | トップページ | 陸上自衛隊売店専売だったショーワグローブ護(マモル)01を買ってみました »

2020/04/22

X-T2 ISOオートと固定で比較

夜のダウンライトで撮影すると昼間のように明るく写ってしまう。ISOをオートにしているのが影響しているを確認しました。天気が良い日はフルオートでもまぁまぁ見たままで撮れますが、やはりカメラ任せではダメなんだと言うことを再認識しました。

昼間の薄暗い玄関、これもISOオートと200固定、開放F1.4のシャッター1/30で撮ってみました。オートでは明るく写りすぎますね。

感じとしてはこの方が良いのですが見たまま、というともっと暗いので、、、僅かな違いですがリアルさを求めるならマニュアルが一番ですね。このほかにマルチ測光や中央部重点測光も試しましたがマルチは明るくなりすぎます。私にはスポット測光が一番合っているような気がします。スポット測光といえば、銀塩フィルム時代ではまだ珍しい測光方式でした。Nikonなどはマルチ測光幕開けの頃、パンフレットの作例でも暗いところが明るく写る画が多かったです。スポット測光を装備していたのがOM-4(かOM-3)くらいでした。スポット測光が欲しいばかりにOM-4を買ったくらいです。でも、プロはそのスポット測光を複数箇所で測って経験値を割り出すという難しい事をやっていると読んだ覚えです。1点だけ測ればいいと言うものではないらしいです。

余談ですがOM-4はTTLダイレクト測光の先駆けでもあったような記憶です。

シャッター幕が全開(フラッシュ撮影可能速度で)してフィルムに光が当たった瞬間の露出を測光して反映させる方式。当時、メチャクチャ感動しました。

今、ミラーレスの時代、ダイレクト測光はたぶん当たり前なんですよね?フィルム面で測光するのですから、、、(当時は反射した光を測光していた)

風景しか写さないくせに「突然の光の変化にも対応」なんていうパンフレットの文言が刺さりましたw

|

« FUJIFILM X-T2 試し撮り from名城公園フラワーガーデン | トップページ | 陸上自衛隊売店専売だったショーワグローブ護(マモル)01を買ってみました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FUJIFILM X-T2 試し撮り from名城公園フラワーガーデン | トップページ | 陸上自衛隊売店専売だったショーワグローブ護(マモル)01を買ってみました »