« OLYMPUS PEN miniのボディだけあるのでPana25mmF1.7を買ってみました(安かったので) | トップページ | X-T2 ISOオートと固定で比較 »

2020/04/21

FUJIFILM X-T2 試し撮り from名城公園フラワーガーデン

FUJIFILM X-T2を買ったので所要のついでにミニ撮影会です。買ったばかりなので設定は初期設定のまま。絞り優先ですべて撮影しました。絞りリングが無くても多分、ソフト的に絞り優先も出来るのでしょうけど、やっぱりシャッター速度リングがあるので、ここはハード的に絞りリングがあるRシリーズの標準単焦点を選択しました。ホントはISO(ASAリング)も固定の100にしたかったのですが(100にも設定可能ですが)200からが始まりなのでどうしようか迷いましたがISOはオートにすることにしました。ネガフィルム時代はASA100は当たり前、モノクロフィルム(でプロならば)ASA50、ASA400の高感度ネガは粒子が粗いという理由で素人のくせに避けていました。例外はASA200のリアラ??(検索しても200ではないようです)だったかな、素人目にも発色が良かったのですが高かったので特別な時にしか使いませんでした。なのんで200から始めるオートで(長い!)

シャッターはメカニカルと電子が選べますが、せっかくメカニカルしゃったーが付いているのでメカニカル固定で。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FUJIの場合はフィルムメーカーの莫大な資産を生かして、フィルムで撮影したらこんな感じで発色しますよ的なモードがあるのでJPEGで撮影するのが正しいとか?痕から加工するのではなく撮影する時点で色づけをするポリシーらしいので、すべて無加工です。もう自分で触ってはいけないのです。

とはいえ今回はまったく初期設定のPROVIAのみで撮影しました。ビューファインダーは周辺の数値までクッキリと見えて(視度調整で)快適なのですが、ちょっとビビッドに見えすぎる傾向にあるようで、ファインダーではかなり良い発色だと思っても落としてみると思ったほどではない感じです。

もともとリバーサルフィルムでの撮影未経験なので知ったかぶりなのですが、、、それと、このレンズを使っていて気が付いたのですがいくら開放ボケがきれいでも、何でもかんでも開放で写すとかえって背景を殺してしまうと。ビューファインダーは絞ればその分、見え方が分かるのでいろいろ絞りを変えながら撮影しました。

淡い色には曇りのせいもあってぱっとしない感じで写っていますが、草木となるととたんに表情を変えてくる感じがしました。

液晶のチルト機構も何度か使いました。まーまー使えるかな?という感じです。ピントがどこに合っているのかが分かりにくいので、、、

次に買うレンズは広角が欲しいと思っていましたが、逆に望遠のが良さそうな場面が多々ありました。

ところで世間では外出を控えるようにいわれてからすっかり忘れていましたが、もう藤の花が咲く時期なんですね。今度の土日には津島の藤でも見にいこうかな。自転車で30kmですが。

|

« OLYMPUS PEN miniのボディだけあるのでPana25mmF1.7を買ってみました(安かったので) | トップページ | X-T2 ISOオートと固定で比較 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OLYMPUS PEN miniのボディだけあるのでPana25mmF1.7を買ってみました(安かったので) | トップページ | X-T2 ISOオートと固定で比較 »