« 電車撮影シミュレーション?LUMIX 14-45ズーム | トップページ | X-T2でやっと夕暮れを撮影 »

2020/05/10

iOS フィルムシミュレーションアプリ FIMO けっこう本格的なシミュレーションアプリでした

FUJIFILMのカメラに填まりだした私ですが、なかでもフィルムシミュレーションでFUJIを選んだといっても良いくらいお気に入りなんです。Androidアプリではフィルムシミュレーションアプリもそこそこ使っていましたがイマイチ使いにくかったり効果が感じられなかったりで忘れかけていたアプリでした。

ふと、iOSアプリでFUJIのシミュレーションアプリがないかと探したら本家はありませんが良いアプリがあったんです。アプリ画面もリアルでおもしろいんですが、どこで探してきたのか、フジのネガカラー、しかも私のような超アマチュアがお手軽に入手できた「業務用フジネガカラー」フィルムが再現されているんです。いわば「白箱」のフィルムですね。なつかしいなぁ〜 フィルムがカメラの窓から見えてるなんてのもありましたね。主に安いカメラにありがちの機能が再現されてるのもいいです!フィルムの部分をタッチすると裏蓋が空いた状態になります。こうやってフィルムを巻き上げレバーに巻き付かせましたよね。

無料で使えるフィルムは4種類。Kodakらしきものやモノクロフィルムもあります。

さて写りは?

おぉっ!FUJIFILMのいうところによる記憶カラーが再現されてるような。ネガカラーはこんな感じでした。ちなみに普通にiPhoneカメラアプリで写したものと比較ですが青っぽいかな。右下の日付がまたいい感じです。

草木もネガっぽいですね。

もう写真は本格カメラで撮ろうと決めましたが(なので時期iPhoneはSEでいいと決めました)、FIMOでもけっこう楽しめそうです。

そうそう、一眼レフでキッチリピントを合わせるときに使ったスクリーンの何でしたっけ?スプリットマット??も再現されていました。これも懐かしいです。

よくよく見たらタッチで露出補正(カメラ画面の中央上)も簡単に出来るし、PENの巻き上げレバーみたいなのはズームダイヤルでした!細かな作り込みが素晴らしいです。この部分だけライカのファインダーでレンズ交換をしたときのように作られています。

追記:Kodak風、黄色っぽくていいですね〜。PANフィルムのモノクロ感がまで芸術的に見えたりしませんか?

|

« 電車撮影シミュレーション?LUMIX 14-45ズーム | トップページ | X-T2でやっと夕暮れを撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電車撮影シミュレーション?LUMIX 14-45ズーム | トップページ | X-T2でやっと夕暮れを撮影 »