« 2020年5月 | トップページ

2020/06/29

ガチャ CAT ダイキャストモデルはダブりまくりだった

500円の重機シリーズは価格的にも期待させる仕上がりだろうと勝手に期待して、紹介してくれた後輩に全てを委ねました。結果、連続3個が同じもの。欲しくないのが3回連続で出ました。本命はブルドーザですが、、、チャレンジ2回目は油圧ショベルが3回連続!やっと最後にブルドーザが出ました。この時点で、いや、第一回目の時に造りが甘いと感じていたのに何度も、、、

500円する割には300円レベルの造りなんです。しかも重機に普段はまったく興味がないのに、、、

黄色い塗装に惹かれるのでしょうか?並べるとそれなりに良いんですよね、、、全6種類ですが4種類で力尽きました。もうダブりはイヤです!

| | コメント (0)

豊橋 二川宿の本陣を見にいくも、、、

いやー、迂闊でした。天気は今日だけ良いし名鉄電車の切符の期限も6月末なので何も考え無しに二川宿へ行くことに。結果から言えば、お決まりの「月曜休み」でした。あ、休みなのは日本で2カ所しかない現存する本陣です。

豊橋駅はフェンスレスで名鉄とJR線が同じ構内で運行しているのですね。この地方では珍しい同居駅。便利なのですが電子マネーと切符は共存できない形式(共存できている駅も多いが入り口が同じなので共存できない)なので一旦出てから入り直します。

JR二川駅は豊橋駅の次の駅ですがかなりのスピードで飛ばして5分くらいでした。歩いてはとても無理な距離ですね。

人は少ないですが自動車はひっきりなしに通ります。メインの道路は200mほど北にあるのですが、、、

二川駅から本陣までは8分くらいかかります。町並みはポツポツと旧家があるくらいです。クランクしている道路は宿ならではですね。

本陣はかなり大きな建物のようですが中には入れませんからスルーしてクランクを山本面に歩いて行きました。

裏道はさして見るべき建物はなく、お寺と神社の前だけを通りました。

今回もX-E1のフルマニュアルで撮影しましたが、まったく出来が悪く、ただの記録写真でしかありませんでした。ガッカリです、、、

| | コメント (0)

2020/06/26

名古屋の上空でも太陽の周りに虹が

昼のネットニュースで、東京に珍しい雲が出現したと知りました。ほんと綺麗な虹色の雲がクッキリと。そんな記事を見た後なので急な激しい雨上がり、太陽が照りつけ始めたので空を見上げると、太陽の周りにうっすらと虹が架かっていました。その少し右下の雲も東京程ではないにしても虹色になっていました。

名古屋でもあまり観たことがありません。

太陽の周りの虹がハッキリ分かるのは3枚目の画像。太陽の右下の虹色雲が分かり易いのは3枚目でしょうか。1枚目もなかなかです。

| | コメント (0)

2020/06/22

接眼部修理X-E1 試し撮り

屋外へ行こうと思いましたが非常に蒸し暑く、断念して屋内で物撮りにて試し撮り。といっても本体をいじったわけではないので写るに決まってるんですがね、、、

薄暗いままのリビングなのでASA400の開放F1.8です。NEEWER25mmで撮りました。

3枚目の写真、額縁のガラスだけにピントが合っていますが、iPhoneでは画とガラス、両方にピントが合ってしまいチグハグな印象になります。

| | コメント (0)

X-E1 接眼部保護ガラスの修理 経過から完成まで短くレポ

X-E1の接眼部保護ガラスがなかった件

ヤクオフで落札したX-E2のモックアップが届きました。いや、モックアップですからね、そりゃ〜そんなもんですよ。画像では本物の部品を使ってあると判断したのですが、マウント部のみ金属、あとはすべてダミーのプラスチックでした。ネジまでもフェイクなのでバラせません。接眼部も勿論プラスチック!接眼保護ガラスも安物のプラスチック。この部品が一番欲しかったんですけどね、、、

スイッチ類もすべてプラスチックですから使えるのは三角環くらいでしょうか、、、

ま、気を取り直して部品作りに入りますか、、、

今ではまったく使う気がしないレンズ保護フィルターからガラスだけを外します。金属のリングを外せば簡単にガラスを取り出すことが出来ます。

X-E1のアイカップを少しずつ剥がしていきます。上だけ剥がすつもりが、いつの間にやら全て取れてしまいました。特に本体と繋がっているということはなく、ポロリと取れました。(取れたカップを写すの忘れました!!)

接眼センサーも配線ではなくもうちょっと丈夫な部品だったので問題なく外せました。

ここで心配したのが「意外にフィルターガラスが分厚かった」事です。填まるのかな?

ガラス切りは以前にOLMPUS PENのクイックミラーを自分で治したときに買い求めていたのでそれで。

分厚かったので、ガラス切りで切れるか心配でしたが割ってしまう要領でパキパキと折っていきました。寸法はけっこうアバウト。どうせアイカップを塡めれば見えなくなるので。(162mmX120mmくらいだったかな?)

本来有ったはずの場所に置いてみるとピッタリの厚さでした。ボンドを慎重に塗って貼り付けました。そしてアイカップを左上隅からピンセットで押し込むように入れていくと、なんとか元通りに填まったのでした。

おぉ!!反射光も緑です。何も言わなければ純正かと?

動作試験もOK!無事完了です。

ここで反省!

焦る気持ちが先行して接眼レンズにブロアーを掛けることを忘れてました。内部に多少のチリが残ってしまいました。覗いて気になることはないのでOKと、、、

反省其の二 ボンドを触ったら、必ず指にもボンドが付いていると思え! 自作保護カラスを貼るために指で押さえたらボンドがっ!!!!なんとかアルコールで拭いて取れましたが、コーティングまで剥がれてしまっては元も子もありませんからね、、、

元通り填まって隙間もありません。

お決まり文句ですが、もしご自分で修理される方は自己責任でお願いします。ま、こんなことやる人、そうはいませんよね、、、

かくして棚にX-E2モックアップが増えたのでした、、、

追記:反射のことを言えば、ピッタリ目を着けて覗くのですから関係ありませんかね?但し、平面性は?普通のガラスでは若干のゆがみが出るかも?です。ならば保護フィルターに使われているガラスの方が平面性は良好なのでは?ですね。

| | コメント (0)

2020/06/21

X-E2で写した部分日食 というか丸いけど

名古屋地方では17時30分がピークとか?カメラではほとんど分かりませんね。

薄曇り、絞りは最大に。でもこんなものか、、、

−3補正を掛けても丸いですね。

| | コメント (0)

X-E1 Brightin Star 35mm F1.7で名古屋城二の丸庭園を攻める?

全国での移動解禁になって初めての日曜日、名古屋城はそこそこの人ででした。写真では少なめに感じますが帰りには倍以上の人が入っていたようです。

最初の2枚は昨日、モノクロにしたのを忘れていてそのまま、、、年間パスポートがあるので本丸には入らず二の丸庭園に一直線です。少しずつ整備されてはいますが、まだまだ完成にはほど遠い、というか発掘も兼ねているので仕方がないですね。サザエ山はほぼ完成したようです。中には入れません。私が子供の頃は庭園内に自由に入れて、石橋も渡っていたんですけどね。

一番東まで行くと、紫陽花がまだ咲いていました。こんなところにひっそりと咲いていたとは。

北東の隅には櫓はなかったのでしょうか?今は忘れられたかのように大木が座っています。

南側には唯一と言っていい「土塀」の一部がまだ残っています。近年、土塀を再現するお城が増えてきていますが、いずれは名古屋城も整備してほしいものです。

根っこが大きな瘤になっている木があるのも初めて知りました。見事な瘤です。二の丸茶屋の入り口付近に「前庭」というのがあるのも今回の発見です。

帰りに写した本丸へ入る入り口の門、屋根瓦がかなり痛んでいますね。早く修復して欲しいです。

| | コメント (0)

X-E1 曇天の夕方はモノクロが似合う

目の前のPEN EEが夕暮れ時で、なんともいい感じで光っていました。こんな時は中華レンズの開放絞りとFUJIFILMのアクロスシュミレーションが合いそうです。

写して見るとやはり微妙な濃淡とピントの合い具合がなんともいい感じで写っていました。サイズを縮小しているので分かりにくいですがキャップの文字の濃淡やPENと書いてある金属の部分、塗装のシワまで分かります。マニュアルならではの自由度、益々中華レンズがお気に入りになってきました。

でも露光に関してはレンズは関係無いか、、、

| | コメント (0)

2020/06/20

X-E1 接眼部の保護ガラスが無いことに気がついた

X-E1はシルバーとブラック2台持っているのですが両方とも中古をamazonで買いました。最初にシルバーを買って喜んでいましたが接眼部のレンズを拭いているとレンズが動いて合わせた視度調整が狂ってしまいました。X-E2も持っていて、それは保護ガラスがあり直接、接眼レンズには触れないようになっています。2になってから進化したのだとばかり思っていましたが、昨日、1のブラックを触っていたら保護ガラスが付いているではありませんか!

これは不良品を掴まされた(説明文に書いてなかった)とショックを受けました。返品を申し込む期日まではまだ有るのですが、何が付属していたか忘れてしまったし荷造りも面倒なので、自分で治そうかと?

とはいえ大事な接眼部、普通のガラスを入れてはね、、、現に通常はコーティングしたガラスが入っているようで反射色は緑です。

閃いたのがフィルターです。ガラス切りで寸法を合わせて切って塡めてやれば?

問題は二つ。

ガラス切りでフィルターが切れるのか?

そもそもアイカップは外れない仕様なので、強引に外して、元に戻せるのか?

メーカーではアイカップが取れてしまったらサービスに出すように指導しています。

ちょっと手間ですがヤフオクでX-E2のモックアップが売っていたので落札しました。到着後に、それを使って事前に調査してから分解しようかと。

サービスステーションで治してもらうと高そうですからね、、、

モックアップの接眼部のガラスが使えれば良いのですが、画像を見るだけでは分かりません。ただの黒いプラスティックのようにも見えるので。それでも寸法を測るのには使えそうです。

さて、フィルターガラスは切れるのでしょうか?

モックアップといっても画像で見る限り、外装は「本物」を使っているように見えます。部品交換にも使えれば、、、

上の画像が保護ガラスがない接眼部です。それでも撮影には支障が無いのですがホコリが入り込むことを考えるとね、、、、

| | コメント (0)

2020/06/17

X-E1 マニュアル操作は簡単に見たままを再現できる

今にも沈みゆく夕日をギリギリで捉えました。いつもはスマホで露出補正を掛けてもなかなか再現できない見たままの色が簡単に絞りの操作のみで現すことができました。

1/125s F2.0?

ASA200

Neewer 25mm f/1.8

| | コメント (0)

意外にOM-2とかもメッキとプリント多用してました、、、

前回、X-E1のシャッターボタンがメッキだとかダイヤルがチープとか言っていたので、OLMPUS OM-2を引っ張り出して確認してみると。

あれ?シャッターボタン廻りメッキ!露出補正ボタンはプリント!当時は気にもしなかったのですがメッキやプリントを多用していたんですね。そういえばNikon FMなどのシャッターダイヤル、数字は彫り込んで彩色してありましたが、プラスティックだった!

FUJIFILMさん、ごめんなさいです、、、

余談ですが、NikonFMは不意にシャッターが押されないようにシャッターボタンの廻りリングを捻るとロックがかかる仕組みでした。今でも採用して欲しい機能です。X-Eシリーズ、というかXシリーズはカバンに入れてると知らぬ間にスイッチがONになっているんです、、、

| | コメント (0)

FUJIFILM X-Eシリーズ ブラックかシルバーか

FUJIFILM X-E1もE2もブラック命で揃えたんですが、シルバーも安かったので買ってみたら、シルバーの方が愛着が湧くというかカメラらしいというか、金属感丸出しで存在感があるんです。ライカM6とNikon F3(もともとブラックのみ)がブラックだったせいで無条件にブラックを選んでいました。

今ならシルバーも十分候補になり得ますが結局の所、「中古価格」に依るのかも知れません。売れているカラーの方が玉があるので安くなる原理でしょうか?

ならば、レンズはどうでしょう?シルバーは買ったことがないので分かりませんが最初に買ったNikon FMがシルバーでレンズはブラック(当時は新品はブラックしかありませんでした)だったので、ブラックの方がしっくりきますね。

そういえばX-E1シルバーのシャッター部分、メッキなんですよね。ピカピカ光って安っぽいです。ダイヤル部分の仕上げもイマイチです。

| | コメント (0)

7artisans 35mm f1.2レンズの見た目が気になる

7artisans 35mm f1.2レンズ 評価が分かれるレンズですが、私的にX-Eシリーズにピッタリなレンズと思えるんです。ノスタルジックなスタイルだけでもカッコいい。

写りは?大口径なので開放でいい感じじゃないかと勝手に想像しています。しかしですね、ちょっと中華レンズとしては高い部類かも?です。15000円が高いか安いかは人に依りますが、すでに何本も買ってしまっている私としてはこれ以上。お金を掛けたくないので、お高いと、、、、

今まで買った中華レンズは前玉が小さい。これはNikonレンズを多く買っていたカメラ小僧からみたら「格好悪い」部類のレンズなんです。大口径で、なるべく平ぺったい前玉がカッコいい、と思っている自分的には7artisans 35mm f1.2レンズ がちょっぴり合格なんです。

まぁ、来月のdocomoポイントが付与されてから考えますか、、、(この時点で買うつもりなんじゃ、、、、)

余談ですがフォーカスリング、中初期のNikonレンズのフォーカスリングとそっくりで嫌いだったのですが、X-E2などを買ってから考えが変わりました。絞りリングと間違えなさそう!

| | コメント (0)

2020/06/16

Brightin Star 35mm F1.7 & X-E1 久し振りの名古屋城で再確認

半年ぶりでしょうか、名古屋城に行ってきました。海外からの観光客はもちろん、国内観光でも未だ厳しい状態ですね。夕方4時ということもあって城内はガラガラ。なんか恥ずかしいくらいでした。

最初の2枚はベタな画像ですが、昨夜X-E1のトリセツを見ていてピントのピークアップを覚えたので(一部を拡大して完全なピークを掴む)、今回はきっかりピントを決めています。

フィルムシミュレーションはスタンダードなので大人しめです。普段、あまり撮らない場所をピックアップしたつもりです。露出は完全マニュアルなので自分の思うように撮ったつもりです。

石垣の崩れた部分はもう何十年も放置されていますが、いつになったら復元されるのでしょうね?

Brightin Star 35mm F1.7 X-E1はフィルム換算50mm位なのですが、今回はかなり後に下がって写す場面が多かったです。今欲しいのは(換算)75mmなんですが、ちょっと考え直した方が良いのかも?です

今回、以前より見学通路が広がった(制限場所の縮小)ようです。重要文化財の門が拝めるようになっていました。

御殿への見学方法が変わってから一度も入っていません。以前は直ぐに靴を脱いで入れたのですが、今は集合場所で注意事項のビデオを見てから団体で入場する、という方法に変わっています。

今回は時間が無く二の丸庭園まで行く時間がありませんでしたが年間パスポートを購入したのでまた次回です。

う〜ん、画像を見てもBrightin Star 35mm F1.7 X-E1の特徴というのが分かりませんね。普通に撮れていると言うしか、、、

| | コメント (0)

2020/06/15

常滑の散策コースへX-E1Bの試写を兼ねて

Neewer 25mm f/1.8のほうがシャープな切れ味があると思い込んでいましたが、今回はそんな画像は皆無でした。開放が気に入っていたのですが風景では開放付近でピントを合わせるのが難しいことを思い知りました。どこへピントを合わせるのかでガラッと雰囲気が変わるんですね。要するに一番見て欲しいところへピントを合わせないと、文字通りピントが外れた画になってしまうんですね。

広角なので絞って使った方がいいのかもです。今更、久し振りにマニュアルレンズで勉強させてもらいました。

常滑散策コースはAコーストBコースがあって私はBコースを廻るつもりで行ったのですが、いつの間にかAコースを廻ることに、、、反対回りだったこともありBコースの案内看板を見失ってしまいました。

Aコースは坂中心のショートコースみたいですが、それでも十分楽しめました。というか暑くて服がビショビショになってしまって。それが気になって早々に常滑を後にしたんです。焼き物会館などに入

れば良いものを、、、、

常滑の窯元が集まっている古い町並みですが、母方の田舎によく似た雰囲気なので、なんか懐かしい感じになりました。きっと黒塗りの板葺きがそう思えたのでしょう。

平日、コロナ自粛もあってか、観光客は疎らでした。

最近、スマホのHDRに慣れてしまって綺麗な写真が簡単に撮れるようになったのですが、逆に、どの光を適正露光にすれば印象が残るのかを考えるがマニュアルカメラの楽しみでも有ることを実感します。

とは言いながら、あとからPCで画像を見るとモニターで見るよりパッとしません

あと、中華レンズで無くて、フジノンレンズだったらどうだったのだろう?とか考えてしまいます。

ASAは200固定だったのですが100でも良かったのかもしれません。

次回はBコースを廻って更なる研究に挑戦ですかね。楽しい所でした。

個性的なお店が路地に点在していましたが一人で入るには敷居が高く、結局一軒も入らず終いでした。いい焼き物がある筈なんですよね、、、

| | コメント (0)

2020/06/10

中古で買うならX-E1かX-T10か

X-E1の中古品はかなり価格もこなれてきて求めやすくなってきました。X-E2を持っているのでX-T2の下位機であるX-T10も欲しいと思っていたのです。理由はシャッターダイヤルが付いているから(銀塩カメラと同じなので)

X-T10も中古品は安くなっています。X-E1程ではありませんが手に届く値段ではあります。ここで考えたのは、

外見のスレが目立つもの の画像を見るとなんか下地のプラスチックが出ているものが多いんです。興ざめします。調べてみるとX-T10の上蓋(ペンタ部)はやはりプラスチックでした。ここが一番擦れそうで、将来、最初に剥げる部分ですからプラスチックが見えると格好悪いような。

一方、X-E1の上蓋は金属製です。これも剥げているものを見ると一見、プラスチックのように黒く見えるのですが気持ち的に違うのではないかと?

物によってはほぼ傷無しで18000円弱。電子ビューファインダー付きでシャッタースピードダイヤルがあるのに、この価格で手に入るのは嬉しい限りです。

もちろん、X-E1でも底蓋の後半分がプラスチックだったりしますが上蓋が金属というのは大事です。

ただ、そんなことを気にしなければX-T10もいいカメラだと思います。ほんとは欲しかったりしますから、、、

X-E1とX-E2の使い勝手で決定的に違うのは計器類の表示です。以前にも書きましたがX-E1の表示はコンデジ並みのチープ感がありますが、E2はスッキリしてカッコいいです。もしかして表示フォントが小さくなったことも影響してるかもです。小さくても見易いすく情報量も多い(けど、邪魔しない)ので、なんか操作感がアップしてきます。各所ボタンの割り当てもE1はファンクションボタン1カ所のみ。E2は様々なボタンが変更可能です。

とはいえQメニューで素早くアクセスできるので、あまり問題はありません。

| | コメント (0)

2020/06/09

iOSアプリ Spectreの本領発揮 これが撮りたかった

三脚無しで滝を流せる、まったく良いアプリです。X-E1でもトライしましたが、ここまで流すことは出来ません。3秒ですが5秒ならもっと良かったかも、と思います。

| | コメント (0)

Brightin Star 35mm F1.7 X-E1 白鳥庭園で試写

Brightin Star 35mm F1.7ですが、まったく普通に写ります。が、なんか50mm(換算)にしてはキレがないような?もちろん腕が無いのが一番の原因ですが、、、

場所的にはすごくいい感じです。昭和になってから作った庭園ですが、良い時期に作ったと思っています。今ならこんな予算が出たかどうか

入園料300円、駐車場料金300円というのも破格です。

ほんとうは自転車で来る予定でしたが、その前にカーペットを洗っていたら疲れてしまって、、、

余談ですがドラム式洗濯機でカーペットを洗おうと思ってもドラムに入りません。一旦、風呂場の浴槽で洗ってからすすぎを2回繰り返して水を切ると裏のフェルトも柔らかくなって、小さなドラムの入り口にも押し込むように入っていきます。あとは脱水のみの運転でOKです。

話がかなり逸れました。今回のフィルムシュミレーションはビビッドです。新緑が鮮やかに写るように。でもモニターほど鮮やかではありません。

そういえばかなりの数のトンボが飛んでいましたが1回だけ側で撮ることが出来ました。

なかなかピントが合わせられないのでイライラして待っていてくれたのかも、、、それは猫も同じ。もう待てないのでさっさと草の中へ歩いて行きました。

今回は25mmを用意すれば良かったかな、と感じる場面が多々ありました。次回、もう1度トライしてみます。

しかし、中華レンズばかり持ち出して、今まで揃えたフジノンレンズは何だったのか?いや、ここぞという旅行に持っていくのです、きっと、、、

| | コメント (0)

2020/06/08

Brightin Star 35mm F1.7とNeewer 25mm f/1.8の画角以外の差

先にも書きましたがNeewer 25mm f/1.8のレンズ前の「転写」プリントはいかにもチープです。ピント調節リングもギザなし部分があって絞りリングと間違えやすく、しかし慣れが解決するとは思いますがどうも、、、

でもですね、「キレ」という感覚ではNeewer 25mm f/1.8のほうが優れている感じがするのです。

近接画像で比べても、その差は分かりません。

左がNeewer 25mm f/1.8で右がBrightin Star 35mm F1.7ですが、見た目の差はありません。

単なる贔屓でしょうかね?

もう少し使い込んでから結論を。

ただし、何れもこの「値段を考えれば出来すぎていると思うのです。

かつてのカメラ小僧の頃を思い出させるレンズ達です。

| | コメント (0)

これが撮りたかった ガラス越しの夕焼け2

ちょっと前に、ガラス越しの夕焼け とかいって画像をアップしましたが、全然見た目と違うのでした。今回見たままの、これが見せたかった、というのがBrightin Star 35mm F1.7で撮れたので再度アップします。こういった表現は素直なレンズなのかな?

| | コメント (0)

iPhone11Pro シャープ過ぎて驚いた

Brightin Star 35mm F1.7の目に慣れていたところ、帰り際に良いアングルを見つけたけどX-E1をバッグにしまっていたので、iPhone11Proを取り出してサッと写して見ました。

帰ってからよく見てみると隅々までシャープに写っているんです。引き延ばしても銅葺き瓦の1枚1枚まで分かるくらいに。ちょっと驚きました。こんなにキレイに撮れたっけ?

まー、ピント合わせとか手振れが影響してBrightin Star 35mm F1.7の写りが劣っているように思えたのでしょう。

明日も試写する予定です。このまま嫌いになってしまうとお蔵入りの可能性が大です、、、、それは避けないと。

| | コメント (0)

Brightin Star 35mm F1.7 試写1 名城公園

夕方、僅かに涼しくなって頃を見計らい、名城公園に行ってきました。暑かったせいか人は少なかったですね。

紫陽花も見頃になってきましたが被写体としての紫陽花は一見派手ですが、撮影対象としては地味な存在なのかもしれません。撮り手によって(私ですが)平凡な縁か見えなくなってきます。

木々の青さを表現するにはスポット測光は欠かせない気が自分ではします。平均より吐出が際立たせますね。フィルムシュミレーションを地味なタイプにしたせいであまりパッとしない感じがしますが、Brightin Star 35mm F1.7はまずまずの写りをすると感じました。

ピントのピークを探すにのちょっと時間が係る点はオートフォーカスが懐かしく感じることもしばしばです。反面、すべてマニュアルだった昔を懐かしんで楽しんでいる自分もあったりします。

全体に言えることですが、多少アンダー気味に撮影する方が、落ち着いた感じはします。自分にはアンダーの方が合っています。

逆光も心配するほど悪くはありませんでした。所謂、味として受け入れた方が良いですね。

| | コメント (0)

Brightin Star 35mm F1.7 届いたのでX-E1に装着

立派な箱に入れられて(乾燥剤も入っていました)オマケも沢山。レンズフードが嬉しいのですが、少々長いのが玉に瑕です。

X-E1に付けてみると造りはNeewerより良いですね。どの辺りが良いのかというとレンズ廻りの印刷が単純な転写ではなく、しっかりと印字されているところです。写りには関係ありませんがけっこう大事かも?

中華レンズにフードは必須らしいですが、ない方がライカライクでいい感じにみえますね。レンズが小さいからでしょう。

午後からいつもの名城公園で試写を予定しています。

取り敢えず身近なものを1枚。

| | コメント (0)

まさかのBrightin Star 35mm F1.7 を急遽購入

まったくノーマークのBrightin Star 35mm F1.7。35mmで即日出荷ときたら、もう買うしかないかも。シルバーの入荷は1月以上先かもです。

でもですね、やっぱりシルバーボディでもレンズはブラックがいいのでは?と思い始めた矢先の出会いですからポチるのも早かったです。オマケでレンズフードも付いてくるんです。気になっていたフォーカスリングも全周ギザが付いているので間違える心配もないです。あてにならない被写界深度目折りはデザイン的に有効ですし、、、ただし、悪い癖でシルバーのレンズフードを先行して買った後でした。永久にお蔵入りになるかも?(たぶん、シルバーのレンズも買いますよ、、、)

| | コメント (0)

2020/06/06

Baugger 35mm F1.6 最短で7月16日に到着とか。 経験上8月になりそうだから今はプライム出荷のHUABAN 35mm F / 1.7 が現実的でしょうか、、、

ノスタルジックなピントリングなBaugger 35mm F1.6ですが、これは中国から送ってくるのに間違い有りませんね。今までの経験で予定日の2週間遅れ以上、というのが定番で、たぶん8月にずれ込むのは間違いありません。出荷は直ぐでも日本の税関で全品検査をするのでここまで遅くなるんですよね。

とか言ってる時点で買う気満々ですね、、、

既にX-E1シルバーが、、、(X-E2に比べるとコンデジっぽい画面がシンプルだけど安っぽいので戸惑います)

| | コメント (0)

2020/06/05

次に気になる中華製レンズは35mm しかもシルバー

25mmを買ってみて、値段の割にはズッシリと重く存在感があって写りもトイレンズとはまったく違う、写りが真面目というか意外にも良かったので広角系の25mmより標準に近い35mmが欲しくなったのです。

ところでなぜシルバーかというと、、、、

今、FUJIFILM X-E1がかなり安くなっているんですよね。でもX-E2持ってるしブラック。あれ?シルバーなら良いのかも?という勝手な理屈で、、、、

シルバーのボディーならレンズもシルバーがおもしろいかも、という感じです。私が高校生の頃はシルバーレンズの時代ではなくブラックオンリーでしたから今でもブラックが好きなんですが、中華系ブラックは安っぽい(文字がプリントなので)半端感満載。

候補は2つあるんです。

※ HUABAN 35mm F / 1.7

※ Baugger 35mm F1.6

Baugger 35mm F1.6のフォーカスリングの方が誤作動がなさそうなんです。昔のNIKONレンズのようにフラワーリングになっているので間違えそうにありません。(私は、それが嫌いでしたが)

ネットでの使用レポートがないんですよね。商品レビューはありますがイマイチ判断出来ません。ここはもう見た目の好きか普通かで、、、(嫌いではありません)

もう暫く迷ってみますか。

| | コメント (0)

Neewer 25mm f/1.8にフードを付けるも思ったより格好良くならなかった

メール便で届いた46mm径のレンズフード。870円なら格安の部類ですね。

ところで私が高校生の頃にはレンズフードは一般的でなく(なんとなくですが)プロが使うもの、という感じでしたから使ったことがありませんでした。しかしながら最近ではフードをしていた方がカッコいいような感じですし、もっと強い要因があったんです。

それは「レンズ保護の為のフィルター」を付けないようになったからです。せっかくのレンズに何故、余計なガラスを1枚のせるのか、何方かのブログでも見ましたが、まったくその通りと思うようになったんです。何故、保護フィルターを付けるのか?それは高価なレンズの前玉に傷を付けないため、その一つの事象だけのために余計なガラス板を付けるなんて。

ならレンズに触れなければ良いのであって、レンズフードを付ければ指を突っ込んだり尖ったものにぶつけなければ傷は付かない。 ただし汚れは防げないかもしれませんが、その為にレンズクリーナーがあるんですから、、、

だから、レンズフードです。

前置きが長くなりましたがFUJIFILMシステム命、になってからフィルターは一切付けないことにしました。その代わりカッコよさげなレンズフードは常時装着することに。

ほんとは四角のフードが良いんですけど高いので、、、、

格好悪いかも?というのは長くなってしまったような。だから、、、

| | コメント (0)

2020/06/04

X-E2 Neewer 25mm f/1.8 屋外では苦戦

Neewer 25mm f/1.8のテストを兼ねて庄内川河畔へ。10枚は撮ったのですが風景は僅か1枚をアップできたのみ、、、電車が2枚。

言い訳をすれば、ほぼ逆光だったのとピントのピークを見つけられなかったことが敗因です。近くのものは簡単にピントを合わすことが出来ますが遠くのものは合っていると思っても、後から見るとボケている。これって銀塩フィルム時代と同じです。現像所から出来上がったプリントを見て、いつもガッカリしたのとまったく同じ。露出にしてもモニターで確認したはずなのに出来映えは、、、

また昼間の順光、そして明日にも来るライカ風レンズフードを付けた状態でどう写るかで、お気に入りかお蔵入りかが決まるでしょう。

今回はISO 100にしないと飛んでしまって真っ白です。まだ慣れないので絞り優先というより適正露光にすることに気がいってしまって。「ゲージツ」どころではありませんでした。

余談ですが、最初の1枚。いつもの河川敷の草むらに、微かですが人の入った細い道が出来ていたので入り込んでみると、これはまた恐ろしくて、、、というのも、すぐ近くに墓地が出来ているので、そっちに入り込まないか心配で。ところが細い道はどんどんそっちへ行く感じ。背丈ほどある草むらから堤防目指して逃げるように這い上がりました。最後の画像が入り口です。この後、どんどん暗闇に入り込んでいきました。もう二度と入りたくないです。(1枚目が地獄への道の第一歩です。奧が暗いですよね)

| | コメント (0)

2020/06/03

Neewer 25mm f/1.8 お値段以上でした

FUJIFILM X-E2に似合うレンズで「お安い」ものを探していたら有りました。マニアの皆さんには有名?かもしれない中華製レンズです。オールドカメラ風なX-E2にはオールドレンズっぽいNeewer 25mm f/1.8がピッタリかと。

もちろん、純正フジノンレンズにもあるんです。有るんですが4万以上したりしますからね。もうこれ以上、カメラばかりにお金を掛けてもいられません。(公式には、、、)

で、Neewer 25mm f/1.8は税込み6990円!これ以下は望めませんね。速攻買いました。届いて袋から出してみるとズッシリ重いんです。これだけでも嬉しいのですが、さて先ずはX-E2での測光が出来るのかということです。

結論から言うとマニュアル測光出来ました。絞り値こそ出ませんがマニュアルメーターでプラスマイナス表示が出ますから、ゼロ位置に合わせれば適正露光、ということです。この場合、たぶんですがISOは固定したほうが良いのかもしれません。200とか400がこのレンズには合いそうです。(ネガフィルムのラチチュードだったりしいて。マニュアルだけに、、、)

さて、マニュアルフォーカシングですが、もともとマニュアルカメラで育った世代なので懐かしいというか、あ〜やったやった、この感じ!という操作感です。ピントのピークを行ったり来たりするこの操作感こそマニュアルの醍醐味です!買って良かった〜。

ただし近接撮影しか試していません。風景などでは(レビューによると)無限遠がズレているとか?ここは自分で確かめてみるしかありませんね。

試し撮りの1枚です。開放ですがいい感じです!細かいことは分かりませんが私には十分素晴らしいと。

こうなったら35mmの他社レンズも買ってみようかな。

あ、一応データですが、

ISO400 F1.8 1/30sです。1/3アンダーですがピッタリです。

追記:フジノン18mm Rとの比較です。下がフジノンレンズ。画角が違うので単純には比較できませんが、被写界深度が浅い分Neewer 25mm f/1.8のほうが味があるように感じます。18mmはF2が開放なのでプラス補正を掛けてあります。

| | コメント (0)

2020/06/02

X-T2 ガラス越しの夕焼け

ふと見ると良い具合に夕焼けが壁にあたっていました。ここは思ったように撮れるX-T2の出番かな?

取り出してみるとやや思ったよりアンダーです。電子ビューでは手前の電灯が微妙に見えていたのですが。

イメージしたのは加工した画像みたいなんですがね。(モニターでもこんな感じでした)

| | コメント (0)

FUJIFILM X-T10が気になり始めた

本日、docomoのポイントも増えていたことだし、Neewer 25mm f/1.8をポチりました。次回の休みが楽しみです。(絞りの信号がないので、どうやって露出を決めるのかが不安です。TTLとかでオートで撮影?)

ところで先ほど、何気にX-T10がファインダー形式で中古が安いと書いたのですが、改めてamazonを見てみるとX-T10はX-T2とかよりも後発なのでT2にはない一発AUTOレバーがあったりするのでした。これはいざという時に有効かもしれませんね。それと中級機にも係わらずシャッタースピードダイヤルが独立してあるのですね。T100になると、その辺は省略してあるのですが、これは目に毒なものを見てしまいました。さすがに買いはしませんが、何か引っかかるものが出来てしまいました、、、

| | コメント (0)

X-E2とXC15−45mm F3-5-5.6OIS PZ ズーム試写2 やはり絞りがないとカメラ任せでいけません(一部訂正あり>絞り優先も可能)

試写二日目です。電動ズームは良いんですが、やはり絞り優先はレンズに絞りリングがないと出来ない(ダイヤルで変更可能でした。ゆえに絞り優先も可能です)ようです。オートでカメラ任せにするしか有りません。露出補正で微調整というところです。今日のような、お散歩なら時間もあり余裕を持って写せますが、やはり新幹線などを流し撮りしようとするなら露出を固定しておかないとダメですね。シャッタースピードだけ遅くするととんでもなくオーバーになってしまうことも、、、蝶を写すときにはピントを自動追尾にすると、もしかして良かったのかもしれません。

スポット露光も場合によってはマイナスになることも。マルチ測光も使わないとダメでした。

新幹線の流し撮り失敗例も。露出オーバー、1/15秒も遅すぎますね。1/30秒が丁度いいのかも?

ガード下、露出補正をプラスにしたまま、が返って良かったです。

最後は3度目にちょうどタイミングが合った川に映った名鉄電車。両目を開けて撮らないとタイミングが分かりません。

このズームレンズは、いや、いいんです。(もっと安いミラーレスを買おうなんて思っていませんよ!)

ファインダー付きのミラーレスはX-Eシリーズまででした。これ以上、クラスを落とすと液晶画面を見て撮るカメラしか有りません。

あっ! X-T10というカメラは、、、、

| | コメント (0)

2020/06/01

気になる中華レンズ Neewer 25mm f/1.8手動フォーカスプライム固定レンズ  X-E2に合う差細り胴鏡

すっかりフジノンズーム15−45に失望した私ですが、新たなターゲットとして(いや、資金不足なので、、、)お安い中華マニュアルレンズに目が向いてきたんです。

純正レンズでは4万前後を強いられる絞り付き標準レンズですが、中華レンズなら7000円前後から買えるんですから。しかも私のような素人ではレンズの善し悪しを論ずる目を持っていませんから多少周辺が流れても湾曲していても分かりゃしません。

調べてみるとNeewer 25mm f/1.8手動フォーカスプライム固定レンズというのが一番安い標準レンズみたいで、フォーカスもマニュアルですが、元々マニュアル世代ですから関係ありません。絞りもしっかりあるのでこれならお遊びにはもってこいかと。

いろいろブログで調べてみると開放絞りでもまぁまぁ写りは良いようなんです。(値段の割には)

次のターゲットはこれで決まりですね。

画像は18mmRを付けたX-E2ですが、それではダメなのかなぁ、、、いい感じの広角なんですけどね。フードもカッコいいし、、、

| | コメント (0)

新お散歩カメラとして買ったX-E2とXC15−45mm F3-5-5.6OIS PZ ズームですが、どうも合いません

X-E2は最近、急に気になってきたFUJIFILMの中級機です。X-T2のレンズ資産を活かせるのと、最近ブログなどで人気が高まっているような気がして、、、中古での価格がかなり下がっているようで、皆さんサブカメラとして使い始めたようです。

私はまったくノーマークでしたがよく調べてみると中級機とはいえ基本性能はしっかりしていてメインで使っていらっしゃる人もかなりおられるようです。そう思うと気になって1日でも早く手に入れたくて、、、、

もう一つ、FUJIFILMのズームレンズ15−45がなんだかお安い。価格だけでなく我々世代では憧れの「EDレンズ」を2枚も使っている!勿論、当時の憧れの「非球面レンズ」も2枚!それでいて14000円前後から中古で売っているなんて、もう買うしか有りません。しかし、広角側は手放しで褒められていますが望遠側は評価が良くありません。どうせ広角を多用するから、と買ったのですが今回の試写では、ほとんど望遠側のみで撮影、、、でも、私的には十分、望遠側もアリだと感じました。

が、、、、もうマニュアル撮影になれてしまった今、絞りが付いていないレンズではどうも使い勝手が悪いんです。たまたま今日は曇りで夕方なので絞り開放ばかりだったからボケも活かせられたけど、逆に絞り込みたいときはどうするのかな?今回は露出補正で明暗を調整しましたが、この辺はX-E2のマニュアルを要で見ないと分かりませんが絞り優先は出来ないのかも?

そうそう、フィルムシミュレーションをクラッシッククロームにしたので抑えめな色調になってしまいました。紫陽花ならビビッドでも良かったかな、、、いや、これでいいのかも。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ