« iOSアプリ Spectreの本領発揮 これが撮りたかった | トップページ | 常滑の散策コースへX-E1Bの試写を兼ねて »

2020/06/10

中古で買うならX-E1かX-T10か

X-E1の中古品はかなり価格もこなれてきて求めやすくなってきました。X-E2を持っているのでX-T2の下位機であるX-T10も欲しいと思っていたのです。理由はシャッターダイヤルが付いているから(銀塩カメラと同じなので)

X-T10も中古品は安くなっています。X-E1程ではありませんが手に届く値段ではあります。ここで考えたのは、

外見のスレが目立つもの の画像を見るとなんか下地のプラスチックが出ているものが多いんです。興ざめします。調べてみるとX-T10の上蓋(ペンタ部)はやはりプラスチックでした。ここが一番擦れそうで、将来、最初に剥げる部分ですからプラスチックが見えると格好悪いような。

一方、X-E1の上蓋は金属製です。これも剥げているものを見ると一見、プラスチックのように黒く見えるのですが気持ち的に違うのではないかと?

物によってはほぼ傷無しで18000円弱。電子ビューファインダー付きでシャッタースピードダイヤルがあるのに、この価格で手に入るのは嬉しい限りです。

もちろん、X-E1でも底蓋の後半分がプラスチックだったりしますが上蓋が金属というのは大事です。

ただ、そんなことを気にしなければX-T10もいいカメラだと思います。ほんとは欲しかったりしますから、、、

X-E1とX-E2の使い勝手で決定的に違うのは計器類の表示です。以前にも書きましたがX-E1の表示はコンデジ並みのチープ感がありますが、E2はスッキリしてカッコいいです。もしかして表示フォントが小さくなったことも影響してるかもです。小さくても見易いすく情報量も多い(けど、邪魔しない)ので、なんか操作感がアップしてきます。各所ボタンの割り当てもE1はファンクションボタン1カ所のみ。E2は様々なボタンが変更可能です。

とはいえQメニューで素早くアクセスできるので、あまり問題はありません。

|

« iOSアプリ Spectreの本領発揮 これが撮りたかった | トップページ | 常滑の散策コースへX-E1Bの試写を兼ねて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iOSアプリ Spectreの本領発揮 これが撮りたかった | トップページ | 常滑の散策コースへX-E1Bの試写を兼ねて »