« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020/07/19

レンズフード 丸型か角型か カッコいいと感じるのは

FUJIFILMの多くのレンズフードは角型ですね。格好良く見えるように?絞り込んだレンズの画角に合わせたメタルフードです。

しかし格好良さに比例して価格も高いように思います。安い角型フードは汎用なのでケラレが出ないように必要以上に広く広がっているようにも思います。でも安い価格は大変魅力があります、私的には、、、

今持っている丸型と角型、どっちがカッコいいか付け替えて比べてみることにしました。

先入観もあってか、やはり角型のがカッコいいと思ってしまうんです。実際、片手で握って撮影に出かけて、なんかライカを持っている錯覚にとらわれます。自己満足ですね。

amazonを探して49mmと52mmのセットを見つけました。X100Fも49mmですからこれに付け替えようと思っています。52mmはズームレンズ用に。

| | コメント (0)

2020/07/18

Brightin Star 35mm F1.2 名城公園で試し撮り

生憎の天気ですが、僅かな晴れ間を利用して撮影に行ってきました。晴れ間というかポツポツと降り出していましたが、、、

最初はまだピントリングと絞りリングをうまく使い分け出来なくて暗い画像ですが補正はしません。

野良猫が平気で寝ていたりしますが、あまり近寄ると逃げそうでこれが精一杯でした。

小さな向日葵?はもう満開でした。

写真映えする画像ですが小さいのでピントをどこに合わせるかで大分違ってきますね。

バックのボケはあまり綺麗とは言えないのかな

よく分かりませんが開放で撮ると、かなりピークが狭く感じました。

切れ味はあまり鋭くないかもです。(ピークが狭い割に)

| | コメント (0)

Brightin Star 35mm F1.2 予定より大分早く到着しました

amazonの予定では8月中旬、それよりも遅れるつもりでいたのですが何故かもう到着しました。税関業務がスムーズに行ったお陰でしょうか?

Brightin Star 35mm F1.7も持っているので比較しました。やはり大口径レンズはカッコいいですね。大きさも思ったより大きくなく同じくらいの印象です。

なぜ同じ35mmをまた買ったのかというと、ピント調整リングが大きいからなんです。絞りリングとピントリングをよく間違えてしまうので、これなら間違えないかも?と。オールドスタイルでX-E1にも良く合いますし

さて、いつもの名城公園で試写と行きます。

| | コメント (0)

2020/07/15

伊勢神宮 外宮のパワーストーンは本物だった

今まで何度もお伊勢さんの外宮に行っていますが、パワーストーンだと言われているしめ縄で囲まれた石に手をかざすことをしませんでした。

なんだか恥ずかしいのと、パワーなんてあるわけが無い、と、、、

何故か今回は、そうか!観光客が少なかったので恥ずかしさも薄れて手をかざしてみたんだと思います。

そしてかざした結果は?

不思議です!電気風呂の中に手を入れて時のようにピリピリとするんです!娘も同じ事を言います。本当にピリピリしたんです。これが所謂パワーを感じるというのでしょうか?不思議ですね。

習わし通りに外宮から参拝して内宮に。ここでいきなり本殿には行きません。風日祈宮へ先ずは参拝に。(実は勘違いしていました>伊勢神宮の祖だと思っていましたが違うようです)

ここは風雨を司る神をお祭りしているそうで、これ以上、お暴れにならぬよう御参りしてきました。

参拝者は少なかったですね。私は言い訳ですが隣県なので今年初めて参拝に訪れました。おかげ横丁もいつもの賑わいどころか、閉店しているお店さえありました。正月に軒先にてワンカップ片手にくだを巻いていたコンニャクのお店は辞めてしまったそうです、、、、そうそう、商店街の入り口にあった赤福の出店はなくなっていました。何を作るのかな?

明治からやっている昆布屋さんで藻塩を買ってきました。これでおにぎりを握ると美味しそうです。

帰りはパイン大福を買って帰途につきました。

| | コメント (0)

2020/07/14

角形レンズフードを買ってみた

レトロなライカ風丸形レンズフードをレンズ保護を兼ねて常備しています。しかし角形レンズフードもまたレトロでライカ風で気になります。

今回は中華レンズ径に合わせて43mmと46mmを買ってみました。商品画像では金属風でしたが実際はプラスティックでした。ま〜、二つで2300円程なので仕方ないですね。

丸と角、どちらがいいのか分からなくなってきました。角型だとかなり飛び出している感が強く、カッコいいとは思えなくて、、、単純に慣れの問題でしょうかね?丸型は金属製ですから質感や満足度は高めです。X-Eシリーズに角型は合わないのかも?

| | コメント (0)

2020/07/13

トーチマイスターの秒針が外れたので修理してみた

あるとき、ふと腕のトーチマイスターを見るとなんか変?

  よく見ると秒針が外れているではありませんか!まだ保証期間内だったので販売店にメールすると送料負担で送ってくださいと。半年以上経っているので、でしょうか。送料は良いんですが荷造りが面倒なので放置していました。

  なぜ放置していたのかというと理由は一つ、竜頭をどうやって外せばいいのかわからなかったから。あ、自分で直すには、ですが、、、

  しかし、ネットで検索したらメチャメチャ簡単でした。竜頭の先端付近にあるボッチ(或は穴)を探して押さえればスルッと外れるのでした。「竜頭を外すには?)と入れれば出てきますよ。ここからがちょっと大変でした。秒針を取り付ける穴に嵌めるのも大変ですが、その時にちょっとでも針を曲げてしまうと長針に当たって動かなくなってしまうんです。私はムーブメントを入れたり出したり4回ほど悪戦苦闘しました。

  それでもなんとかスムーズに動くようになり1年ぶりくらいに復活しました。嬉しいですね〜。

  ただし今の左腕のレギュラーはApplewatchがしっかりと居座っていますから温泉とかでしか出番はないのかも、、、いや、夏は半袖でギラギラさせたいですから出番も増えるかな。

| | コメント (0)

2020/07/08

ニトリのウォールシェルフにはまり中

ウォールボックスを3カ所に取り付けても何か物足りない。次はウォールシェルフの番なんですね。今までも安物のウォールシェルフをいくつも吊っていましたがチープな感じで満足感はありませんでした。

とはいえニトリのウォールシェルフも高価では無く、せいぜい2500円程度でそこそこ感じが良い「飾り」になるんです。

今回はベッドの頭の部分、高級マンションの広告などでは必ず棚がありますよね。あそこまでとは言いませんが、なにか棚があるといいかも?しかもコーナーまで被っているとスペースを有効的に使った感があり自己満足ですがカッコいいです。

画像のウォールシェルフもコーナー用と60cmの2つのパーツで出来ています。例によって洒落た置物など有りませんし、実用的な使い方も思い浮かびません。そこら辺から集めた「らしい」ものを並べてみました。

取り付けは石膏ボードでもしっかり取り付けられる3点ピン打ち式なので大きな穴も開かず取り付けられます。

無印良品でも同じようなものが売っているようですね。

写真追加:BOXで飾っているもの

| | コメント (0)

ガチャ カリモク60 2 揃えると見萎えします

カリモク60 1 はダブりまくりですぐに諦めてしまった覚えなので、今回はフルコンプをショップで買い求めました。なんと定価の500円のまま、送料もメール便で270円でしたから、かなり効率がいい買い物でした。

ガチャでチャレンジする場合、私の経験ではイスか机ばかり出るんです。二人がけソファーは出にくいですね。オットマン+ブックシェッルフはハズレ感があるかもしれません。やはり最初からフルコンプを買った方がいいのかも?


| | コメント (0)

バルミューダ グリーンファンミニのリモコンを修理

バルミューダ グリーンファンミニのリモコン、デザインは良いのですが、ゴムに欠陥というか耐久性が弱いので2〜3年も使っていると反応しなくなってきました。接点復活罪で、スイッチ部分にスプレーしてみても直ぐに反応しなくなってしまいます。

分解して見てみるとゴムの突起部分がすり減って反応しないことが分かりました。手っ取り早く治すにはゴムの補強なので期限切れのカードを部位に合わせて切り接着剤で貼り付けたところ新品の頃の反応に戻りました。

それでも治らない場合はスイッチの問題があるので部品を探して取り替える等の大修理が必要です。いずれその時が来たらまたレポートします。(すでに明暗調整スイッチは直りませんでした)

追記:分解するには電池取り替え蓋を外すとネジが3個見えるので、3個とも外せば簡単に分解できます)

| | コメント (0)

2020/07/05

X-E1視点を変えていつものお散歩コースへ

接眼保護レンズを修理して、そろそろテストも終了なんですが何故か持ち出すのはX-E1シルバー。愛着が湧いたのかも?

梅雨の中休みで蒸し暑い中、いつもの庄内川までお散歩。いつもとは違った視点で撮影しようと努めた結果、芸術ならぬゲージツ作品が撮れました。

Brightin Star35mmF1.7の逆光時フレアーはレンズフードを付けていても凄まじいですが、逆に味になっているかもです。

X-E1の電子ビューは詳細画素で見易いのですが、完全マニュアルでピーキーな中華レンズはレンズピーク機能が欠かせません。簡単に言えば中心部を拡大してキッチリ、ピントを合わせる機能ですがもう日常的に使うようになってきました。

この地方でもかなりの降雨量でしたが川暈はあまり増えてはいませんね。

帰り道、新幹線のガード付近をふと見上げると「1963−02」と刻まれていました。1963年2月に施工なのか完成なのかしたんですね。歴史が刻まれていました。

最後の画像ですが、電車のタイミングがバッチリでした。狙った通りの画像です。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »