« トイレの水栓を自動水栓に交換してみたが、、、 | トップページ | 再び自動水栓を購入して取り付け作業に入るも穴が小さくて、、、 »

2020/09/02

久し振りに名古屋城で撮影会 モノクロだけで攻めるもイメージ倒れで終わった感じです

台風の影響で曇りがちなのを良いことに名古屋城に出かけることに。少し気温が下がった4時過ぎに出かけることにしました。

今回はモノクロ、Xシリーズはフィルムブランドはなくモノクロしかないので。いざファインダーを覗いてみると、せっかくのぽっかり浮いた雲がとんでしまう場面ばかり。城を撮るか雲を撮るかに迫られます。今回は雲を優先することにしました。天守閣と小天守にある渡り廊下には今でも空襲で焼けた跡が残っています。

名古屋城のシンボル、金シャチが夕日にもうちょっと輝いてきたら良い写真が撮れたかも?と考えましたが50mm(換算)では難しいかもです。

子供頃から気になっていた古井戸ですが以前はあったはずの屋根が無くなっていて?かなり朽ちてきました。このままだと消滅してしまうかも?と心配しています。

名古屋城の銃眼が小さな丸だったことを恥ずかしながら今日、初めて知りました。落ちかけた日の光で分かりました。

雲のダイナミックさを表現するのも良いですが、メインであるはずのお城がシルエットというのも何だか違うような気もします。

|

« トイレの水栓を自動水栓に交換してみたが、、、 | トップページ | 再び自動水栓を購入して取り付け作業に入るも穴が小さくて、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トイレの水栓を自動水栓に交換してみたが、、、 | トップページ | 再び自動水栓を購入して取り付け作業に入るも穴が小さくて、、、 »