« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020/12/16

ユニクロの旧マウンテンパーカー 奇跡?の61/39比率だった

ちょっと前に、シエラデザインのマウンテンパーカーが記事になっていました。60/40比率は今でも頑なに守って、USA生産しているとか。USA製は4万前後もします。

60/40と言えばうん十年前、雑誌POPEYE辺りが褒め称え私の心に深く刻み込まれていたのでした。当時でも2万はしたはずで何度もお店に見にいきました。

結局、ウールリッチとかペンドルトン?を買った(安かったから)ような記憶です。そこで傍と思い出したのが数年前に買ったユニクロのマウンテンパーカーです。見た目はシエラデザインのマウンテンパーカーのアイコンであるフードとウエストの紐が革のストッパー付きで再現されている優れもの。これが4990円くらいで買えたんです。まさかと思って素材を確かめたら、なんと61/39比率だったんです!

61/39比率はもしかしてパテント的な「外し」か?或いは縦糸と横糸の比率では無いのかも知れません。しかし比率だけで言えば「本格的」ですね。2枚買ったのに1枚は捨ててしまったような、、、

で、悪い癖が出てきました。2つの悪い癖ですが、、、

①本家シエラデザインのマウンテンパーカーが欲しくなってきたんです。

②でも4万は出せないからUSAではなく中国生産でオリジナルでは無くフードとウエストの紐が無い(つまりはオリジナルでは無い)品を注文してしまったんです、、、

直ぐ欲しくなる、と、オリジナルでは無い、という2つの悪い癖、、、

それでも2万はするんですね。モデルが沢山あって胸ポケットがないモデルは16800円とかですが最低限、胸ポケットもある4ポケットは欲しかったので。

もうアウターは置き場に困るほどあるんですがね、、、、


| | コメント (0)

2020/12/14

犬山城下を少し散策 辛うじて紅葉は残っていました

本日も切符の期限切れを避けるため名鉄電車でお出かけです。今回は比較的近場の犬山です。急行なら名古屋駅から35分ほどで到着です。曇りから本格的な雨に変わっていったのですが予想は曇りだったんです。ですがカウチンセーターはまったく雨を感じさせない傘要らずのアウターでした。リュックがベタベタなのにほぼ濡れてる感無しでした。

今回は人出も少ないだろうとブーツでも(犬山城で)脱ぐのに苦労しないと思ったのですが、思ったより人出が多く、とても入り口で悠長なことをしてられないだろうと登城は断念。周辺のみの散策です。カップルが多かったというのも理由ですけど、、、、、、今回は中華レンズの広角です。これは失敗でした。ピントのピークが見つけにくい。あと慣れないX-E2も問題の一つです。似たような機種ですが微妙に操作が違うんです。いちいち戸惑って思うように撮れませんでした。

猿田神社もあったのでお礼参り。沢山の分社が多く鎮座されているんですね。

金の神輿や重軽石までありました。いま、あの石を持つのはどうかと思いますが、、、(画像手前の黒く丸い石)

紅葉も終わりがけですが赤と黄が微妙に混ざってきれいでした。

今回もビビッドに切り替えて鮮やかに見えますが、まー普通ですね。

犬山城港、というのがあることを初めて知りました。観光船でしょうか?立派な船着き場があるように見えました。この辺りは名古屋市の水道水を取り込む木曽川取水口があるところで、けっこう見応えがあります。ダムもありますね。

犬山駅から脇道に入って寺町を通ってきたのですが、しだれ桜の立派な木が境内にあるお寺を発見。春にはきっと穴場となる事でしょう。(画像はピンボケだったので掲載しません、、、)

城下町に一軒だけ?無料開放の商家があったのですが、こんな時に限ってカメラが変になってしまって入り口の露出不足な1枚のみです、、、

最後に名鉄犬山駅で電車待ちの時に珍しく4編成が並んで停車しているので撮影。直ぐに2両は動き出しました。犬山駅は分岐が多く、色々な方面へ繋がっているんだと改めて思った次第です。

もう広角のレンズは持っていかないかも、です。標準レンズかズームが良いのかも?でもズームを使うと「動かなく」なりますよね。

| | コメント (0)

2020/12/12

ロッテリアの衝撃 48年前の話ですけど、、、、

ロッテリア、今はけっこうマイナーな感じになってしまっているのが寂しいのですが、、、名古屋ではマクドナルドより早く栄の丸栄百貨店(今はもうありません)の半地下に第一号店が出来たんです。

なにが衝撃的かと言えば。

第一にシェイクです!それまで日本にはアイスクリームはあっても、ストローで飲めるアイスクリームなんて見たことも聞いたことも無い!とにかく驚きでしか無かったです。

第二に、ポテトフライ!!第一位にしてもいいくらい驚いた!なにこれ!みたいな。ジャガイモ料理と言えばそれまで日本では「肉じゃが」しかなかった、くらい衝撃的でした。

第三は、ハンバーガーと言いたいところですが、マルシンハンバーグでちょっとだけ慣れていたので、、、、

立って食べる!これでしょうか?名古屋では立ち食い鮨屋なんてなかったですから、立って食べると言うのが衝撃的でした。立って食べて良いんだ、くらい驚きました。今は逆に立って食べるお店は無くなりましたね。当時はそれが格好良かった。アメリカンな感じ、、、

年に何回かシェイクが50円という時には2杯はお替わりしました。安かったなぁ、、、

こんなこと書き出したらもう老人の仲間入りですね、、、、、、

追記 当初、ロッテリアにはハンバーガーはメニューに無かったかも?

そしてこれも初めての味、イタリアンサンド!!プレスしたトーストパンの間にとろけるチーズが!!ピザサンドみたいな感じです。これを第一にしてもいいくらい!ピザさえ庶民には浸透していなかったのに。復活したら直ぐさま買いに行きますよ!

| | コメント (0)

2020/12/11

Technicsで思い出す事 コンポーネントステレオの世界

なにか知らない間にレコードプレーヤーの新製品がTechnicsブランドで出ているらしいのはガチャの説明文で知りました。画像の(ガチャ)プレーヤーは2019年に発売だそうで。レコードブーム復活と言いますが、どこまでレコードのことが分かって買っているのか?(とか言う私自身も当時は初心者レベル、、、)

そうそう、思い出す事でしたね。(つたないうんちくは後日) かれこれ40年以上前(年齢を逆算しないで)、名古屋松坂屋の新館のワンフロアを全て借り切ってTechnicsのショールームがあったんです!!こんな大規模なオーディオのみのショールームなんて他の都市にあったのか!と思うくらい大規模なショールーム、触って、聞いて、くつろいで。当時駆け出しのステレオ小僧だった私は、よく覚えていませんが唯一のシネラマ劇場で映画を観た後に歩いて栄(当時、名古屋の中心は栄でした)に行き、小一時間はTechnicsのショールームで過ごした記憶です。(その後に名古屋でマックより早く出店したロッテリアに行きました。)

なにしろ広大な面積のフロアにTechnicsの製品のみ、ギッシリ展示してありました。しかも操作自由、ヘッドフォンで聴き放題でした。なにか知ったかぶりのオーディオ小僧は高級機の前で音楽を聴いていたような。今思えば音の違いなんて分かるわけも無く、、、

なのに、なのにですよ!Technicsの製品は買ったことがないんです!!!

当時のレコードプレーヤーで有名だったのはデンオン。今では何故かデノンと改名?して仕舞ったのですが私は今でもデンオンです。電音でしょ?知らんけど、、、

(しかし買ったのはSONYのDDドライブプレーヤーでした)

アンプは何と言ってもサンスイ(山水)でした。プリメインアンプ止まりが私の限界、、、操作部とパワー部が分かれている次元まで行けませんでした、、、

FMチューナー(FMのみと言うのがマニアック!)はトリオが一歩抜きん出ていかも、で購入。

カセットデッキが定かではないんです。最終的には日立のローディなんですが。なぜ日立か?当時、3ヘッドは日立しか無かったから!3ヘッド?とお思いですか?

3ヘッドは画期的なギミックでした。なんせ録音した音源が、録音と同時に再生される!ややこしいですが当時は(今でも)録音し終わって再生して初めて、どんな音で録音されているか分かったんです。当たり前ですよね。ところが3ヘッドは録音している最中に、どんな音で録音されているか分かる。う〜〜ん、分かりにくいですよね。

当時のカセットデッキでちょっと高級機にはバイアス調整が出来る機種がありました。バイアス調整とは(ほんとはよく知りませんが)カセットテープの特性に合わせて録音の音を調整できる機能、と言えば分かりやすいでしょうか?切替レバーでレコードとカセットに録音されている音とを聞き比べて、バイアスつまみを調整して、なるべくレコードと同じ音に近づける、こんな作業が出来るのが3ヘッドの利点です。

こんなことで?と思うでしょうが車でカセットを再生してみるとハッキリ違いが分かるんです。弟の友達にも驚かれた、と聞いた覚えです。

いや、もう一つ、調整つまみがあったんですが忘れてしまいました。2つの調整で完璧な音源を作り出す、そんな楽しみがありました。今のデジタル世代には利米出来ないかもしれませんね。アナログはそんな楽しみ方がありました。

長くなりましたがカセットデッキは日立で。あっ!!ホントのオーディオファンは「ナカミチ」のカセットデッキと言うかもしれません。そうです、ナカミチですよね。でも、お高いんです!学生、いや、安月給のサラリーマンが買える価格ではなかったような?言わば憧れの高級機がナカミチでした。

スピーカーはONKYO(音響)が一番と信じていました。いや、高級機ならアメリカ製のスピーカーとかありましたよ。メチャメチャ高かったから、、、スピーカーコードにまで懲りました。付属のコードなんて使いません。銅の純度99,9%とか、編み上げたコードとか色々買いましたが、ショージキ言えば、、、、分かりません、、、、、、、、、、

高くても安くても変わらない、ような気もします、、、、、、

Technicsとはかなり離れてしまったんですけど、最後にもう一つ。

比較的、高級機を出していたTechnicsですが、あるときいきなり超低価格なコンポーネントステレオを発売しました。衝撃的でした。確か19800円???

レコードプレーヤーとアンプとスピーカー2台だけだったような覚えですが、それでも19800円には度肝を抜かれました。ありえない安さ!欲しかったのですが買いませんでした。ちょっとチープな気がして、、、少年マガジンの裏表紙にはパイオニアのラジカセと競って広告を出していたような?

Pioneer、当時、ウルフマン(米国の有名なDJ、映画アメリカングラフティにも出てきました)を起用した画期的な商品でした。欲しかった!

酔っ払いついでに。

三菱電気のダイアトーン、これも有名でした。でも何が良かったのかな?スピーカーだったような気がします。特殊コーンを使ったスピーカーが有名だったのかな。

あぁ、まだ書き足りないのはロッテリアの事です。オーディアじゃなくなっている!!明日にでも書きたい!

| | コメント (0)

ガチャ 1個で辞めた猫系2種

なんでも集めたくなる私でも、これは1個でいいや、、、と思う物もあります。

猫物はリアルなら全色揃えたいのですが今回の猫物はリアルという点で不合格。

先ずはマッチ箱に入った猫なんですが顔は文句ありません。ただ顔から下がギミックのせいでないに等しい。これでは愛でることが出来ません。マッチ箱を引き出すとヌッと顔を出す仕掛けなんですが、、、

もう一つはパン屋の猫?だったかな?リアルさに欠けるのは塗装かな?目がね、、塗装がはみ出しているんです。だから×。

でも正直、もうかわいらしいガチャは出さないで欲しい。つい買ってしまうから、、、、

| | コメント (0)

2020/12/09

BE-PAL 1月号を買ってみたら付録のオリジナルマルチツールの出来が良かった件

正直に言えば、BE-PALが読みたかったのでは無く付録が欲しかったので買ったのです。それでも付録だしオモチャの隣くらいに考えていましたが友は高評価。なので買ってみることにしました。思いのほかよく出来ていますね。実際に使ってないないので耐久性などは不明ですが見た目はカッキリしています。持つ喜びを感じます。

あとは、どこえいってしまったのか探さなくてはいけない事態にならないようにしないと、、、着火ツールとかもうどこに仕舞ってあるのか不明かも、、、

| | コメント (0)

ガチャ 銘菓流石のチョイス よく再現されています

ガチャ銘菓を見たとき柿の種以外はよく仕事関係のメーカーさんから御中元や御歳暮で頂いたものばかりだったので懐かしくて。贈答のド定番だったんでしょうね。今でも贈答品の王道という感じです。

しかしながら貰いすぎて(食べ過ぎて)今では貰っても「またか、、、」くらいに贅沢になってしまって、、、でも食べるんですよ、美味しいから。

よく出来すぎていてサイズ感が分かりませんね。3cmも無いくらいです。

| | コメント (0)

レトロニクス 洗濯機&冷蔵庫&白黒テレビ

レトロニクス、全8種類ですが、扇風機とステレオと電気コンロにはまったく馴染みが無く欲しくありませんでした。ですからコンプリートキットは買わずに運だけで欲しかった洗濯機と冷蔵庫と白黒テレビをダブらずに引き当てたんです!こんなの初めてくらいですね。

一番懐かしさを覚えるのは洗濯機です。脱水は2本のローラーの間に洗濯物を挟んでクルクルと引き延ばす、圧迫されて水気が切れるという仕掛けです。今思えば洗濯の操作はまったく覚えていません。子供の頃でしたからクルクル回すのが楽しかった!排水は左側のホースを下に向ける、という至極当たり前の仕組みでした。ですから屋外に置くのが普通だったんじゃないかな。

冷蔵庫、これも記憶が薄いですね。冷凍庫がそういえばそんな感じだったかな?というしか、、、白黒テレビもハッキリした覚えはないのですが忘れているだけかも?昔のテレビは調子が悪くなると側面をバンバンたたくと直るという漫画みたいな電化製品でした。一番タフな電化製品だったかも。

あ!もしかして屋外アンテナなんてなくてテレビの上のアンテナを左右に振って最も受信感度がいい方向に向けていたかも?ラジオみたいですね。ブラウン管の電源が入っていない感じを良く出しています。

一番下の画像に写り込んでいるTechnicsのレコードプレーヤーはまた後日紹介、、、

| | コメント (0)

2020/12/07

豊川稲荷は正月に向けての準備が始まっていました

連日のお出かけ。この時期に、なんですが名鉄のチケットの期限が今月15日まで。6枚有るので必死に使わなければ、、、なんです。もっと早く気が付けばいいものを。

名鉄 豊川稲荷駅も大改装を行っています。ホームの整備や駅舎の新築など。どんどん変わっていきますね。

変わっていくと言えば豊川稲荷さんです。どんどん古い重厚な建築物が壊されて近代的な建物に変わっていくのは寂しいものですね。事務所の建て替えが終わったと思ったら今度は本堂から下って直ぐの講堂?がすっかり無くなっていました。(たぶん)コンクリート造りの建物に変わるそうです。よく見ませんでしたが、もしかして木造だったらゴメンナサイです。

今回初めて遭遇しましたが、お狐さんの赤い前垂れを全て交換していらっしゃる人に会いました。見たところボランティアでやっていらっしゃるような感じですが?300体ほどのお狐さんを交換するのでしょね。大変です。正月に向けて、でしょうか?右半分のお狐さんの前垂れは全て外してありました。

| | コメント (0)

2020/12/06

二川橋宿本陣資料館はほぼ復元された本陣でした

数少ない本陣跡かと思いきや、荒廃していた屋敷跡をほぼ復元した歴史遺産では無くて文字通り、本陣資料館なのかなぁ、、、勿論、本陣の裏側にコンクリート造りの資料館はありますが、全てをひっくるめて資料館と言った方が良いですね。

ただし間取りなどは昔のまま、本陣を辞めた時に取り壊した構築物は資料を基に復元してあります。大名専用の部屋とかトイレがそうですね。畳敷きのトイレは映画でしか見たことがありません。

トイレと言えばそこら中にトイレ(雪隠など)があります。勿論、現在は見学専用のトイレですが匂い抜きなのか必ず中庭が拵えてあります。

本陣の真横は旅籠が再現されていました。隣り合わせに旅籠があるんですね。リアルな人形のお陰で当時を偲ぶことが出来ました。

ちょっと鍵型になっている街道の角には商家が無料開放されていましたが、どうもギャラリー化されていて、当時の面影を偲ぶ事が出来ませんでした。カメラも写しませんでした。

本陣の真裏は東海道線がすぐ近くを走っています。そうそう、二川駅から900mくらいあるんです。けっこう歩かされましたね。道が狭いのにけっこう交通量が多く、車を気にしなながら歩くのは辛いです。

| | コメント (0)

2020/12/05

ガチャ HONDA Cityコレクション そこそこの出来かな

懐かしのHONDA Cityの登場ですね。300円ながら転写技術の向上でそこそこよく見えます。おそらくはクリアボディに塗装を重ね、窓やライトがリアルに見えます。

当時はかなり革新的な自動車でしたね。若者に手が届く個性的な自動車でした。後輩が乗っていましたが大破して廃車になった覚えです、、、

| | コメント (0)

初冬の庄内川河畔は自分的に良いとこ無し

久し振りに庄内川で撮影をしようと夕日目当てに行ったのですが、この時期の日の入りは東に大きくズレていて対岸からしか撮影できません。計算外でしたね。特に紅葉樹もないし、ススキも絵になりません。

新幹線を撮影している方が多かったですね。ちょうど名古屋駅を出てスピードが乗り右に大きくカーブしている場所が歩道橋から見られます。望遠ならかなり良いアングルなので 人気です。私は今日は広角レンズなのでヘタな流し撮りオンリーでした、、、

次回は雪が降ったときになるかも、、、

| | コメント (0)

2020/12/02

名古屋城 二の丸庭園で紅葉を探してきました

名古屋城は基本的に紅葉の名所ではありません。従ってこちらから探しに行かなければ紅葉に巡り会うことはありません。まず有りそうな所は二の丸庭園でしょうから真っ先に行ってみました。

期待するほどの紅葉している木はないですが、所々は紅葉しています。木によって違いますが今が一番の見頃なのでしょうかね?

人も疎らで奥深く侵入(合法区域ですが)したのが少々、後ろめたい気持ちになります。

今回も思ったのですが、やはり中望遠は必要ですね。勿論、基本は寄って写す、のですが近寄れない場所もありますからね。

どこの紅葉にも言えることですが、鮮やかに紅葉している木は少ないですね。大概は枯れた感じが多いです。ですから表から写すより裏から、或いは逆光で写さなければ綺麗に撮れません。

余談ですが、加藤清正と家来衆が正門前に待っていたタクシーに乗って帰っていきました。馬じゃ無いんだ、、、

今回もX-E1と中華レンズ50mm相当、で撮影しました。

| | コメント (0)

最近ちょくちょく見かける登山ロープを使った?カメラストラップが安かったので買ってみた

いつも思うのですが、自分のカメラの持ち方はストラップを手に括り付けて持つスタイル。肩や首にぶら下げるなんてめったにありません。

ならば初めから手に括りやすいように短いストラップが良いんじゃないかと。それには細いストラップでは心許ない。と言うわけで最近よく見かける太いロープのようなストラップが良いんじゃないかと。

メーカー品だと4000円位しますね。そんなときamazonで見つけたのが1600円で売っているロープストラップです。ハッキリとクライミングロープと書いてありますね。短いストラップならこれしか私は要りません。カラーはオリーブにしましたがよく見るのはオレンジですね。それも良いかも?

取り付けるには三角環を取り外さなければいけません。何故なら初めから環が付属、というか縫い付けられているからです。ボディに傷が付かないように革?のガードも付いていますね。

見たところ丈夫そうに見えるので安心はできそうです。

どうしても肩に掛けたいときでも、特に問題なく下げられますね。

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »