2017/02/22

名古屋城の梅は3分咲きくらいでした

そろそろ名古屋城の梅も咲き出す頃なので行ってきました。

スターウォーズ展を開催しているようですが特に人が多い印象はありませんでした。

まず正門より入ると北側が発掘調査中なのが目につきました。さて今まで何があって江戸時代は何が建っていたのかは今のところ不明です古地図で見ると重要な建物はない模様です。長屋風の建物、倉庫か待機所なのかも?

お次は定番の撮影スポット。SONYのDSC-T300は意外にきれいに写ります。

梅の花が三分咲きほどですから櫓をバックに望遠側に思いっきり振ってバックをぼかしてみました。が、望遠側にするとなかなかピントが手前に合いません。

今回はピント合わせに手一杯で露出を加減するまでには至りませんでした。反省です。

次は二の丸庭園の復活作業状況を見にいったのですが一旦、2月末で終了するみたいです。小山の造成作業中でした。

Cyber-shotT300はNIKONの屈折レンズと違い、かなり湾曲は補正されています。ツァイスの力?(もありますかね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/11

久し振りの軽登山 鳩吹山で足慣らしのはずが、、、

鳩吹山は西山とか周回コースになっていて4つ位の山を登ったり下りたりで、けっこう自分的にはキツいんです。でもそこそこ400m前後の山ですから足慣らし程度の感じで行ってみました。

気温は8度と普通なら低く寒いくらいですが登り始めると汗が噴き出すので、トレイルラン用のウェア1枚で(途中着替えましたが)最後まで行きました。今回は一人で行ったし、なんと!!!!最終予定地点のコンビニが改装中で、おにぎりを買えなかったんです!!こんなことは初めてで、辛うじてパックに入ったエネルギーチャージ系のゼリー1個だけ携帯していましたから食事休憩無しのぶっ続けで歩きました。ここで休んだら寒くてアウターが必要でしたね。(携行はしています)

それと、70歳くらいにみえる御老人の夫婦がスタスタと岩場の急坂を下りていくので、ついつい自分もハイペースに、、、これでいっぺんに足の裏がやられて、最後の下山に大きく影響しました。やはりペースは自分で考えないとです。

先にも書きましたが、登っては下り、また登っては下りの連続。かなり体力が消耗します。なぜあの御老人達は軽々としていんでしょう?(鍛えているからですね)

そんなわけで低山ですが、たるい山ではなかったです。

遙か遠く名古屋駅の高層ビル群が見えるくらい澄んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/09

明治村はそろそろ紅付き始めました

久し振りの明治村。今日は12月の寒さとかで少々厚着で出かけました。観光バスがずらりと並んでいて、何かと思ったら表千家の同門会とやらでした。そこここで「本日貸し切り」の立て札があり入場できません。それにしても和服姿のご婦人が大勢、日本中からいらしたのかしら?

それはいいとして、紅葉も真っ赤に色着いてる木もあります。でも、今日気がついたのですが緑と赤が混じっている方が綺麗だという。

ステンドグラスも時間によって様々な表情があるので飽きません。

今日はSONYのCyber-shotで撮影ですが強制フラッシュ発光が見つからない?せっかくの紅葉ショットも冴えません。(でも土門先生ならフラッシュは使わないですね。)

村内に柿の木があるのも初めて知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/25

名古屋城外堀にあった灯籠の礎石は屋敷の名残か調べてみた

昨日、自転車で用事のついでに名古屋城周辺を廻ってみました。普段は通らない役所が集まる内堀周辺を散策。石垣なのか土塁なのか今は入れないので分かりませんが古地図によると武家屋敷がびっしりと並んでいたようです。外に廻って旧瀬戸線のあった「お掘り電車」跡をみていたら灯籠の礎石のような物が置いているのを発見。もしかしてここは旧武家屋敷の庭で、その名残ではないかと?

家に帰って古地図(幕末時)を開いてみたら現在と同じく「空き地」でした。(赤い矢印の部分)

道路拡張で邪魔になって隅に避けられたのか、もともと防犯上灯りが必要で灯籠のような物があったのかは不明です。

場所は現在の名城小学校の前、靖国神社の東外側になります。(テニスコートのある辺)

馬廻り場が地図にはありますが現在はもうなかったような?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/12

Cyber-shot DSC-HX5を明治村で試し撮り

Cyber-shot DSC-HX5はたぶん10年くらい前、初めてくらいにGPS内蔵デジカメとして発売された機種だと思います。当時、私はシルバーを購入して「もうこれは一生使える!」と友達に豪語していましたね。ま、その後、割と早い時期に手放してしまいました、、、、、、、、

今回、本体のみでしたが手に入れることが出来たので久し振りに使ってみました。GPSはパソコンと連携して予め地図情報をCyber-shot DSC-HX5側にインプットしておくと計測が早く出来るとかでしたが、本体のみでもきちんと位置を把握できました。(カメラの向いている方向も)

久し振りに使ってみていいと思った点は、

・ズームが綺麗(今回、ほとんどズームで撮影していました)

・ズーム時でも暗所でも手振れが認められない

・暗所はほとんど見たままに撮ってくれる(マニュアル時)

あれ?この2点だけ?それでも自分なりに綺麗に撮影できたと思っています。

悪い点は、

・露出補正が簡単にできない!現場ではとうとう出来ませんでした、、、

・同じくマニュアルでのシャッタースピードと絞りを変更出来ませんでした

・マニュアルはスポット測光&ピン測距にしてあるのに露出が不正確

といった感じでしょうか。マニュアルで自分の意志を画像に入れ込むにはかなりの手間が必要と感じました。AIオートで撮れっていうことですね、、、

最初は牢獄の薄暗い感じをそのまま写してくれました。

今回、ズームを多用したきっかけは見た感じと同じ大きさにしたかったから、というのがあります。同じ大きさというか人間の目が自然に見たい物に焦点を絞ったのでズームになる、という感じでしょうか。

いつもの天主堂内部も見たままの暗さ、撮りたい物への適正露出が決まっていて気持ちが良いです。

今まで何度も撮ってきた明治村の建物もズームで写すとまた違った建物に見えて新鮮です。私は単焦点&標準レンズ派なのですが、やはりズームレンズしか出来ないこともあると言うことを再確認しました。

灯台なんて明治村に見えませんね。

ただし和風の建築物には大きな特徴が無いのでズームがないというか、今回ほとんど撮っていないことに気がつきました

そうそう、いままで撮りたくても近寄ると直ぐ逃げてしまっていた蝶も、ズームならバッチリ!!羽を広げる瞬間を捉えてくれました。(けっこう閉じたり開いたり動いています)

逆光できれいな緑を出したかったのですが、カメラが言うことを聞いてくれません。露出オーバーで建物に合ってしまっています。

南天の実が綺麗だったのでズームで背景をぼかしたかったのですが、さすがに小さな画素では綺麗にボケてくれません。

という感じで大まかには良いカメラですがマニュアルが使い難すぎて次回からの登場に影響するのかも、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/05

名古屋城 二の丸庭園の復元具合を見てきました

名古屋城の年間フリーパスを窓口で作ってもらったのですが写真は自分で持っていく必要があります。大きさは免許証の写真くらいがいいです。というのも写真を透明テープで貼り付けるだけの簡易なパスだからです。期限は別の場所でゴム印で印字します。2000円で1年使えるのですからお得感は高いですね。(入場料500円)

ただ、入り口で製作するので当日の500円は必要ありません。よくある施設の中で購入するのでは無いから当日からパスを使って入場です。

今日は天気も悪いので二の丸庭園だけにしようと東に行くと隅櫓があるのですが、化なり荒廃が進んでいる様子です。屋根には雑草が生えていますが、これはかなり前からの現象です。

それはいいとして、二の丸庭園の第一期工事が終わったようなので見にいってきました。以外に以前と大変わりは無い感じです。現場の案内看板によれば、まずは大きく育ってしまった木を切って切り株だけにする>その後、切り株を除去して石谷を整える、という感じだそうです。

ただし一カ所だけ大きく整備された箇所があります。ちょっとした小山全体に青々と芝生が育っており

反対側に廻ると御影石?で石段が造られていました。ちょっと現代の公園風に見えるのですが、これが当時にもあったので復元したのでしょうか?その脇には昔、渡ったような記憶の石橋があります。この石橋は非常に殿様が渡った後(ここは木曽へ逃げるルートになっている)落とされるということです。

そして庭園の脇に無造作に、というか今では飾りになっている岩、よく見ると「手水」が掘ってあります。以前は庭園の一部としての役割があったと思われますが復帰できるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/27

ジャズドリーム長島にラルフローレンの売場拡大を期待して行ってきました

ジャズドリーム長島の入り口、一番良い場所には今までバーバリーが入っていました。撤退が決まった去年は凄まじい売れ行きで店内に売る商品がないくらいでした。空きになったときにすぐ思ったのが「たぶん、ラルフローレンがはいるだろう」ということでしたがやっぱりそうでしたね。今までは入り口の左側がメンズで左がレディースだったので、そのまま右の方に行ったらレディースコーナーになっていました。

売場自体、思ったほど広くなっていませんでしたね。これなら土岐のアウトレットのほうが広くてバリエーションがある感じに思えます。あるいは御殿場ですかね。

メンズの入り口は「ホワイト&ブラック」をテーマに品揃えをしています。Tシャツなど格好いいのもあるんですが、すでに季節外れの感は否めません。

その他は以前と大きく変わりませんがラルフローレンらしいオーソドックスなアイテムの品揃えも充実したようには思えます。

アウター、特に冬用アウターに関してはまさにアウトレットならではの「格好悪い売れ残り」商品がほとんど。もっと価格を下げてくれないと購買意欲は湧きませんね。

とかいいながら私はジーンズを3本買ってしまいました。例の3点で20%OFFのおまじないで、、、、でも楽天より安く買えたのは収穫と言っていいです。12000円で買おうかどうか迷っていたジーンズが8500円で売っていましたから。

今日は屋外はとても暑かったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/30

明治村のライトアップは結構な賑わいでした

今年の「宵の明治村」イベントの最終日、28日の夕方に到着。すでに第一駐車場は満車に近かったです。それよりも浴衣姿の男女が八割強といった感じにも驚きました。入場料が500円になるので多いのは分かりますが、洋服の私たちが恥ずかしく感じるくらいでした。それでも日本文化の継承という意味では素晴らしいことではありますね。

今回は以前と違ったエリアにも入れるというので期待しましたが諸事情により、、、、、断念しました。西郷邸付近など前回までは立ち入り禁止だったんですけどねぇ。次回は行くぞ〜!

で、その諸事情の一端がマジックショーです。300円で見られるのなら安い!30分ですが普段とは違うショーを見るという行為は外せませんから。

今まで好評だったマッピング映像は別の場所に移されたとか?これは残念です。多分、室内になったはずですが見ていないので分かりません。

最後は花火で閉園なのですが、本来はその花火が始まる前に帰るのがベストです。混雑しませんからね。でも今回はちょっとしたミスで花火が終わっても村内をウロウロ、、、、

花火も撮影しましたが、なんか爆発したような画像で、、、、

今回はXPERIA Xで撮影しましたがオートで撮影するとどうしても照明が緑っぽくなってしまいます。マニュアルでホワイトバランスを調整するのがいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/09

大船山 上矢作風力発電所に行ってきました

以前に昼神温泉の帰り、道の駅で見た観光案内に載っていた風力発電所を探して行ってみたのですが時間切れで断念しました。そのことがずっと心に残っていてネットで検索してみると岩村城からほど近い所に13基の風車を備える大船山 上矢作風力発電所があることを知りました。

本日、中央道から恵那で降りてナビの通り走って行くと、なんだホームグラウンドの「岩村」に出たのでちょっと驚きました。ここは結構、細い道まで知り尽くした場所なのですが、ここを通過して長いトンネルを抜けると、、、、あれ?この前、チャレンジして断念した風力発電所と同じ、中馬街道に出たのでした。う〜ん、この前と同じ場所に出たのがかえって幸いしました。というのも中馬街道から追分みたいな道に入って行く大変分かりにくい道だったので。

さて私の車は車高が低いのに更に低くなっている仕様。何処まで行けるか心配でしたが行けるところまで行こうと言うことで早速、林道に入っていきました。

いきなりすれ違いが出来ない細い道の連続。舗装はしてありますが所々に落石や陥没があり徐行しながらの走行でした。たしか6km以上走った、というよりは登りました。後どれくらい?という案内看板が数カ所、設置してあるので安心感はありました。

やっとの事で1号風車に着いたのですがここでやらかしました。愛車の下腹部を擦ってしまったのです。ちょっとショックでしたが気を取り直して木陰に駐車して散歩の開始です。平日ならほぼ他の人はいませんから展望台付近まで林道を車で登った方が良いかもしれません。山頂付近はけっこう道幅があります。

展望台は遊歩道を10分ほど登っていくとあります。当然ながら景色は360度開けていて、こんなに高いところにあるのかと驚く次第です。他の山々に比べても一番高い感じです。風も心地よく風車の設置も肯けますね。

その風車ですが回転する音はかなり大きいです。(動画にはなぜか風の音しか入っていませんが、、、)

風車が13基、ずらっと並んでいる写真は撮れませんね。3,4基ずつかたまって設置してある感じです。

林道の中腹にはかなり歴史の古い。大船神社という神社がありましたが、今回は事情によりパスしました。立派な山門があったらしいのですが明治のころに消失とか。大杉もあるみたいですので次回に行ってみようかと。

そうそう、こんな辺鄙なところですがトイレは完備でした。バイオトイレですね。

ところで風車のその奧に、大船牧場があったらしんですが、看板を良く見てなくて引き返してしまったんです。これは残念ですから再チャレンジです。大船山は登山道もありました。これもいずれ登ってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/29

岐阜県の納古山はけっこうハードだった

633mの納古山は低山の部類に入るのかな?一緒に行った友はハイキングコースだからと言っていました。でもいざ登り始めるとけっこうな勾配、そして岩場をロッククライミングのように這い上がる場所もあり楽しい登山となりました。寝不足で体調がイマイチだったこともあるのか、全然楽ではありません。山頂までには一度、下る行程がありそこがキツかったかも?

最初は林道からスタートですがミニ滝があったりで単調ではありません。林道の脇は心地よい小川があり飽きることも無く登山道に入っていきます。見たことも無いトンボや蝶が無数に飛んでいてちょっと「ウルトラQ]的な感傷に浸ることも、、、

案内板ではキツい坂が3カ所となっていますが自分的には最初から最後までキツかったです。(が、変化に富んでいてとっても楽しかった)

山頂まではたしか1時間30分ほどで着いたはずですがBlackBerry9900のRuntasticで記録していたログはログインしていなかったのか、再度Macでログインしたら消えてしまったのでした、、、、、山頂からの見晴らしは360度ですが、この時期は霞がかかってクリアには見えません。

下りは行きとコースを替えました。初心者コースとなっています。下りだから良いんですが登りに初心者コースを選ぶとけっこうダラダラと坂を登り続けるので意外とキツいかも?

納古山はいくら低山の部類に入っていても真夏にはバテバテ必須のような気がします。それでも私的には鳩吹山より楽しいコースです。鳩吹山よりちょっと足を伸ばせば納古山ですが林道は車高の低い車では擦ってしまうかも、、、道の駅に駐めて歩く方のいるとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧