2017/10/25

心斎橋のデニム&サプライ はやっぱりPOLO に変わっていた

Ralph Laurenのデニム&サプライ ブランドは米国ではすでに去年、ブランドは廃止されていました。しかしながら日本では(在庫整理のためか?)今年8月まで販売継続、そして全てのルートから消えました。私はデニム&サプライが大好きでしたのでほんとうにショックでした。心斎橋の直営ショップもレンガ造りで最高でした。

で、その外観はそのままで今ではPOLOショップに生まれ変わっていたのでした。もうなんか入りにくい雰囲気いっぱいで入るのをやめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪堺電軌上町線はタイムスリップゾーンだった

あべのハルカスから住吉大社へ行くのに変わった名前の鉄道を見つけたので乗ることにしました。あべのから、てっきり地下には行って地下鉄みたいな電車に乗るのかと思っていたら、いわゆる「チンチン電車」だったのには驚きました。道路上を走るのも珍しかったのですが所々で電車専用軌道(ふつうの電車が走っている所)に入る区間も点在していて、「もしかして昔から幼稚取得が困難だったから?」とか想像したりしながら乗っていました。そしてもっと驚いたのが一般的に言う「裏道」道路に電車も入っているということ。大通りでの路面電車は当たり前ですが、ほんと生活道路に走っている所が凄い!そしてまだあります。その町並みが昭和、それも昭和30年代という感じがそのまま残っていることです。(画像は言っているところの生活道路ではありません。この画像よりもっと狭いです。けど自動車も走れる。)

住吉大社に到着しましたが、なんか思い出しました。ここは漁業の神様だったような思いです。今はすっかり内陸部になってしまった各地にある住吉神社はかつて、海や河川のすぐ脇に鎮守していたはずです。

だれでも知っている住吉大社ですが、平日に訪れる人はほとんどいません。

他の有名な神社と比べてもかなり古い構築物が残っているのに、、、

とにかく電車マニアで無くても一度は乗ってみる価値がある鉄道でした。電車と言うより風景が懐かしすぎます!

画像にはありませんが、電車道と道路との分かれ目がスパッと変わってます。自動車が突っ込まないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/10

名古屋城 秋の特別公開 西北隅櫓と茶席

名古屋城 西北隅櫓はけっこう頻繁に公開されていますから何度か訪れていますが、何度観ても本物のお城はいいですね。

今日も充電池が皆切れているのでトイカメラです。これがもう暗いところが苦手で西北櫓内の撮影は全滅でした、、、姫路城で有名な漆喰の壁はここでもしっかり塗られていますね。屋根の裏側も。(残念ながら公開できる画像がなし>ブレて)

櫓の公開は10日のみですが茶席は当分公開ですから是非、訪れてはいかがでしょう。というのも昭和30年建築の茶席ですが、置かれている「石」が凄いんです!

庭へと伸びる敷石は武将の識別紋が刻まれています。まず初めに目につくのが筒状の石。京都の橋のまくら石だそうです。

白鳳時代の塔の礎石を手水に利用したりドーナツ状の石は奈良・法華寺の伽藍石だったりします。そして橘寺の伽藍石まで!これらは加藤清正が名古屋城築城のためにかき集めてきたとのこと。凄いですね。

茶席ですが、よく読むと移築した重要な建物もあり、単に昭和に建てたというものでもありませんでした。

なんども名古屋城に行っていますが、こんなお宝があることを初めて知りました。

忘れていました。織部燈籠というのがありました。隠れ十字架、との説もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/05

久し振りの明治村 トイカメラBigshotで撮影も普通でつまらないかも

真夏の猛暑を避けていたら秋になっていました。さすがに観光シーズンなのでそこそこ賑わっていましたね。トイカメラというか小学校の工作用デジカメ、Bigshotで撮影してきました。今回も順光で明暗が少なければ普通にきれいに写ってしまって面白味には欠けます。

木々はすっかり枯れ葉になっていましたが紅葉にはまだまだです。このカメラの標準はけっこう望遠気味で狙いやすい感じではあります。

もう忘れてしまったんですが、銀塩カメラのネガフィルムも明暗の差が大きいと明るい方が飛んでしまったような思い出です。このカメラも見事に飛びますね。スポット測光もシャッター半押しの露出ホールドもないのでただ押すだけ。なんだかつまらないような、いや、験されてるのかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/25

久し振りにリトルワールドへ お供はトイカメラで

やっと休みがとれたので娘と犬山にある、リトルワールドに行ってきました。散々行った所なので目新しい物は無いのかも?と今回はトイカメラ(米国の授業で使う、デジカメ作成キットらしいです)を連れて行きました。以前に撮った感じでは全然写りが良くなくて(当たり前かも?)なかなか出番が無かったのですが、今回は天気が良いせいもあり思ったよりキレイに撮れていました。

最近追加されたらしい、アイヌの家の前の蝦夷熊、かなり大きい熊ですが現在でも生息しているのかな?ペルーの豪邸前には骸骨のお出迎え。なかなか洒落ていますが夜は恐いかも、、、

あ、この時期ならではの演出ですね。

トイカメラと言っても発色は普通に出ていて、安いデジカメと同程度ですね。

次回はこのカメラで明治村に行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/13

明治村とRICHO GX200 両方とも久し振り

今日の明治村は修学旅行生を除いてもかなり賑わっていました。歴史テーマパーク第一位を獲得したことも影響してるのかな?日陰に入ると涼しいんですがやはり太陽に当たると暑いですね。GX200はVF-1(ビューファインダー)を装着しての撮影ですが、どうも画像が粗く画面も小さいので逆に集中出来ないかも?

大型モニターは画素数もあってか見易かったです。当初、シャッター速度を1/50に固定していたので自然な感じで暗いところも写せましたが明るいとことはオーバー露光で撮れません。オートに切り替えました。

花は花菖蒲が見頃になっていました。紫陽花はまだ五分咲きです。

GX200はズーム機なので仕方なく?使ってしまう場面が結構あり、これはこれで便利なですが、、、

今度行くときはどのカメラで写そうかなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/24

国立科学博物館に大英事前史博物館展を観てきました

ビックサイトでの仕事も終わったので一度行ってみたかった国立科学博物館へと上野に。ところで自分が知らなかっただけとは思いますが、「東京上野ライン」というJRの路線が?なんかこれが一番速く上野に行けそうなので乗りましたが通勤列車風なのにグリーン車が繋がっているなんて!この列車、帰りに乗った名鉄の通勤車両と内装はまったく同じ事に気がつきました。でもJR謹製だったような?

と言うわけであっという間に上野に着きました。今は修学旅行シーズンなので大勢の学生団体がいました。

博物館の入り口にD51が置いてあったのが予想外の驚きでした。中学の頃の憧れの機関車があるなんて!そうそう、国立科学博物館は入場無料というのにも驚きましたね。ただし大英自然史博物館展は1600円でした。

とくに目的はなかったのですが「始祖鳥」を拝めたことが一番の収穫かも?

撮影可能とのことなので撮影しました。それより常設館のほうが良かったかも。大きな隕石や零戦21型の本物にも感動です。ここで新たな発見!零戦の尾部はライトが点くように透明部品になっていたことです。今まで知らなかった!恐竜の骨格も迫力満点でした。(本物かどうかは不明です)

そして日本展示館自体がもう博物館級(あ、博物館だし)の建物でした。

画像はありませんが日本人の蝋人形?は本物と見分けが付かないくらいリアルすぎて恐かったです。パントマイムで毎日勤務しているのかも?

剥製や標本もそれこそ日本で一番の「品揃え」です。行って良かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/17

鳩吹山 西山下山で道を間違える

低山なのに山頂まではけっこう急斜面で、とても初心者向けとは、、、というのも今回、とっても苦しくてもう引き返そうかと思うくらいでした。なぜこんなに辛かったのか?山頂に着いた頃には元気を取り戻したのでしたが。

そういえば後に間違えて行き着いた神禅寺登山口に張ってあった張り紙の「警察への通報ワースト7」というのも頷ける険しさ?です。

それはそれとして、北回りで西山見晴台付近で休憩後、鳩吹山へ向かう途中、二股の道が。今までの経験ではすぐに合流するはずでしたが見たこともない風景、具体的には巨大な墓地がすっと見下ろせる。こんな風景は初めてです。絶対おかしいと思いながらどんどん下山していくと西山登山口という空間に出てしまいました。う〜む、でも鳩吹山は見えているので半舗装の林道を下っていくとさきほど見えていた墓地に出ました。ここが神禅寺登山口だなと。(この登山口が分かりにくいんですがトイレがいかにも登山道入り口っぽいので分かりました)

そこから鳩吹山までは直上コース!きつかったです。登り着いた先は例の電波送信施設手前でした。ここに出るのかぁ〜。そこからすぐさま駐車場に下山しました。

何回も登った山でも道を間違えることがあることを知りました。

そうそう、西山口ルートからだと名古屋駅付近の高層ビルもかすかに見えるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/09

Q10 名古屋城をモノクロ撮影で遊ぶ

久し振りの休みを1日半もグダグダ。ここは近場の名古屋城に行ってQ10のモノクロ撮影で遊ぼうかと。Q10ならフィルター機能があるのでモノクロでオレンジ(肌色があれば最高なんですが)フィルターを使って曇天でもクッキリ写せると、、、、

しかしながらまたもや、どこにフィルターがあるのかメニューからたどり着けませんでした、情けない。ホワイトバランスを曇りに設定してお茶を濁しました。

Q10には50mm固定焦点を載せているので意外に良く写ります。

外堀には藤棚が釣ってあるんですが、まだ咲いている所もあったのでカラーに切り替えて写しました。

外堀には鯉が放たれているみたいですが以前からあったかな?よく知りませんが鵜も来ていたような?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/08

川浦渓谷凄すぎ!とにかく深い!

なんか友の話では訪れるのは2回目だそう。でも自分的には初めて見る凄い渓谷!川浦(かおれ)渓谷はとにかくなぜこんなに削れたのかいうほど深いんです。

ここも板取温泉をさらに奥へ進んで左に折れた行き止まりまで行く道にあります。こんなに迫力があるのは3つの川が強引に1つになってなっているからかな?

メインでいった蕪山より画像が多いことが物語っているかも、、、とにかく驚きました。その割には奥深い土地なので訪れる人は少ないです。GWなのに少なすぎるくらい人はいません。板取やモネの池に行ったらここも絶対見て欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧