2015/10/13

LUMIX DMC-LS80 軍仕様に塗装するも、、、

LUMIX DMC-LS80は、かなりシルバー塗装が剥げているので御得意のオリーブドラブで塗装することにしました。いい加減なマスキングでスプレーすれば一丁上がりです。調子にのってLUMIXの文字部分をフラットホワイトで象眼加工したら見事失敗!せめてカラスグチを使って慎重にやらなければいけないのに、爪楊枝でやるものだからメチャクチャになってしまいました。

あとからタミヤカラーでオリーブを刷毛塗りしましたが、、、、ま、使っているうちに馴染んでくるでしょうw

逆に使っていて下地のシルバーが出てくるとソレっぽく見えたりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/05

NikonDf 往年の名機F3とFMとFEのデザインごちゃ混ぜ(追記修正あり)

噂通りのNikonDf、デザインは往年の名機、F3のシャッターダイヤル、(もしくはFE2)、FMのペンタ部にそっくり(正面からみた感じで横から見るとF3なんです、これもどうかと、、、)。どうせならデザインを統一してF3かFMどちらかにして欲しかったです。それは仕方ないとしてマニュアルチックな感じは大歓迎です。

いただけないのがグリップの大きさ。せめてF3くらいに小さくして欲しかった。あとレンズ取り外しボタンか被写界深度確認ボタン部分に2個、ボタンがあるのが格好悪いです。

それでもカッコイイ!できれば欲しいんですが、ボディだけで28万円もするとは、、、、、私はF3チタンを持っていましたが、たしか10万円もしなかったはず。厳しいですね、、、、

アクセサリーには懐かし上下に分かれる革製ケースもあるんですね。我々アマチュアはみんな付けていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/28

次期XPERIAに搭載のGレンズはやっぱりロッコールレンズの血統でした

SONYのサイトで「Gの称号」というページがありました。それによると、やっぱりミノルタから引き継いだレンズ技術の総称だとか。でもロッコールという文字は一切出てきません。由来はたしか六甲山に関係ある何かでした。六甲山から湧き出るきれいな水で研磨したから??だからロッコール。

ミノルタといえばXG(だったかな?)。絞り優先・シャッタースピード優先・プログラムモード、と今では当たり前のオート機能が全て入った、初めての銀塩一眼レフでした。もう欲しくて欲しくて。買いに行ったら品切れ、、、Nikon FMを買った私でした。(ここからマニュアル専用の楽しさを知ったんですけど)すでにXGではプラスティック素材を使っていましたがFMはスプロケット(フィルムを巻き付けるロール)以外はオール金属だった覚えです。(セルフタイマーバーもプラだったかな?)

電子シャッターボタンも珍しかった覚えです。そのときのパンフレットに「ロッコール」も詳しく載っていました。ニッコールに対してロッコール、みたいな感じでしか思えませんでしたが、、、、、でも一番キレイに撮れたのはCanonレンズでしたね。憧れのF-1は買えませんでしたが、その電子版 EOS-1は最高でした。

能書きが長くなりましたが、久々にレンズに力が入ったスマホが出るのです。ツァイスも憧れでしたが、京セラ以外のツァイスレンズは「名前貸し」みたいな物で、ツァイスが認定した(最低限の)レンズ品質というだけのこと。すみません、知ったかぶりです、、、、、(Sonyの高級レンズ群はさにあらず。すごく高品質です。)

でも、ツァイスと双璧のライカレンズは日本のメーカーが一部を造っていますね。こっちは本格的なOEMで、かなりの高品質です。(シグマだと思います。正面切っては謳っていませんが) Panasonicの普及帯コンデジは前記のツァイスと同じで「名前貸し」品質ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/30

OLYMPUS E-PL3のズームレンズが長すぎて格好悪い件

親父が一眼デジカメが欲しいというので最安のE-PL3を買いました。特にスペックも調べず価格のみで買いました。少なくとも今使っているコンデジよりはいいだろうと。

で、届いたのでセッティングしました。ここで驚いたのが標準ズームレンズの沈胴部分は飛び出したら自動で「引っ込まない」ということ。

ロックボタンを押しながらズームレンズを回すと沈胴部分が引っ込むのですが、はたして老人が毎回できるかどうか?(いや、うちの老人がと言うべきですね)

フラッシュも取り付け式というのがネックです。付けたままでいいのでは?でも自動発光はしない感じです。フラッシュなしでも高いISOで写るので、あまり問題にしなくてもいいのかも?

ま、何度も使って覚えてもらうかしないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/02

只今充電中

コンデジはもういらないと思っていても買ってしまった。

レビューは明日以降です。

最近のコンデジは本体でバッテリー充電が可能です。意外に便利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/25

Eye-Fi PROをRICOH GX200で使う

Eye-Fi PRO X2 8Gを購入しました。GX200に適応するかは調べていませんでしたが問題なく使えました。まず自分のiMacに付属のSDカードリーダーを挿入。ペアリングを設定したあとEye-Fi PROをGX200に挿入します。あとは撮影すれば自動でiMacにWiFi経由で送信されました。気持ちいいですね。同時にCloudにも送信することができます。残念ながらiCloudには未対応。なぜかMobileMeが候補になっていますが現在は閉鎖。エラーで承認できません。Picasaに設定しましたが一度にアップロードできるのは5枚まで。なにか他に方法があれば変更します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/23

EOS M プロトタイプかと思うほど格好悪い

キャノン初のミラーレスは、どんなかと思ったらなんだか、、、

カメラという物は性能以上にスタイルが重要なファクターであり、所有する喜びの半分以上は、かっこいいボディにあると思います。FUJI、NIKON、OLYMPUS、SONYなどが質感たっぷりの高級なボディだったので、Canonもさぞやカッコイイボディだろうと思ったのですが、エントリー機並みのデザインには失望しました。レンズの鏡胴もSONYのレンズのようで、、、

しかし、ターゲットがマニア向けでないのなら、今流行っているから買ってみよう、取り敢えずCanon信者だから、という人向けということでアリなのかも、、、

この時点で性能には興味なくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/14

ビックカメラ名古屋駅前店で銀塩DPEの価格を聞いてみた

ビックカメラ名古屋駅前店も御時世で、今まで1階正面にあったデジカメ売場が地下1階に追いやられてしまいました。別の用件で、その売場レジにいたのですが、その脇に銀塩DPEの受付カウンターがあったのです。ふむふむ、案内板にはネガプリント28円とあります。ま、こんなもんかな。

しかし現像料のところには目隠しがしてあります。日々価格が変化するのか?

そんなわけで聞いてみました。

ネガフィルム24枚撮りで:500円くらい。

36枚撮りで550円(だったかな?)くらいだそうです。ポジフィルムの現像のみは840円〜1000円くらいだったかな?というくらい最近は受け付けていないみたいですよ。

プリントはしなくてもいいので(デジタル化するし)、この500円はそこそこ良心的ではないでしょうか?

ちなみにネガプリントを手焼き(コンテストなどでとことん突き詰める人用)でオーダーすると1枚900円近くなります。

我が家のOLYMPUSファミリーも使ってやらないとシャッターが固まってしまので、ちょっと朗報かも?PENのシャッター固執はやっかいで、分解清掃するのですが、素人である私なぞが注油しようものなら、一発でおシャカになってしまいます。注油はなしで、逆に丁寧にシャッターを清掃して油を拭き取るくらいで丁度いいんですね。OM-1はモルトが溶けてボロボロになることが多いですね。昔は、せっせとカッターナイフでモルトを切り取り両面テープで貼り付けていましたが、今はもう気力が、、、

長くなりましたが、もう一つ。OM-1は(モルトがペンタ部の押さえとして使われているから)が溶けてペンタプリズムの銀蒸着膜を腐食させ、ファインダーの陰りを作ってしまうんです。これがまた、めちゃめちゃやっかいで、、、まず素人では直せません。私は銀のシートを貼り付けて誤魔化していますが、そこそこ見えるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/23

ローソンのDPEサービスはとっくに終わっていたのでした

何年前か覚えていませんが、OLYMPUS PENにはまってハーフサイズをバシバシ撮っていました。24枚フィルムなら48枚撮れるわけで、それでもローソンは「ワンコイン」DPEと称して48枚でも500円で現像&プリントをしてくれました。

ブックマークから久々にDPEサービスのページを開いたら、「終了のご案内」ですって!

ま、仕方ないと言えばそれまでですが、いよいよもって銀塩カメラの出番がなくなりそうです。

写真館などではDPEサービスをやってくれそうですが、たぶん高価だと思うのです、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/19

OM-1がデジタルになって帰ってくる?

OM-1がデジタルで復活!おぉぉ!我が家の押し入れで眠っているOM-1やOM-2、OM-10なんかのレンズが使えたらいいなと、よくその記事を読んでみたら「ミラーレス」ですと?OMの名を冠するのにミラーレス?

ショックです!あのこじんまりとしたペンタ部、レンズリングと同じ位置にあるシャッターダイヤル、あのM3と同じサイズのボディ、布幕横走りシャッター(これは無理か)、針による露出計、すべて再現して欲しかったです、、、

デザインにもよりますが、多分欲しくはならいでしょう?

まだまだE-420(ペンタプリズムではなくミラー反射式であっても)を手放すことにはなりそうにないです。

ところでフジフィルムがオリンパスに出資検討とか?フジのカメラも最近、魅力的で欲しくてたまりません。透過式ファインダーで覗く世界もおつなモノです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧