2011/06/29

名古屋市 白鳥庭園は本格的日本庭園でした

睡蓮の撮影が目的で名古屋市熱田区にある白鳥庭園(65歳以下、入園料300円)に自転車で行ってきました。本日の最高気温は37度だったそうですが、意外に暑さは感じませんでした。クールマフラー(というのか?)と麻混の長袖シャツ、縁有りハットの装着が功を奏したのかも知れません。さらに庭園の木陰はとても涼しく爽快でしたから、そこまで気温が上がったとは知らなかったくらいです。

さて、目的の睡蓮はまだ咲き始め?、さらに群生場所は、本日立ち入り禁止(茶会のためらしい、、、)だったのが残念でした。

しかしそれにも増して、この日本庭園が本格的な造りだったのが収穫でした。山水の再現がすばらしく、思わず隅々まで周回して堪能していました。

一つ残念だったのが景観。片側に大きなマンションが建っていてどうやっても映り込む。どちらが早く出来ていたのか分かりませんが唯一の不満点でした。

DSC-HX5Vで撮影したのですが、どうもイエローが強い感じ。オーバー露光なのか、一枚だけ撮ったiPhoneの方が自然な感じに撮れたのがちょっと残念でした。ょっと手放したくなったりして、、、(一番下の画像2枚がiPhoneです)


View Larger Map

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/05

岐阜 金華山ロープウェイの夜間営業

GW中は夜10時まで営業している金華山ロープウェイに乗ってきました。けっこう乗りに来る人がいましたね。岐阜の夜景は20年ぶり、まずまずでした。

DSC-HX5VとiPhone3GSとSH-01Bの夜景撮り比べをしてみました。

上から、DSC-HX5VとiPhone3GSとSH-01Bの順で撮影。

どれもそこそこ写っていましたから順位は付けがたいです。SH-01BはISO800 の1/16で撮影していたのでした。それにしてはノイズが少ない。DSC-HX5VもISO800 1/8ですから似たようなデータです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/06

名古屋城撮影で3機種の画像比較をしてみました

上から、 iPhone3GS(HDR) DSC-HX5V ハイブリです。

iPhoneはHDRで撮影したにも係わらず、やけに陰影の差が激しいですね?DSC-HX5Vの方がよほど陰影がない。(というか若干オーバー気味です)

ハイブリはその中間という感じですね。どれがいいのか判断に迷います。

最後の1枚ですが、、、、謎です。よ〜くみると桜の花に見えなくもない。撮影した覚えはないのですが、、、iPhoneでここまで寄るには、かなり接近しなければなりませんが、絶対にそんな覚えはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/06

養老山に登山 雪は部分的にあっただけでした

アイゼンを買って猿投山に登り、ちょっと雪山にも慣れたので今度は養老山でプチ雪山気分を味わいに行きました。しかし雪は部分的に残っているだけ、しかもアイゼンを使うほどではなくちょっと期待はずれ。しかしながら楽しい一日でした。この時期、登られる人はまばらでしたね。風が強く食事には苦労しました。

DSC-HX5Vがメインカメラですが補正を素早くできないのがこのカメラの欠点です。とはいっても補正しなくてもきれいに写ることが多いのも事実。看板と背景を同時に写すにはHDR(夜間撮影モード)に切り替えて撮影。パノラマモードも初めて使いました。簡単に撮影できます。

最後の画像、防砂ダムは明治元年に造られたものだそうで、それにしては立派なダムでした。

ハイブリで記録したGPS軌跡も載せておきます。標高855M 3.7KM 2:20の行程でした。(登り)そうそう、iPhone3GSでARyama1000を使って山の検索。オプションでどこまでの距離を表示出来るか変更できました。

駐車場の真下が養老の滝でした。想像より立派でしたね。華厳の滝ほどではありませんが、、、コチラはSH-01Bで撮影。


より大きな地図で 養老山登山 を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/20

愛知県 半田市 蔵の街を散策しました

かねてからニュースなどで赤煉瓦の建物などが紹介されていたり、雛祭りなどで散策ルートが設けられたこともあり行ってみることにしました。今回もGPS軌跡はハイブリが担当します。安定したポイント打ち込みや意外に少ないバッテリー消費量が安心感を生み、おでかけにはいつもお供をしてくれます。

赤煉瓦の建物は名鉄住吉駅のすぐ近くで分かり易いところにあるのですが、特別な日以外は中には入れません。残念ですが外観だけ見て紺屋街道へと。

その前に赤煉瓦の建物にはWW2時代の戦跡があるんです。P51ムスタングが放った機銃掃射の跡が今でもハッキリと残っています。生々しいですね。

紺屋街道の入り口は分かり易かったのですが、途中で方向が分からなくなり残念でした。もっと曲がり角には確実に案内板を設けてほしいものです。

道に迷ってしまったので、しばらく迷走しましたがやっとのことで蔵のある風景に。蔵のほとんどはミツカンの蔵と言っても過言ではありません。ものすごい規模の工場群。(といっても昔ながらの木造)

驚きました。本社は立派なビルなんですが旧本社も保存されていて、とってもいい感じでしたがここでも酢の博物館はお休みでした、、、

しばらく運河沿いにあるいていると、野鳥が小魚をつついているところでした。DSC-HX5Vの高倍率ズームでなんとか撮影することができました。

おそらくはミツカンと同じ会社が造っている清酒会社の古い蔵に行き着きましたが、ここでも本日は団体のみ見学可、、、まったくついていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/08

トミカリミテッド 三菱 デボネア

これは珍しい?デボネアがモデル化されていたんですね。もしかして知らない方もいらしゃるのでは、、、とにかく街中では見たことがなかったですね。

仕事で三菱車のシート製造会社に行ったときに、ピカピカの新車のデボネアが、ド〜ンと車庫に入っていたのを珍しく眺めていたんです。

このデボネア、三菱系列の社用車として(のみ)、重役から要請があって造られたと聞きました。(真偽のほどは分かりません) 最初はアメリカ車とばかり思っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/02/07

DSC-HX5V ミニカー撮影も良好

トミカリミテッドの新車?はベレットパトカーです。クラウンの方が映画などで馴染みがあるのですが「一応」買ってきたので、同時に買ったTACCARの昭和おもひで軽トラックシリーズ第一弾のHONDA T360と並べて撮影しました。このT360 は貨物ながらエンジンは当時では珍しいDOHCエンジンだったと思います。いかにもHONDA魂の一台ですね。DSC-HX5Vでちょっと望遠気味で撮影しました。価格(ミニカーの価格)はT360がベレットの約半額ですが、できはT360のほうがいいように思えます。トミカリミテッドの最近の新車は少々、ディティールが甘いものが多くなってきました。ちなみに両車とも墨入れをしました。

T360が一番似合うのは水色なので、それが出るまで買うかも、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/21

DSC-HX5V すじ雲がきれいに並んだ

いつものように空を見上げるときれいに並んだ「すじ雲」が浮かんでいました。さっそくDSC-HX5Vを持ち出して撮影。傾きかけた太陽で赤みが強いですが、きれいに撮れました。新型が2月に出るようですが、基本性能は同じみたいですね。AIが賢くなったり機内加工ができたりと便利にはなっていますが特に食指が動くほどではありません。差額、2万強出すほどの性能差ではないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/16

名古屋でも大雪 でも熱田神宮参拝してたりして

いや〜何年ぶりかの大雪かも。幹線道路でも積雪。こんなときは逆に出かけるのが楽しくなります。熱田神宮に遅めの初詣をする予定だったので幸いです?

雪の熱田の杜は味わいある趣、DSC-HX5Vで撮影しながらの参拝。しかしながら、、、連れは寒いからとの理由で車内待機です、、、

最後の一枚はSH-01Bで撮影した栄の風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/01/09

DSC-HX5V 代替え予備バッテリー購入

DSC-HX5Vの純正バッテリーは5000円以上する高価なものです。DSC-HX5Vの動画録画は相当なバッテリーの消耗を強いられるとか。また静止画もGPSがオンになっていると多少なりともバッテリーの消耗が早くなるのは致し方ない。

ここは社外品の安価なバッテリーを購入するのが得策かと、、、いままで幾度となく社外バッテリーを使ってきましたが、なんら不都合はなく性能も劣ることはありませんでした。今回購入したバッテリーも純正品よりも容量が多いくらい。(900mAh>1000mAn)

到着して使った結果も純正品より長い使用時間の表示。すぐに減ってしまうことはありませんでした。

価格は1320円(送料はメール便適用)とかなり安いです。これよりも安いバッテリーもありますが容量が少ないので結果的にはこちらのがお得でしょう。

楽天のカネンカというショップのDSC-HX5V互換バッテリーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)