2010/09/06

HP 200LX FILMTNでファイル管理もさくさく のはずが、、、

FILMTNはファイル操作にはかかせない便利なファイル管理のフリーソフトでVZと同じく200LXでなくてはならない使い慣れた文房具みたいな存在でした。

なのに、、、もうドライブの移動さえもたもたへろへろ、、、おかしいなぁ。あまりに便利なのでDOSからWindowsになっても使おうとしたことを思い出しました。しかしマウス時代になって逆に使いにくくなってしまたような?いまはFileVisorが手放せないファイラーです。

そうそう、2画面ファイラーならK-Launcherがとても使いやすかったですね。ファイルのコピーや移動はもっぱらこちらでやっていたような。後半はKLをメインで使っていました。画像はK-Launcherです。モノクロ画面にマッチする色設定に時間を費やしたなぁ、懐かしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/05

HP 200LX 久しぶりに起動

ときどき無性にLXが、いやVZエディタが恋しくなり引き出しから引っ張り出して電池を装填、起動してみました。8X11フォントはCドライブに入れて動作を速くしていたらしく、復活してみると一番見やすい11フォントがないのでエラー音が何度もなりました。AドライブからCのDATフォルダ(記述で任意のフォルダに指定できます)にコピーして最初の問題クリア。

次に問題なのがVZがメモリ不足で起動エラーになること。これも「教本」を引っ張り出し素のDOSにしてクリア。あぁなんと打ちやすいPDAなんでしょう!いまでも一番の小型マシンは普遍です。ところが決定的な問題発生。せっかく打ち込んだ文章がLXから取り出せません。いまやTYPE2のPCカードが差し込めるパソコン、ましてやMacなんてありません。カードリーダーでさえTIPE2が差さるものはありません。

そこでPCカードアダプタ を探してみたらありました(当然ですが、、、)。それはいいのですが価格が随分下がりましたね。440円とかなんです。送料が500円ほどかかりますが、それにしても安くなりましたね。さっそく注文しました。ま、これでテキストだけCドライブにまずコピーさえすればなんとか読み込みはできることになりそうです。

余談ですが画像の「教本」の最初に「200LXはりっぱなパソコンです」という言葉がいまでも忘れられません。事実、一昔前の(当時)パソコンと同じ性能を持っていました。今でも起動できる東芝のラップトップ(と当時言っていました)と同じ性能とは感動さえします。あ、今度はJ3100 SS001を久しぶりに起動してみようかな。初めて「一太郎」を知ったのはこのラップトップでした。かなり使い込んだ思い出ある機種。あ、これも媒介メディアはフロッピーなので一問題ありそうです。HDDはまだオプションという時代でした。

もひとつ余談。当時、200LXに差すPCカードドライブで10MBといえば大容量という感じでした。価格は忘れましたが日本語化キットインストール済みカードはは5MBでした。私はモデム機能付きカードを購入してせっせとパソコン通信をしていました。電話機からモジュラージャックを引っこ抜いて接続。電話代が1万円を超して怒られた記憶が懐かしいです。

ついでに思い出したので、、、DynaBookJ3100 SS001 の後に買ったNECのサブノートPC9821LT、独特のトラックボールがあり使いやすいマシンでした。でメモリを増設したのですが4MBで6万円した記憶です。今思うと、とてつもなく高価なメモリ代でしたが当時はそれくらいが当たり前の価格だったのかも知れません。この機種も今でもWindows95がりっぱに動きます。ただし内蔵電池がダメになってメモリ効果がありません。Web閲覧もできますよ。桜散るスクリーンセイバーが懐かしい。あ、インストールはフロッピー20枚以上、大変な作業でした。260MBというHDD容量は同時でも大変苦労した少なさ、不要ファイルの削除が仕事だったりして、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/16

当ブログがEnjoy!スマートフォンブログさんで紹介して頂きました

Enjoy!スマートフォンブログさんで当ブログを紹介頂きました。かなり多くのスペースを割いてくださって大変恐縮しております。プロの方やハイアマチュアの方から見れば稚拙な内容で見るに堪えないとは思いますが、自分なりに感じたこと、分かったことを記事にしてアップしてきました。

W-ZERO3に出会う前はPalmオンリーでしたが、実はWindowsCE1.0からのキーボード端末ファンです。当初はモノクロ画面で動作も緩慢でしたが、それでも容体の小さなWindowsマシンということでかなり気に入っていました。CE2.0(だったかな?)でHPからカラーディスプレーマシンが出たときには真っ先に飛びつきましたね。そのCE1.0から基本的な使い方が同じというのは喜んでいいのか悲しいことなのか?

未だにDOS的な入力や操作が必要な場面が多々あります。インストールの流れにしても同じ。初めて触る人はどうしているのか不思議に思うことがあります。(逆にそれがHP 200LXをいじっている時のように楽しく思えるですが、、、)アプリを削除してもかなりのファイルが残ったまま、ファイラーから手作業で削除しなくてはいけません。(そのままでも問題は無いのですが)

iPhoneはシステム的な動作がまったく見えません。それが当たり前なので逆にシステムファイル、隠しファイルが見えてしまうと困惑してしまうでしょうね。WMは反対にシステムファイルは見えるようにしておかないといけない場合がけっこうあります。いまだにフリーズは当たり前ですし。

WM7はまったく別物として出てくるそうですが、もしかしてiPhone的な中身の見えない仕様になるのかもしれませんね?6.5Xと併売していくと日本の広報が言っていましたが、私は必ず7シリーズのみになると思っています。そんな余裕はないはず。

あ、くだらない回顧を長々と書きました。

Enjoy!スマートフォンブログさん、ほんとうにありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/28

hp200LX 駆け込み寺があった!

最近、電源ONボタンが入りにくくなたのに加えて左シフトボタンも効かなくなりました。これはもう文字入力やマクロにも影響大です。分解してキーボード基盤の清掃をしようとしましたが分からないので断念。組み直したらもう電源さえ入らなくなりました。
もう私の200LX人生、DOSの師匠、VZで遊ぶのは「終わった」 そう思うと寂しくなりました。
すっかり落ち込んでしまった昨夜ですが、考え直してGoogleに「200LX 修理」と打ち込んだら出ました!200LX故障修理、改造ご案内<矢澤行政書士事務所> このページで不良箇所の対処法も紹介くださっていました。私の故障症状も載っています。さそく分解して綿棒で汚れを拭き取りブロワーで埃を取り除いただけで見事、正常に動作するようになりました!
写真を撮るのもすっかり忘れて喜びました。よかった~
なお液晶のバックライト改造も12000円でやっていただけるので、いつかお願いしたいと思います。クロックアップも魅力ですしメモリ増設もやりたい。20000円あれば最強の200LXができあがりそうです。ありがとうございました。
P3280007 ※ 私の考えですが接点部分にベンジンのような溶剤は使わない方がいいと思います。綿棒でやさしく拭き取るだけで直りました。最悪の場合、基盤のプリントが剥がれて再起不能になるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/26

HP 200LX最強のファイラー K-Launcher

HP 200LX 標準のファイラーは2画面で使いやすそうですが実は使いにくい。ビューワー、ランチャーともにワンキーでは実行できない。そのことを忘れていたのです。あぁ思い出した。FILMTNを使っていたんだった、と思い起動してみると一画面ファイラーです。使いやすさはピカイチでWindows98あたりまで使っていた記憶ですが200LXで使っていたのは違う。もういちどよく探してみたらKLというファイルが。これだっ!2画面でビューワーとしてもランチャーとしても機能する万能ファイラーは。K-LauncherはFATフォーマットなら動作するようですのでWindowsMeまでなら動くのでしょうね。PC9821LtのMS-DOSマシンとして再出発するにふさわしいファイラーです。ただしVZエディタのフロッピーを紛失しているのでPC9821のエディタマシンとしての再出発はまだまだですが、、、Kl_cap1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/23

HP200LXにすがる

Windows95のプロダクトキーをなくしてしまった。しかし「過去」の私のことである、きっと何かのデジタルデバイスに書き留めていることであろう。そんな過去の自分に期待しながら、そのころ使っていたhp200LXを引っ張り出して起動を試みた。まずバックアップバッテリーがなくなっていたので初期化状態でしたが外部から交換できる200LX、しかも手に入りやすいCR2032ボタン電池ですのですぐに復帰。コンパクトフラッシュに格納されているDOSを次々に読み込んで立ち上がりました。しかしここでもDOSをすっかり忘れていたためにはじめから勉強し直しです。やっとVZエディタが起動できるようになったので_DAT.TXTを開いてみるとありました!Windows95のプロダクトキー!!またしても過去の自分に助けられたのでした。

P3230003

 

それにしてもDOSはおもしろいです。いやそれよりも世界最小?dos/vマシンが動いてるのが楽しい。普通にMS-DOSです。唯一難点をあげればバックライトがないことくらいでしょうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)